登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
越後八海山BCスキー2019 入道岳、五龍岳、阿寺山(上信越)
img

記録したユーザー

100ski さん

この登山記録の行程

5:55広堀登山口ー(15分休憩)ー10:57五龍岳11:10ー11:57入道岳12:10ー12:20五竜岳ー13:35阿寺山14:02ー16:19広堀登山口


総距離 約12.4km 累積標高差 上り:約1,601m
下り:約1,601m
今回は、日本二百名山、八海山・入道岳で山スキーしてきた。
八海山は積雪が多いので、5月中旬でも滑れるだろうと思い、この時期になってしまった。
広堀登山口からスタートしたが、国土地理院の登山道の通りに進むと藪が酷くなり、崩れて無くなっていた。
登山口に戻り、林道を少し奥に入ったところにピンクテープがあり、砂防ダムの管理道路のような登山道に入れた。
登山道に入ると、いくつかの川を飛び石で渡渉した。
しばらく急流の沢部に沿って登り、沢部の途中から藪払いされた登山道を登ると、ブナの森が出てきた。
ブナの森に入ると、標高1000m付近から雪が繋がってきた。
ブナの森では、登山道がわからないので、高い方に適当に登り、阿寺山には寄らないように、ショートカットするように登って、稜線に乗った。
稜線は夏道と雪庇のミックスであり、歩きやすい方を登った。
五龍岳に登り、そこからさらに入道岳に登った。
入道岳直下は、雪の亀裂が大きくなっているところが多かった。
入道岳頂上に着き、間近に見える越後駒ヶ岳、中ノ岳、巻機山、魚沼盆地などの眺望を楽しんだ。
入道岳頂上から、雪の亀裂を迂回しながら、五龍岳と阿寺山との間のコルまで滑走した。
その後、阿寺山頂上に登った。
阿寺山頂上から登山道に沿って標高950m付近まで滑走し、その後、歩いて広堀登山口まで下山した。
下山後、見晴らしの湯こまみで入浴し、奥大日岳に備えた。

登山中の画像
登山画像
広堀登山口
登山画像
出直しで入った登山口
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道渡渉地点
登山画像
龍神碑
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道ショートカット
登山画像
登山道ショートカット
登山画像
登山道ショートカット
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
五龍岳頂上
登山画像
五龍岳頂上
登山画像
五龍岳頂上
登山画像
五龍岳頂上
登山画像
登山道
登山画像
入道岳頂上
登山画像
入道岳頂上
登山画像
入道岳頂上
登山画像
入道岳頂上
登山画像
入道岳頂上
登山画像
入道岳頂上
登山画像
入道岳頂上
登山画像
入道岳滑走
登山画像
入道岳滑走
登山画像
入道岳滑走
登山画像
入道岳滑走
登山画像
入道岳滑走
登山画像
入道岳滑走
登山画像
入道岳滑走
登山画像
入道岳滑走
登山画像
入道岳滑走
登山画像
五龍岳滑走
登山画像
五龍岳滑走
登山画像
五龍岳滑走
登山画像
五龍岳滑走
登山画像
五龍岳滑走
登山画像
五龍岳滑走
登山画像
五龍岳滑走
登山画像
五龍岳滑走
登山画像
五龍岳滑走
登山画像
コル
登山画像
阿寺山登り
登山画像
阿寺山登り
登山画像
阿寺山登り
登山画像
阿寺山登り
登山画像
阿寺山登り
登山画像
阿寺山頂上
登山画像
阿寺山頂上
登山画像
阿寺山頂上
登山画像
阿寺山頂上
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走
登山画像
阿寺山滑走終了
登山画像
登山道
登山画像
龍神碑。登りのときは石碑が倒れていた
登山画像
登山道
登山画像
登山道渡渉地点
登山画像
広堀登山口
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、グローブ、手袋、軍手、サングラス、腕時計、カメラ、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、アイゼン、ヘルメット
【その他】 スキー 兼用靴 ウィペット シール クランポン
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

100skiさんの登山記録についてコメントする
  • スーさん さん
    100skiさん こんばんは、
    記録を見ました、遅くなりましたがネ、
    八海山はゲレンデスキーで家族で行ったのと、山登りはいまは登山禁止?屏風道、新開道での周回しかありませんが眺める山となってきつつあります。
    そこをスキーで降りてくるなんてすごいですね、履歴を見れば納得ですがさすがです。
    写真を見ると雪が一杯、豪雪地帯の八海山ですね。

  • 100ski さん
    スーさん、コメントありがとうございます。昨年の5月中旬に中ノ岳に登ったときに雪山とお花がとてもキレイだったので、今年は八海山を選んだのですが、雪が多すぎて、お花の見ごろではありませんでした(笑)6月に入れば粟ヶ岳のヒメサユリが見ごろになり行ってみたいですね。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

100ski さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?