登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
「令和元年初詣」 武蔵御嶽神社 御岳山(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん

この登山記録の行程

10:16滝本駅・・・10:32御岳山駅10:38・・・鳥居(戻り)10:40・・・蓮華ショウマ群生地下10:49・・・10:51大塚山分岐10:59・・・産安社11:11・・・御岳VC11:28・・・11:30カタクリ法面①②③11:45・・・11:51神代ケヤキ・・・11:54大鳥居・・・11:59御嶽神社拝殿12:15・・・12:25天空商店街/昼食13:05・・・13:11御岳VC・・・13:31大塚山/古里駅分岐・・・13:52飯盛杉・・・13:58林道・・・14:38登山口14:52・・・15:03JR古里駅

今年は4月以外「2日」に御岳山に来ることが多い。特に選んだ訳でもない(うそ)のですが。毎年「正月2日は初詣の日」と決まっています。2月は雪が降り「2日に岩石園の雪」を楽しみ。3月2日は何となく「日向和田から日の出山(梅の花見は早かった)」。毎年5月は春の武蔵御嶽神社参拝。今年は10連休で「2日に令和初詣」となりました。

4月13日「御岳カタクリ撮影」では「山桜&ミツバツツジが爆開寸前」でした。「棒の嶺の山桜(4/28)」が見頃だったので御岳山も期待しました。山桜もミツバツツジも期待していたのですが結果は見事に惨敗。2匹目(3匹目?)のドジョウはいないようです。でも「カタクリのその後の姿」が見られました。

武蔵御嶽神社参拝後は、ケーブルカー下山を考えたのですが。いつもより人出が多いので歩いて降りる事にしました(パスモで切符購入は少し割高だけど、こういう時に便利です)。滝本駅を考えたのですが、丹三郎/JR古里駅の初ルート下山を選択しました(御土産を買う所が無いのですが天空商店街で沢山購入してザックは目一杯のパンパン)。一人で初ルート&クマが怖いので「クマ鈴」を鳴らして。下山途中で「二人のお姉さん隊」と話をしたり無事下山出来ました。最後の電気金網扉にはちょっっと戸惑いました。


【 滝本駅~御岳山駅/御岳平 】 ・・・外は少し寒い。
 午前中ギリギリに「令和の初詣」が出来ればいいので今日はゆっくりです。
ケーブルカーのガラスは沢山の乗客で雲っています。約6分の乗車時間。線路わきのミツバツツジは葉が出て完全に終わっていました。今年の山は一週間遅いんじゃなかったのか?
御岳平の白樺も葉が出ていました。さすがに「フジの花」はまだでした。
 
【 御岳平~鳥居~大塚山分岐 】 ・・・マイブームは鳥居から戻って大塚山分岐
 御岳平からの「日の出山」はいつになく華やかで「令和天皇陛下」を祝っているように柔らかな新緑に包まれていました。
最近のマイブームは「御岳平から奥の院の見える鳥居まで来て戻り、大塚山分岐~産安社~御岳VCコース」です。御岳カタクリを撮影するようになってから大体このコースです。カタクリ(&ミツバツツジ)の時期は撮影しながら「新緑&蓮華ショウマ」を確認。大塚山分岐の新緑の時期(今回の山行)は「秋の紅葉の構図」確認。夏は「蓮華ショウマ撮影(何時も雨です・・泣)」と頻繁に通ります。 大塚山の方に進むとミツバツツジのアーチがあるのですが、落ちている花も無く。また山桜は「昨日まで咲いていました」と言わんばかりに花びらが地面を覆っていました。「棒の嶺の山桜」に戀したのが原因でしょうか・・・。そういえば「棒の嶺」は「令」が入っているので「今年の山」でも良いんじゃないでしょうか(棒の折れ山と呼ぶ人が多いですが、折れるのは登山途中の心だけで十分ですよね)。

【 大塚山分岐~富士峰園地~御岳VC 】 ・・・カタクリの実が成った。
 先月のカタクリの花がどうなったか気になり撮影場所へ。産安社への階段横のカタクリを見ると実(?)が出来ていました。「チョッと三角でマムシが白い舌を出している様で気持ちが悪い」のを気にしなければ感動(どっちじゃ!)しました。産安社の周りのミツバツツジは花びらも無く、次の準備に入っていました(悲哀!)。「しうまい様」も健在でした。

