登山記録詳細

雪山登山
参考になった 4
尾瀬ヶ原&尾瀬沼 「黒い尾瀬ヶ原」と「白い三平峠」 メタボ登山2019 尾瀬ケ原、尾瀬沼(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん
  • 日程

    2019年5月25日(土)~2019年5月26日(日)

  • 利用した登山口

    鳩待峠   大清水  

  • パーティ

    3人 (野良耕筰 さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:尾瀬第一駐車場(乗合タクシー)鳩待峠

  • 天候

    一日目:快晴(雲一つ無し)。 二日目:晴
    [2019年05月25日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
鳩待峠(06:47)・・・山ノ鼻(08:12)[休憩 30分]・・・牛首・・・牛首分岐(尾瀬ヶ原三又)(10:05)[休憩 20分]・・・竜宮十字路(11:38)[休憩 40分]・・・見晴(下田代十字路)(13:05)

【2日目】
見晴(下田代十字路)(06:35)・・・燧ヶ岳分岐(06:48)・・・白砂峠・・・沼尻平(08:55)[休憩 15分]・・・浅湖湿原・・・尾瀬沼東岸(10:30)[休憩 15分]・・・三平下(11:10)[休憩 40分]・・・三平峠(尾瀬峠)(12:15)[休憩 5分]・・・三平橋(13:35)[休憩 15分]・・・大清水(14:50)

総距離 約23.3km 累積標高差 上り:約605m
下り:約1,012m
コースタイム 標準:8時間25分
自己:11時間33分
コースタイム倍率 1.37
写真が多いので注意してください(何時もの事でスイマセン)。

メタボ隊として初めての「尾瀬ケ原&尾瀬沼」二泊二日(車一泊、小屋一泊)。事前情報では鳩待峠に雪あり。三平峠の情報は少なく「雪が深い感じ」がしたのでチェーンスパイクとストック準備。服装は「昼は夏」「夜は冬」で準備。久々の夜中出発で尾瀬第一駐車場は午前零時過ぎに到着(零時前だと一日の駐車料金が発生する)。
 
【 尾瀬第一駐車場 ~ 鳩待峠 】 ・・・バスもタクシーも同じ料金。
 尾瀬第一駐車場から「乗合タクシーとバス(同額)」が出ている。乗合タクシーは定員になると随時出発するらしい。だから朝イチは直ぐに出たらしい。第3陣くらいのメタボ隊は10分くらい待って発車。
 鳩待峠の手前から山の雪が近くに見えてきた。空は雲一つ無く絶好の尾瀬日和?

【 鳩待峠 ~ 第一水芭蕉 ~山の鼻 】 ・・・残雪!木道スリップ注意!
 鳩待峠駐車場に着くと空には「更待月が一片の雲」となっている。フリースを着込んでいるので寒くない。でも駐車場トイレに100円(朝一のトイレの神様に挨拶は当然だよね)。
 鳩待休憩所まで歩き、至仏山を眺め写真を撮る。ここでポールを出しておけば良かったのだがすぐに入口へ。ここでは外部の種子を持ち込ませないために人工芝で靴底を拭く。少し行くと雪道なのでストックをだす。至仏山が良く見える(結局はずっと見えるのだが)。
 道が川に近づくと「第一水芭蕉発見」。だんだん本で読んできた尾瀬ケ原になってきた。川上川を越えると、すぐに山の鼻に到着。ここにはキャンプ場もありました。

【 山の鼻 ~ 牛首分岐 】 ・・・黒い尾瀬ヶ原? 前に燧ケ岳、後に至仏山。
 山の鼻から牛首分岐までほぼ無風状態。水面の波立ちが少なく「逆さ至仏山・逆さ燧ケ岳」が撮り放題でした。撮影していて気が付いたのは「尾瀬ケ原は黒い」でした。枯葉色にしては黒いと気付いたのですが何故???黒い染料でも流れているのかな?赤渋の影響?

【 牛首分岐 ~ 竜宮十字路&竜宮小屋 】 ・・・撮影スポットが沢山!
 ここからは撮影ポイントが沢山。「分岐からの至仏山」「燧ケ岳」「下の大堀川の水芭蕉と至仏山(逆さ写真家達も)」「新名所:尾瀬の消火栓?」「竜宮現象」盛りだくさんです。途中で「ヤマネ」らしき小動物の動く草ずれ?の音がしていた。写真が撮れたら認定書もらえたのに残念。

【 竜宮小屋 ~ 見晴/弥四郎小屋 】 ・・・赤い尾瀬ヶ原??? 夕方の景色。
 竜宮小屋のベンチで昼食。日差しは真夏(今頃からが一番日差しは強いのだが)でも日陰は涼しそう(ものすごく少ない)。見晴を目指し出発。木々の間を越えると沼尻川に架かる橋。白樺を過ぎると弥四郎小屋を目指して一直線?
 こちらの「赤い湿原」が見られた?赤い水草を確認したのでコレが赤く見せている? 「カエルの卵」や「ザゼンソウ(色は違うけどララーの乗ったエルメスに似て・・ないか)」。
 太陽を背負って「弥四郎小屋」到着。チョッと早いけど宿帳に記入OK。14時から生ビール@700円で乾杯・・・至福の時。少し部屋で昼寝して起きたのが4時半。すると直ぐに入浴準備完了の放送。汗を流し、夕食は「はんば~ぐ!」を美味しくいただき7時には爆睡!

