登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
弓立山 堂山 雷電山 天然かき氷 2019 弓立山 堂山 雷電山 都幾川三波渓谷 山田屋天然かき氷 古寺鍾乳洞 (関東)
img

記録したユーザー

はにわ さん

この登山記録の行程

10:35三波渓谷駐車場---11:30弓立山(休憩10分)---12:20都幾川河原(休憩20分)---13:00堂山---14:00雷電山---14:50女鹿岩---15:40駐車場


総距離 約11.3km 累積標高差 上り:約786m
下り:約786m
今日はプラナリア採集してくるわ。
ん?プラナリア?何で?
今春、大学生になった息子。
自分でもよくわからないサークルに入会したそうだが何だか楽しそうに出かけて行った。
そんな彼を見送り一人の時間が出来たので自分は近場の山でも歩いてこようかな。
GW、巷では10連休だったが自分はせっせとお仕事。
気分転換にこの時間から行くとすると寄居か小川かときがわの山ぐらいか。
それじゃ三波渓谷のある都幾川周辺でも行こうかな。

薄い雲に覆われた今朝は少々肌寒い。
でも歩くには丁度良いかなとまずは小川町に向かって車を走らせる。
小川の街を過ぎると松郷峠に左折。
帝松酒造を通り過ぎた道沿いに古寺鍾乳洞の古い石碑を見つけたのでちょっと寄り道。
昨年、新聞で地権者が街に土地を寄付したニュースを目にしていたが整備とかするのかなあ。
ここは半世紀ほど前まで秩父浦山口の橋立鍾乳洞のように観光洞として一般公開されていたらしい。
20代の頃は奥武蔵や秩父、奥多摩、西上州の峠道をウロウロするのが好きで沿道の名所の看板を見かけては立ち止まって見学していた。
ここも一度、洞窟の入口を探したことがあったけど分からずじまいで再チャレンジ。
まずは畑の畦道を進んで行く。
沢の石橋を渡ると神社がある。
そう昔は神社の境内付近にあるのかなと思ってこの辺を探したが無かったんだよね。
ネットとかで調べてみると山の裾にありそうなのでちょうど畑で草刈りをしていた年配の女性に声を掛けてみる。
すみません~この辺に鍾乳洞があるはずなんですがご存知ですか?
と聞くとすぐそこにあるわよと指をさす。
何だ、こっちにあったのか。
その女性の話では小さい頃に四つん這いになって中に入って遊んで奥には池があったらしい。奥行きもそれほど無かったみたいだ。
たまに自分みたいな物好きがやって来て場所を教えてあげるそうだが女性がいないとほとんどの人は分からず帰ってしまうらしい。
さて洞窟の入口に近寄ってみるが鉄格子で締められ中を覗き込むと土砂で埋まって奥がどうなっているのか分からない。
周辺も藪だから観光化は難しいかな。
せめて佐野の宇津野洞窟ぐらいになれば面白いのに。
もし物好きな方がいましたら石橋を渡って左方向に畑の端を進み100mくらいで見つかるはずです。

