登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
富田新道から雲取山 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん

この登山記録の行程

東日原バス停(08:03)・・・小川谷橋[休憩10分]・・・八丁橋(08:53)[休憩8分]・・・大ダワ林道分岐(09:49)[休憩5分]・・・富田新道入口(野陣尾根取付)(10:03)[休憩15分、路迷い20分]・・・小雲取山(12:13)[休憩5分]・・・雲取山(12:33)[休憩15分]・・・小雲取山・・・雲取奥多摩小屋・・・ブナ坂・・・堂所・・・小袖乗越・・・小袖バス停(14:41)

総距離 約24.3km 累積標高差 上り:約2,361m
下り:約2,433m
コースタイム 標準:9時間40分
自己:5時間20分
コースタイム倍率 0.55
【富田新道の概況】
各種地図に実線で「富田新道」として記載されているが、バリエーションルートに近いように思う。「登山道」より「踏み跡」と呼ぶほうがふさわしく、特に登り始め(野陣尾根の下部)での踏み跡が不明瞭になりがちで、初心者のみでの入山は避けたほうが良い。赤テープ類は下降路として使う利用者向けにつけてあり、登りの場合はずいぶん高い場所など気づきにくいところにある。尾根が広いので視野を広くとる必要がある。1800m付近まで長い登りが続くが急登ではなく、展望もきくほうだと思う。10連休GW後の初の日曜日、林道の分岐から小雲取のあいだまでにすれちがったのは単独のハイカーが二人、追い越し・追い抜かれはなし。
.
【記録】
日原川に沿ってつけられた立派な林道を長々と歩くのに飽きたころ、谷側に下降するように富田新道への分岐があらわれる。指導標あり。唐松橋を渡ったあたりが不明瞭で、踏み跡につられて川沿いに10数メートル行くが行き止まり。悪い場所で進退窮まり苦労する。やっと戻って観察すると、はるか上に赤テープがあるので直上する。そこからはひたすら登る。5月にしては暑い日だから風があるのは助かる。標高1800mあたりでゆるやかな傾斜となり、もうひと頑張りで小雲取へ。お腹が減っていたので食事をとるつもりだったが、雲取の避難小屋が遠望できるので歩き続けてしまった。山頂でおにぎり2個とテルモスの味噌汁。
.
雲量の多い空と帰りのバスの時刻が気にかかり、滞在十数分で山頂を後にする。石尾根から七ツ石山は巻いて堂所、小袖。トレーニングを積んでいない一般ハイカーなので「適当な斜度」でないと下りで走れないが、たおやかな奥多摩の尾根はその条件にピッタリで、どんどん走る。しばらく通っていた秩父方面の山々の、展望がなくザレた滑りやすい急斜面とは対照的であり、やはり人気の山は違う。ほとんど無理だろうと考えていた「鴨沢14時44分発」のバスにギリギリ間に合うかもしれない状況になり、久しぶりにやたらと走った。コースを間違え最後は車道をたどって小袖のバス停に出たが、ローカットのトレイルランニングシューズでなければこれほど走れなかっただろう。

登山中の画像
登山画像
林道から富田新道への分岐
登山画像
唐松橋
登山画像
小雲取を越え、雲取山を見る
登山画像
雲取山山頂
登山画像
走ってばかりで立ち止まらなかったので、いきな…
この山行での装備
【その他】 サレワのトレランシューズ。タイツ、モンベルのショートパンツ。行動中はユニクロの半袖(下降時はマウンテンハードウエアの長袖インナー)。モンベルのヘルメット。ザックはロウアルパインの22リッターに、雨具・ロールペーパー・おにぎり・トレイルミックス・テルモス・バッテリー充電器・ヘッドランプ・カロリーメイト4本・キャメルバックのハイドレーションに水2リッター(残量700cc)など。スタート時重量6.5kg。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    氷川ではヒメウツギ、シャガ、フジなど開花。週末は気温上昇の予報、熱中症、紫外線対策を
    19年05月23日(木)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    新緑が芽吹いてきました。バイカオウレンやイワウチワなど春の花が咲いています
    19年05月21日(火)
  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    暖かくなっていますが、周囲はまだ早春。ようやくヤマザクラが咲き、カラマツの新芽が出てきました
    19年05月15日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...