登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
西吾妻山 2019-5.11 西吾妻山(東北)
img

記録したユーザー

ussy さん


総距離 約13.5km 累積標高差 上り:約1,341m
下り:約1,341m
百名山でもマイナーな残雪期の西吾妻山に行ってきました。この山は25年ぐらい前に良く滑りにきた場所だったので天元台からの登るコースにしました。ロープウェイやリフトを使う手もあったのですが時間が遅くなりそうなので5:30にロープウェイ前の駐車場を出て西吾妻山登山口から登り始めました。天元台手前から残雪が目立ち始めたので軽アイゼン着けましたがゲレンデまで行くと雪が無かったので一度はずしまだ動いていないリフトの下を登っていきました。リフト二本目の途中から雪が出てきたので再度アイゼンを装着、三本目の一番上にあるリフトの降り口に着いた頃にリフトが動き始めました。昔このリフトはシングルだったなぁと思いつつ、ここからが本当の登山開始です。樹林帯を抜けて梵天岩に行くまで本来の登山ルートは全く分かりません。GPS見て歩いてましたが途中からルートを気にしないことにしました。歩いていて気付いたことは日向なら取り敢えず雪が締まっていて沈まず歩ける事と樹林帯の中では雪の中から出ている枝の50センチ以内を歩くと踏み抜きやすいということでした。ルートを無視したため天狗岩や神社に行けませんでしたがとりあえず西吾妻山山頂にたどり着きました。この山は頂上というものが無いらしく山頂は平らな樹林帯の中にありオレンジの三角看板に西吾妻山って書いてあるだけでした。帰りは若女平コースで降りてみることにしましたが西吾妻小屋からはひたすらGPSを頼りにハイペースで降りていきました。ちょうど中間地点ぐらいに来た時雪下の根っこに足を取られ脹脛をはさまれて左足を負傷、そこからはポール出してひたすらローペースになりその直後下からの登って来る人に会い話をしたところこれから私と反対周りで登るとのことでした。結局その日にすれ違った人は一人のみで人気の無さがわかります、多分ほとんどの人はロープウェイを使ってのピストンなんですね。一番下まで下りたのは良いのですが駐車場までの登り返し0.3kの看板が見えてからの300mは凄く長く感じました。残雪期とはいえまだまだ雪山、片道300kmの一般道は限界を感じ帰りは鹿沼から高速使いました。

登山中の画像
登山画像
天元台スキー場
登山画像
梵天岩
登山画像
ショボい山頂
登山画像
水芭蕉見つけました
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ussyさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ussy さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