登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
槍ヶ岳(槍沢)201905 槍ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ootaka さん

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(07:05)・・・河童橋(07:10)・・・明神(08:00)・・・徳沢(08:50)・・・横尾(09:30)・・・一ノ俣(10:00)・・・槍沢ロッヂ(10:30)[休憩 20分]・・・ババ平(11:10)[休憩 10分]・・・水俣乗越分岐(12:00)・・・天狗原分岐(13:00)・・・グリーンバンド(13:40)[休憩 10分]・・・槍ヶ岳殺生ヒュッテ(14:40)・・・槍ヶ岳山荘(15:00)[休憩 30分]・・・槍ヶ岳(15:50)[休憩 45分]・・・槍ヶ岳山荘(16:50)

【2日目】
槍ヶ岳山荘(04:30)・・・槍ヶ岳(04:50)[休憩 50分]・・・槍ヶ岳山荘(06:00)[休憩 120分]・・・槍ヶ岳殺生ヒュッテ(08:10)・・・グリーンバンド(08:30)・・・天狗原分岐(08:50)・・・水俣乗越分岐(09:10)・・・ババ平(09:30)・・・槍沢ロッヂ(10:00)[休憩 20分]・・・一ノ俣(10:25)・・・横尾(11:20)・・・徳沢(12:00)[休憩 10分]・・・明神(13:00)[休憩 20分]・・・河童橋(13:55)・・・上高地バスターミナル(14:00)

総距離 約38.7km 累積標高差 上り:約2,665m
下り:約2,665m
コースタイム 標準:18時間35分
自己:13時間40分
コースタイム倍率 0.74
今回のテーマは残雪の槍を満喫。一泊二日で荷物は8.5㎏。ピッケル、アイゼン以外は夏装備で重量削減。自宅3:10、沢渡6:30、上高地7:05で行動開始。槍沢小屋直前まで雪は無し。ババ平でアイゼン装着。スパッツを省略したのだが、のちにズボンに穴をあけることになる。アイゼンにはスパッツ必須の教訓を得る。ババ平からは槍沢の上を目印の竹竿に沿って進む。沢の真上は雪が割れているところもあり、少し山側を通るのがオススメとのこと。(槍沢小屋ブログより)あちこちで支流からデブリが来ているが、最近のものはなさそう。大曲りを超えてグリーンバンドに向かう。この時期でもグリーンバンドは少し緑が出ていて、それを目指して黙々と登る。グリーンバンドで小休止し、いよいよ見えてきた槍を目指す。この登りで心が折れると他の人のレポにあるので、どんな感じなのか10分ごとに槍の写真を撮りながら登る。写真まであと何分とか時間を気にして登ったので、心が折れる暇がなかったのは幸い。まあ、疲れる登りではある。だいぶ疲れて槍ヶ岳山荘に到着。チェックイン後に穂先に向かう。雪は一か所あるけど避けられるのでアイゼンなし。昨年何度も来ているので勝手知ったる登りをこなし、1回目の登頂。今回は結局4回登った。いつも通りの大展望だが裏銀座方面が雪で真っ白なのが新鮮。北鎌尾根を10mくらい下りてみたりして、1時間くらい楽しんだのち下山。小屋で夕食を食べた後に夕日鑑賞のため防寒着を総動員し、2回目の登頂。穂先貸し切りで、夕日も素晴らしかったのだが寒い。翌日、ご来光を見に3回目の登頂。やはり寒い。でも東側に無風地帯があったおかげで1時間近く居座れた。小屋の朝食で温まった後、4回目の登頂。快晴の景色を十分に味わった後、下山開始。腐れ雪+アイゼンの下山は今回も速く、グリーンバンドまで30分、ババ平まで90分と、夏山ではありえない速さで下山。ババ平でアイゼンをとり、槍沢小屋でカップ麺、徳沢でソフトクリーム、明神の嘉門次小屋で岩魚を食べて、上高地に14時に到着。帰りは沢渡の駐車場15時、自宅着20時

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ootakaさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    6/16は強風と降雪。まだまだだ冬山だと思って、気を付けてお越しください
    19年06月19日(水)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    6/10より営業を開始しました。例年並の残雪があります
    19年06月14日(金)
  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    合戦小屋より上にはまだ雪が残っています。雪に慣れていない方は軽アイゼンやストックなどがあるといいでしょう
    19年06月07日(金)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    寒暖差が激しいです。融雪は進むも、まだ10本爪程度のアイゼン+ピッケル+技術が必要
    19年06月04日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ootaka さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...