その後、松郷峠を越えてときがわへ。
そして三波渓谷入口の駐車場に車を停める。
10台位しか駐車出来ないので混んでいれば四季彩館の駐車場に置くと良いかな。
いつしか陽射しも出てきて駐車場から200mほど車道を歩いて桃木登山口から登り始める。
暫くは檜林を進み露岩の急登をひと登りすると男鹿岩に。
5m位の高さだが上に登ってみると展望良し。
周囲は終わりかけのツツジも咲いていた。
そして1時間ほどで弓立山の頂上に到着。
こちらは比企丘陵からの関東平野が見渡せ大展望。
以前山火事があったそうでその為植林事業も始まっているみたい。
まあ個人的には木々に覆われてしまうのは少し勿体無い気もしますが。。。。。
少し休憩しまた来た道を戻る。
登山口に着いたら八幡神社に回り県道を横断して都幾川へ。
正面にはこれから登る堂山も良く見える。
橋を渡り袂で昼食タイム。
河原のBBQ施設では親子連れや若い人のグループで賑わっていた。
この河原は子供が小さい頃は毎年のように水遊びに訪れていた。
そう言えば高学年の夏休みの自由研究で都幾川の水生生物と題して二人で水辺の草むらにガサガサと網を突っ込んで色々採集したことがあった。
沢蟹は勿論、ハヤやドジョウ、ギバチの子、川エビにカワニナ、カゲロウやトンボの幼虫。
カゲロウの幼虫はあんま釣りの餌にもしたっけな。
そんなことを思い出しながら休憩を終え四季彩館の車道を登って行く。
突き当たって右に折れ暫く行くと右側に堂山方面の道標が。
これを左折しすぐに林道入口。
堂山付近までは林道になっておりフェンス越しの施設を過ぎるとひと登りで堂山到着。
残念ながら展望はありません。
その後は明るい檜林や雑木林の緩やかな尾根道を進む。
感じとしては寄居の鐘撞堂山みたいな道かな。
雷電山との分岐の手前がロープもあり今日一番の急登。
登り終えた場所は展望が広がっていた。
そこから分岐を右に行けば雷電山までもう少し。
14時頃雷電山到着。
小さな祠があったがこちらも展望なし。
雷電山までは道標も多く思ったよりも良い道だと思う。
その後は一旦先ほどの堂山との分岐まで戻る。
この先尾根伝いに南下。
ピンクリボンはあるが堂山からの道と違い踏み跡が薄く道標も無。
途中から踏み跡も無くなるが周りは手入れされた檜林で見通しも良く適当に町道に出る。
すると庚申塔のある峠道に出た。
車道を左に降り女鹿岩の標識を右折。
また標識があり上に登る。
露岩が見えてくると奥に大きな女鹿岩が。
弓立山の男鹿岩の5倍ぐらいはありそうだ。
ハーケンも打ってあるのでクライミングする人も居るのかな。
試しに回り込んで岩の上付近に。
中々の眺め。でも岩の先端までは危なそうで行けないなあ。
戻ろうと後ろを振り返ると先ほどの庚申塔付近にあった青い旗が見えた。
もしかしたら庚申塔からそのまま南下すればここに来られそうだ。
一旦女鹿岩の標識まで戻り右に行く。
この先はほとんど踏み跡がないが西上武幹線の標識があったので206号へ。
突き当たってまた206号へ右折。
すると堰に出た。
堰の周りは藪だが回り込んで少し行くと見通しの良い場所で出た。
やったあ~何とか県道に出たぞ~。
と喜びも束の間、時計を見る。
やばい、もう15時半前だ。
実は帰りに山田屋でかき氷を食べるのを楽しみしていた。
閉店は16時。間に合うか。
陽射しの強くなった県道を駐車場に向けて走ったり歩いたり。
駐車場に着いたら山田屋はすぐ傍なので荷物を置いて河原方面に降りていく。
何とか15分前に着いたが、うわ~この時間でも並んでいるよ。
16時過ぎに何とか入店。
すでに生いちごミルクやブルーベリーとほとんどのシロップが完売。
とりあえず天然氷の狭山茶抹茶あずきを注文。
昔、四季彩館の方でキッチンカーでしか食べたことが無かったけどお店も良い雰囲気。
外のテラスに着席するとほどなくして運ばれてきた。
一口食べて。
うっまーい(宮川大輔風、笑い)

かき氷山田屋さんのホームページ。
http://kakigoori-yamadaya.com/

完食です。

その後、誰も居なくなった三波渓谷をちょっと散策。
ここは三浦春馬君のおーいお茶のCM撮影場所でも有名。

浅瀬の川面に西日が降り注ぐ。
清流の岩に腰かけて足を水中へ。
カジカガエルの声も聞こえ始め、あ~気持ち良いなあ。


ふ~また明日から頑張ろう。

参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

はにわ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 3人目のモニターは、雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...