登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
西丹沢・不老山 不老山(関東)
img

記録したユーザー

あし0316 さん
  • 日程

    2019年5月25日(土)

  • 利用した登山口

    棚沢キャンプ場前   駿河小山駅  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:武石IC~原木中山IC~R357~環状7号線~東名高速東京IC~大井新松田IC~松田駅
    ★松田駅のコインパーキング(一日1000円)駅から徒歩5分程度
    松田駅→西丹沢自然教室行(臨時増発便)→河原下車
    (帰路)JR御殿場線駿河小山15:33→松田15:56 ※1時間に1~2本。
    JR線松田駅→徒歩にて駐車場
    東名高速大井松田IC→首都高速→湾岸道はアメリカ要人厳戒態勢の為有明JCから新入不可。一般道城南島経由でR357へ出て帰葉



  • 天候

    快晴
    [2019年05月25日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

向河原BS(08:44)・・・番ヶ平(10:35~11:08)★周辺をうろちょろ・・・不老山(11:40)・・・世附峠(12:05)★WC休憩・・・樹下の二人(さんしょうばらの丘)(12:15~12:30)・・・世附峠(12:40)・・・バリエーションルートで不老山分岐(13:10)・・・駿河小山駅(14:58)

総距離 約15.1km 累積標高差 上り:約1,317m
下り:約1,278m
コースタイム 標準:7時間34分
自己:7時間34分
コースタイム倍率 1.00
原種のバラの花を見ようと1年越しの計画。何となく丹沢への山行が多いが不老山は初めて。始発電車で行くより車の方が利便性が高いと踏んで、松田のコインパーキングを利用してのアプローチ。(朝4時半出発。千葉県民は山へ行くのも一苦労。)
明神峠行のバスから縦走にしようか迷ったが西丹沢自然教室から行く事に。運よく臨時便に乗れた。天気予報では『夏日』。凍結スポーツ飲料と1本多めに水を持参。隣に座っていた女性と二人、停車場を降りる。山歩きに慣れていないのか、『ご一緒に』と言われるが登山道の取り付き前までで、花探しの気まま旅。勿論、先に行って頂く。地図も持たず、他人任せってどうなんでしょうか・・。
番ヶ平まではだらだらと九十九折の道を歩く。展望もなく、風もなく。心拍数を上げないようにゆっくり、水分・塩分補給。暑さに耐え、我慢強く歩く。BGMは伐採作業に使われる小気味良いチェーンソーの音。それと自衛隊富士演習場のドォーンと響く火器の音。(昔、遠雷と間違えた。)やがて徐々に高度を稼ぐとたくさんの花達に出合えた。エビネ蘭。フタリシズカ。こりゃ、幸先いいかも♪なんてちょっと、バラの花に期待する。舗道のそばのベンチで休憩していた若い女性が話かけてきた。「花はちょっと早かったみたいですよ」ベンチのそばのサンショウバラの蕾は固く緑色のまま。風のなすがまま、ゆさゆさ枝を揺すっていた。残念。(´・_・`)ショボン。まぁ、せっかくだから不老山に行ってみよう。近道がないかと探していると登山道の取り付きで別れた筈の女性が話しかけてきた。「あっ、朝の人だ、道違うみたいですね~」・・という事は私の後をついてきたのか・・。やはりコバンザメスタイルの人だった、その感覚が恐ろしい。再度やり過ごす。
 気を取り直して、花情報で声をかけられた番ヶ平のベンチ傍のバラの樹を観察。登山道を歩く。不老山のバラの巨木もふっくらとした蕾ではあるが未開花。山頂で世附峠方面から男性が来た。
『バラの見頃は来週だろう。』『・・・全く咲いてないわけじゃないよ、サンショウバラの丘』
 わ~い。情報ありがとう!早速、一縷の望みをかけ、樹下の二人とかサンショウバラの丘なんて呼ばれている群落地点へ向かう。明神峠方面からのたくさんの人とすれ違う。胸にコンパスと地理院の地図を下げた単独行の女性に『ここから駿河小山へはどう行けばいいんでしょう?』と話しかけられる。何の為の地図なのか?地図はイミテーション?朝のバス停の女性もしかり。他人を充てにして、自立できない人の多いこと。『人がいないと不安で・・、』登山道は一本道。外れなければ迷う事なし。可愛い金ちゃんのついた標識が豊富にある。こんな発言を受けると『ガイド山行すれば?』といいたくなる。帰りは結構急坂を登るのでバリエーションルートで楽をしたい・・なんて思いながら、世附峠に到着。やっと、ここで仮設トイレ発見♪手作りの案内版を楽しく拝見し、樹下の二人へ向かう。展望が開け、富士山がどど~んと見える素敵なロケーションの丘。
サンショウの木も結構あった。お目当ての場所にはたくさんの人が思い思いに休憩中。あるある。バラの古木と、色とりどりの花達。日当たりの良い斜面には、バラの花が咲いていました。見頃の花を想像しながら、のんびり散歩。日差しを避けて木の下ではお喋りするグループが大勢ランチタイムを楽しんでいた。ピクニックするには良い時期だ。花を堪能し、世附峠まで取って返す。急坂を避け、人気のないフラットな仕事道から支尾根へあがり、登山道へ合流。普段は静かな山道で鹿とシマヘビを驚かせてしまった。看板のとおり、今回は金時公園方面から歩いてみる。(あの方は道迷いせず、行けただろうか?)海からの風が気持ちよく、往路の不快感が嘘のよう。送電線からは富士山が気持ちよく見え、歩くのも長距離ながら楽しい。林道をジグザグに下り、里山らしきポイントでどちらに行くべきか迷う。ここには小川町の金ちゃん標識があった方が親切だと思う。自分の感を信じて、直進。遊歩道の標識を見つけると金時公園に出た。子どもがなが~い滑り台を下っていた。楽しそうな光景♪山中より駅に着くまでが私の読図ではハードルが高い。途中、地元の方に駅への行き方を教えて頂き、無事到着。私の足で中島の集落から駅まで15分くらい。丁度、タッチの差で電車が行ってしまった。駅前の店で菓子など買い込み、無人の駅でのんびり待つのも楽しい。駅へのアプローチが近いのは生土へ下山するルート。山中では世附峠に仮設トイレがあるだけだった。携帯トイレ持参が良いかと。この週末、1日限りの綺麗な花に巡り合った方からの素敵なレポを楽しみにしています。
 



