登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
扇ノ山&シワガラの滝探勝 扇ノ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2019年5月15日(水)

  • パーティ

    3人 (いずみやま さん 、師匠 さん 、Ⅿさん さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:河原ICから郡家を抜け県道31銅線で河合谷牧場へ
    水とのふれあい広場から兵庫へ超えコズッコ小屋登山口へ駐車

  • 天候

    ☀ 18℃

この登山記録の行程

小ズッコ登山口9:12→9:46芦生杉→10:00火口跡→10:10芦生杉→10:34大ズッコ→11:00扇ノ山11:40→12:06大ズッコ→12:48河合谷登山口→13:08小ズッコ登山口⇒13:40滝Ⓟ→14:10シワガラの滝14:23→14:50滝Ⓟ15:00


総距離 約15.1km 累積標高差 上り:約767m
下り:約1,299m
↑674m↓700m 5:40 20,437歩
今日は扇ノ山を訪ねました。新緑のブナに癒された山行になりました。

さて、朝7時鳥取道の河原ICを降り、船岡から郡家を通り県道31号で国府町雨滝集落を目指します。集落を過ぎ河合谷牧場へ向け林道をグネグネと登って行くと、「水とのふれあいの広場」へ到着。ここが河合谷登山口。扇の山の伏流水が湧きだす、水の広場が整備されています。

更に県境を越え上山高原から延びている林道をしばらく進み、小ズッコ登山口へ駐車します。路側に駐車し、9時過ぎ登山開始です。冬には素通りする小ズッコ小屋へ寄り、ちょっと中を覗いてみます。

良く踏まれた枯葉絨毯の道を登って行きます。しばらく登ると、河合谷から登って来る道の分岐に差し掛かります。上山高原へ2.6㎞、河合谷登山口へ0.8㎞の指導票が立っている。帰りは、ここから河合谷登山口へ降りて、林道を歩いて小ズッコ登山口へ下ります。

しばらく進むと目印の芦生杉の大株へ着いた。ブナの森に覆われたこの辺りは新緑の季節。まさにグリーンシャワーの真っただ中を歩けます。ちょっと寄り道して、噴火口跡に向かいます。

噴火口は直径20m程のすり鉢状の大穴で、中にはまだ雪が残っている。お鉢回りして、火口の大きさを確認。元に帰り、芦生杉から再びブナの新緑を登って行く。この先、まだ2㎞程気持ちいいブナの新緑を歩けます。

オオズッコの登りに来るとまだ残雪が登山道を覆っていた。2カ所、200mほど登山道で雪の感触を楽しみ、大ズッコ山頂へ到着だ。山頂はちょうどタムシバが満開。白い木蓮のような大きな花が丁度見ごろです。

そして、一度下って登り返すと山頂直下の展望台へ着いた。鳥取市や湖山池方面が霞んでいる。山頂付近はまだ春が始まったばかり、新芽が優しく迎えてくれた。

畑ヶ平分岐を過ぎれば山頂です。本日1番の登頂。南側眺望が開け、氷ノ山が見えています。氷ノ山の眺望を楽しみながらお昼を戴きます。休憩中登山者が3組ほど登ってこられた。

山頂は鳥取側から2本、兵庫側から1本の、3方向から登山道が登ってきています。4・5人の団体さんが2階へ上がって来られたので場所を譲り、そのまま来た道を帰ります。下りも数組の登山者に出会い、人気のお山を実感しました。

1時間強で河合谷登山口へ下り、さらに20分の林道歩きで小ズッコ登山口へ到着した。
今度は車で上山高原を通ってシワガラの滝へ向かいます。

初の訪問だ。狭い駐車地へ駐車し、長靴に履き替え道を下って行きます。沢を越え尾根筋を登り、一つ尾根を越えて高度100m程下って行きます。

1㎞程の路だが、滝への下りは鎖場もあってなかなか難路です。そして滝手前100m程は沢筋の遡上になる。2度ほど渡渉があり長靴が重宝しました。

滝は下手から登って行くと見えません。大きな岩の間へ入って行くと、滝壺があり、下手を見ると左岸の苔むした岩の裏に滝が落ちている。言葉でも画像でも、この景色は表しにくく、申し訳ないです。ここに立ってみて、やっとこの気持ちが伝わるでしょう。

天気とブナと雪、そして滝と噴火口。今日も無事お山が楽しめました。
詳しいレポはブログ「いずみやま」でご覧ください
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/05/20195151310m.html

登山中の画像
登山画像
小ズッコ登山口
登山画像
小ズッコ小屋
登山画像
アシュウ杉
登山画像
火口跡
登山画像
新緑ブナの道
登山画像
タムシバ
登山画像
山頂避難小屋
登山画像
2等三角点「扇ノ山」
登山画像
ブナの新緑
登山画像
河合谷登山口へ下山
登山画像
但馬の名瀑シワガラノ滝へ近づく
登山画像
手前から滝壺
登山画像
岩の裏側に滝が落ちている
登山画像
シワガラの滝
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...