登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
富田新道から雲取山 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん

この登山記録の行程

東日原バス停(08:03)・・・小川谷橋[休憩10分]・・・八丁橋(08:53)[休憩8分]・・・大ダワ林道分岐(09:49)[休憩5分]・・・富田新道入口(野陣尾根取付)(10:03)[休憩15分、路迷い20分]・・・小雲取山(12:13)[休憩5分]・・・雲取山(12:33)[休憩15分]・・・小雲取山・・・雲取奥多摩小屋・・・ブナ坂・・・堂所・・・小袖乗越・・・小袖バス停(14:41)

総距離 約24.3km 累積標高差 上り:約2,361m
下り:約2,433m
コースタイム 標準:9時間40分
自己:5時間20分
コースタイム倍率 0.55
【富田新道の概況】
各種地図に実線で「富田新道」として記載されているが、バリエーションルートに近いように思う。「登山道」より「踏み跡」と呼ぶほうがふさわしく、特に登り始め(野陣尾根の下部)での踏み跡が不明瞭になりがちで、初心者のみでの入山は避けたほうが良い。赤テープ類は下降路として使う利用者向けにつけてあり、登りの場合はずいぶん高い場所など気づきにくいところにある。尾根が広いので視野を広くとる必要がある。1800m付近まで長い登りが続くが急登ではなく、展望もきくほうだと思う。10連休GW後の初の日曜日、林道の分岐から小雲取のあいだまでにすれちがったのは単独のハイカーが二人、追い越し・追い抜かれはなし。
.
【記録】
日原川に沿ってつけられた立派な林道を長々と歩くのに飽きたころ、谷側に下降するように富田新道への分岐があらわれる。指導標あり。唐松橋を渡ったあたりが不明瞭で、踏み跡につられて川沿いに10数メートル行くが行き止まり。悪い場所で進退窮まり苦労する。やっと戻って観察すると、はるか上に赤テープがあるので直上する。そこからはひたすら登る。5月にしては暑い日だから風があるのは助かる。標高1800mあたりでゆるやかな傾斜となり、もうひと頑張りで小雲取へ。お腹が減っていたので食事をとるつもりだったが、雲取の避難小屋が遠望できるので歩き続けてしまった。山頂でおにぎり2個とテルモスの味噌汁。
.
雲量の多い空と帰りのバスの時刻が気にかかり、滞在十数分で山頂を後にする。石尾根から七ツ石山は巻いて堂所、小袖。トレーニングを積んでいない一般ハイカーなので「適当な斜度」でないと下りで走れないが、たおやかな奥多摩の尾根はその条件にピッタリで、どんどん走る。しばらく通っていた秩父方面の山々の、展望がなくザレた滑りやすい急斜面とは対照的であり、やはり人気の山は違う。ほとんど無理だろうと考えていた「鴨沢14時44分発」のバスにギリギリ間に合うかもしれない状況になり、久しぶりにやたらと走った。コースを間違え最後は車道をたどって小袖のバス停に出たが、ローカットのトレイルランニングシューズでなければこれほど走れなかっただろう。

登山中の画像
登山画像
林道から富田新道への分岐
登山画像
唐松橋
登山画像
小雲取を越え、雲取山を見る
登山画像
雲取山山頂
登山画像
走ってばかりで立ち止まらなかったので、いきな…
この山行での装備
【その他】 サレワのトレランシューズ。タイツ、モンベルのショートパンツ。行動中はユニクロの半袖(下降時はマウンテンハードウエアの長袖インナー)。モンベルのヘルメット。ザックはロウアルパインの22リッターに、雨具・ロールペーパー・おにぎり・トレイルミックス・テルモス・バッテリー充電器・ヘッドランプ・カロリーメイト4本・キャメルバックのハイドレーションに水2リッター(残量700cc)など。スタート時重量6.5kg。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!