 

 

登山中の画像
登山画像
バスの中に登山届!さすが、西丹沢自然教室行。
登山画像
向河原で下車。手前の山市場へ少し戻る感じで登…
登山画像
青いつり橋をめざします。
登山画像
つり橋を渡る。
登山画像
茶畑が広がる中を進みます。要所に道しるべあり。
登山画像
私有地のような場所を通過していきます。
登山画像
朽ちかけた車が『天空の城ラピュタ』の巨人兵と…
登山画像
小屋の脇を通り、登山道へ入ります。
登山画像
山仕事の道と交錯しているのか、あちこちに張り…
登山画像
急降下。ここが番が平への危険個所①かな~。
登山画像
なんと!エビネ蘭の花。
登山画像
山と高原地図で『』
登山画像
サンショウかサンショウばらか?お分かりになり…
登山画像
ゲートのそばに沿って歩きます。(ゲートはくぐ…
登山画像
不老山の頂上へと続くなだらかな場所にさんしょ…
登山画像
不老山頂上。
登山画像
金ちゃん♪かわいい~。童話でよく読んだわ・・。
登山画像
噂の手作り道標♪
登山画像
世附峠の仮設トイレ。
登山画像
読み応えある看板。
登山画像
私見もあり。色々交えた内容を楽しく拝見。
登山画像
サンショウも今が花の時期か~。やたらむしって…
登山画像
素敵なロケーション。富士山はながめるのがいい…
登山画像
おおっ!バラが咲いているではないか!
登山画像
あちらは蕾。
登山画像
案外大輪。ピンクが濃いのがフレッシュで徐々に…
登山画像
匂いはあまり感じなかった。
登山画像
近代バラの祖となったんだっけ?昔、京成バラ友…
登山画像
樹高も高くて立派。
登山画像
金ちゃん付いた道しるべあるべさ。これ見てどっ…
登山画像
ヤマツツジも今年初ですね。
登山画像
久しぶりにシマヘビ見た。日向ぼっこのお邪魔を…
登山画像
久しぶりにタニウツギ。
登山画像
人工スラブ。登攀したらどうなるか?つい、興味…
登山画像
バラも良かったが、樹木の花も今が盛り。
登山画像
送電線。読図ではいい目印になるんですの。
登山画像
そしてここから富士山。
登山画像
もう少し下った場所からも富士山。
登山画像
時々、道標があるのでよほどの方向音痴でなけれ…
登山画像
わかりにくい箇所。この2本の木の杭を目指して進…
登山画像
下山者からは見えない場所に標識。正解!
登山画像
駿河小山への道はわからなければ地元の方に聞く…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

あし0316さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 蛭ヶ岳山荘 ~丹沢
    蛭ヶ岳山荘
    梅雨模様の天気ですが晴れ間を利用してサラサドウダンやヤマオダマキ咲く蛭ヶ岳へお越しください
    19年07月10日(水)
    西丹沢ビジターセンター~西丹沢
    西丹沢ビジターセンター
    雨続きで沢水の水量は多めです。西沢沿いでは、キノコが生き生きとしています。
    19年07月05日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

あし0316 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」を背負った感想は?
サロモン「OUT NIGHT」を背負った感想は? モニターレポート第2弾。装備と山行スタイルを変えて2つの山に登ったflopsy220さんがその使い心地を教えてくれました...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。