【 御岳VC~法面①②③ 】 ・・・法面カタクリの現在の姿は。
 御岳ビジターセンター(VC)に寄り「高札」を確認。現在の指名手配は「蝮草」でした。岩石園の大猿?ゴリラ?の指名手配は何時になるやら。
 カタクリ撮影の法面①②③に急ぐと。色々な花が咲いていました(開花時期も名前も分からないスイマセン)。法面③のカタクリは「花びらが萎れ」ていましたが、この姿をどの様に見るかは人それぞれだと思います(ちなみに、チョッと見守っていたいかな)。この花を見て手塚治虫の漫画をぼんやり思い出しました。人間の一生の間で、どの時期が一番きれいかという内容?で、歌舞伎の舞台の様なひとつの場所だった・・かな。
 
【 法面~神代欅~武蔵御嶽神社 】 ・・・「令和」初詣。 背中の桜吹雪が・・・!
 カタクリの法面から神代欅を過ぎ、大鳥居に着いたのが11時54分! 午前中の初詣を予定していたので「奥多摩駅ダッシュ!」ならぬ「御岳神社ダッシュ!!」。
11時59分「武蔵御嶽神社拝殿」に到着! 大汗と荒い息の「令和元年初詣」となりました。「チャリン!パンパン!」願い事などするヒマはありませんでした。参拝を終わると、空はいつの間にか晴れ間が多くなっていました。昨年の「大岳~鋸尾根(水切れ認定遭難)」より大汗をかいた「令和元年初詣」でした。

【 武蔵御嶽神社~黄蓮華ショウマ~御岳VC 】 ・・・昼御飯は「何時もの!」
 「拝殿」「触拝所」「山頂」「遥拝所」をひと廻りして昼食。いつもの店で食べて、キレンゲショウマの生育状況を確認して。今日はどのルートで下山するか悩む。ケーブルも混んでいるだろうし、表参道は舗装路でヒザにくるし。朝方、大塚山分岐で古里駅に降りるという「二人のお姉さん隊」を思い出し、初めての古里駅(丹三郎)ルートに決定! お土産を手に下山・・・途中で18Lザックに無理やり詰め込みパンパン。

【 御岳VC~大塚山奥の分岐 】 ・・・大塚山は寄らず巻道。
 御岳VCの横の道から大塚山分岐へ。雲間から紫外線の多い陽が差す。大塚山の巻き道(最近はトラバースとか言うの?沢登りのトラバースより全然安全なのが笑いを誘う。使い方が違うのかな?)は生活道路の幅(人が居ないのでクマ鈴を出しガラガラ&リンリンと騒々しい)。大塚山へ続く分岐からは、楽しい若葉の木漏れ日の落葉と土の足に優しい尾根道。トレラン人の様に少し小走りに下りても問題無し。

【 大塚山奥の道標~古里駅 】 ・・・飯盛杉、林道、電気柵が行く手を阻む!
 楽しい尾根道から道標に従い右に曲がり植林地帯へ突入。少し行くと「飯盛杉」。青テープ2本の目印。林道を越えた所で「二人のお姉さん隊」に追いつき&追い越しました。大休憩を取っていたとのこと、二人で楽しそうでした。石ころが目立ってきたら登山口間近です。
 この下山の最大の試練、電気柵で通れない! でも、よく読むと上部の線だけでした。カギが上下にありました。でもでも、上のカギは扉全体が「への字」になっているので開けにくく閉めにくかった(逆の場合もありそう)。出たら直ぐにトイレと休憩所はありがたかった。休憩所からは北側の山がよく見えます。少し休んで。
 吉野街道から万世橋を渡りJR古里駅へ。ズマド山が青空に良く似合っています。次はあの山の横をトラバースする山行です(トラバースだって・・・野良、ばか~! キョエちゃん)。


 そうそう「二人のお姉さん隊」とは、休憩所で休んでいるうちに追いつかれました。電気柵で悩んでいたのでカギの開け方を教えて、ついでに「記念の三人一緒の写真」を頼んだら快くOK。自撮りで笑顔の写真が撮れました。 山の一期一会はやっぱり楽しい!

登山中の画像
登山画像
1016 ケーブルカー一番乗りか。
登山画像
1019 えっ!沢山並んでる。
登山画像
1029 ケーブルカーの窓も曇る
登山画像
1034 御岳山駅 今日は混んでる。
登山画像
1035 御岳平から都心方向。フジの花まだまだ。
登山画像
1035-1 新緑の日の出山。
登山画像
1040 この鳥居をくぐらずに戻る。
登山画像
1045 産安社の裏斜面の蓮華ショウマはこんな状…
登山画像
1050 あと少しで大塚山分岐
登山画像
1051 新緑も少し早かったかな。
登山画像
1055 ミツバツツジのアーチなし。
登山画像
1102 カタクリの実?
登山画像
1108 蝮草。御岳VCの指名手配。
登山画像
1110 産安社。 ミツバツツジは来年期待です。
登山画像
1115 しゅうまい様?
登山画像
1120 御岳VCへの山道。
登山画像
1127 御岳VCより奥の院。全天曇。
登山画像
1128 指名手配「蝮草」。この頃、遠雷と少し雨。
登山画像
1129 右側の坂経由で法面①②③へ。
登山画像
1130 法面②
登山画像
1133 ここも「実」。
登山画像
1134 二輪草?
登山画像
1136 キレイに咲いていた。ミヤマ紫花(分から…
登山画像
1139 法面③のは花びらが萎れていた。
登山画像
1141 法面③.花びらも雌蕊?も実に成るまで落ち…
登山画像
1144 土筆がスギナに変った!?写真。
登山画像
1145 今日の法面③に雪はなし。
登山画像
1147 もう夏ですね。花カイドウ?と入道雲の子…
登山画像
1151 神代欅。また曇った。
登山画像
1152 日の出山にも雲が。
登山画像
1154 午前中の参拝できるか。あと6分!
登山画像
1156 あと4分!乳酸溜まってきた~!汗出てき…
登山画像
1158 11時59分は午前中。午前初詣間に合いまし…
登山画像
1159 「あ~」
登山画像
1200「あ~~」
登山画像
1201「背中の桜吹雪が目に入らねえか!あ~」「…
登山画像
1202「ん~」
登山画像
1202-1「ん~~(背中?)」
登山画像
1202-2「(自分じゃ桜見えないんでしょが!)ん…
登山画像
1202-3 横の「阿形」から「チャリン!パンパン…
登山画像
1204 午前中に少し雷鳴と雨が降ったけど、晴れ…
登山画像
1206「触拝所」繋がっているのか不明。無線LA…
登山画像
1208 ここだと山頂碑が入る。乙女新党は解散し…
登山画像
1209 奥の院も雲が。
登山画像
1212 入道雲が成長してる。今日はヤバいのか?…
登山画像
1214 都心の方で成長してる?
登山画像
1219 「十月桜」。今日も咲いています「万年桜…
登山画像
1220 お腹が空いた「お昼御飯!」。
登山画像
1226 黄蓮華ショウマはまだこんな感じ。
登山画像
1309 地域の人が植えた「シャクナゲ」。
登山画像
1311 御岳VCに戻って来ました。
登山画像
1322 大塚山分岐標識。下りは「古里駅」の方へ。
登山画像
1331 大塚山から下りてくると、標識はこんな感…
登山画像
1337 植林じゃないので日当たりが良い。
登山画像
1344 歩き易い尾根道。
登山画像
1347 あの先を右入ると、植林地帯。
登山画像
1351 直ぐに「飯盛杉」上から撮影。
登山画像
1352「飯盛杉」。奥多摩「過ぎシリーズ?」です…
登山画像
1353 飯盛杉(振返り撮影)。
登山画像
1357 歩き易い山路が続きます。
登山画像
1358 突然「林道」出現!
登山画像
1401 そして山路。
登山画像
1411 青テープ2本が目印。
登山画像
1419 石が少ないヒザに優しい路。
登山画像
1420 一本だけ光る木が!杉良太郎が出てくるの…
登山画像
1423 曲がって。
登山画像
1430 まっすぐ。
登山画像
1434 石ころが出てきたら登山口に近い。
登山画像
1437 あと数歩。
登山画像
1438 電気が通っていて行けないの?林道に戻る…
登山画像
1440 電気は上の部分だけでした。
登山画像
1440-1 ちゃんと二カ所カギをかけました。指差…
登山画像
1440-2 振返ると「トイレと休憩所」がありまし…
登山画像
1453 矢印が登山口方向。
登山画像
1459 「万世橋」からズマド山方向。次回はあの…
登山画像
1503 JR古里駅
登山画像
1507 古里駅橋上から青梅方向。良く晴れてきた…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 3人目のモニターは、雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...