【 弥四郎小屋に宿泊 】 ・・・二日目の昼用お弁当注文。
 二日目のお弁当を注文して早々に爆睡。昨夜は車中泊で体が動かせず寝不足だった。若者は熱中症なのか体調不良で夕食リバース。ビタミン&ミネラルのゼリー摂取で就寝。
 天の川を見るために起きたのが丑三つ時!夏の星座も出そろい・・21.6の月までもいる。天の川は月明かりに消され・・・何だかな。すぐに寝る!

【 朝の弥四郎小屋 】 ・・・朝モヤは無し! 至仏山と燧ケ岳の山影。
 若者はすごい、朝は元気に完全復活!ホッと一息のメタボ本隊の二人。宿泊した13号室は朝の至仏山を独り占めできて最高の部屋でした。
 朝モヤ無しの尾瀬湿原ですが、初めてなのでスカッと山が見える方がうれしい。燧ケ岳の山影と至仏山を一緒に撮れる幸運?はモヤがあったら無理かな?
 朝食の「鮭」は山小屋定番ですね。御昼のお弁当を受取り出発準備。今日も晴れ!

【 見晴 ~ 燧ケ岳分岐 ~ 小沼湿原 】 ・・・段小屋坂は残雪多し。
 弥四郎小屋を出発して山道へ。燧ケ岳分岐でボッチ隊が入山。一人で怖くないのかな。とみていると雪が出てきた。この峠道も雪が沢山あった。踏み抜きが怖いけど、スリップ注意です。この辺りは良く分からないので「ワープ!」。

【 小沼湿原 ~ 浅湖(あざみ)湿原 ~ 尾瀬沼東岸 】 ・・・福島県領域。
 残雪の道をどうにか越してきた。チェーンスパイク使えば楽しかっただろうけど・・・使わなかった(木道を傷めるので気が引けた)。
 尾瀬沼東岸の売店でPET水@400円購入。お腹の弱い人には丁度良い価格? 少し休憩して発進。

【 尾瀬沼東岸 ~ 三平下/昼食 】 ・・・弥四郎小屋の御弁当、美味しかった!
 尾瀬沼の水面に一番近い道を三平下へ。残雪の道が普通にある。沼越しの燧ケ岳の写真撮り放題。でも今日は湖面が波立ち「逆さ燧ケ岳」は消えてしまった。
 三平下に着き、ベンチで弥四郎小屋のお弁当をいただく。少し硬めのおにぎりが丁度いい。いなりずしの油っ気ものど越しがいい。魚肉ソーセージ小は御土産にした。

【 三平下 ~ 三平峠 ~ 一之瀬 】 ・・・残雪行軍!
 三平峠の情報は少なく「峠を越えたら雪がない」との情報のみ。チェーンスパイクを持って来ているので「三平下」から装着して行けばいいのに、ここでも付けず。悪戦苦闘して三平峠に到着。ここからは雪が無いはずなのに木道や地面が全く見えない・・・絶句。峠で水休憩して発進!少し気が抜けていたのか「踏み抜きひとつ」やってしまった。踏み跡のある雪面でも危険なんですね勉強になりました。
 クマザサが段々立ってきたら雪が無くなりました。風も暑くなってきた。樹林地帯抜けた南面の階段に出ると「雪無しの春?初夏」でした。 そこから一之瀬までの下りは地味に苦行でした。

【 一之瀬 ~ 大清水BS ~ 鳩待乗継BS 】 ・・・乗合タクシー同額。
 三平橋は無駄に広く?曲っている特徴のある橋でした。すぐに一之瀬休憩所があり、ハイシーズンには此処までタクシーがあるとか。今日は時期じゃなかった。トイレの神様100円に挨拶して、大清水までメタボ隊標準速度で降下一時間くらい。
 大清水で水分補給。乗合タクシーが人数を集めるのが早いか、定期バスが早いかの戦いが静かにありました。3時のバスの勝ちでした。バスに乗車して鳩待乗継BS。そこから尾瀬第一駐車場へ。


 初めての「尾瀬ケ原、尾瀬沼」。知識としては「水芭蕉」くらいで、至仏山は聞いたことある。燧ケ岳(ひうちがたけ)は読めない。見晴(みはらし)は「みはれ」と読んでいたし。「ザゼンソウ」は全く知らなかった。次は「至仏山」に登りに来るのか?「燧ケ岳」はメタボ隊にはチョッとキツイかな。
 尾瀬にも「キスゲ」が咲くらしい。「ニッコウキスゲ?」「オゼキスゲ」かな。この黄色い花は全面に咲く処は見てみたい。それと「いて座の天の川」も。

登山中の画像
登山画像
25-0604 乗合タクシーで人数が集まると随時発車。
登山画像
25-0647-1 尾瀬ヶ原に種を持ち込まない!人工芝…
登山画像
25-0650 至仏山。
登山画像
25-0735 スリップ注意とは、ここじゃなくて。
登山画像
25-0739 雪道から木道に踏み出す、第一歩目の事…
登山画像
25-0741-1 第一水芭蕉発見!
登山画像
25-0750 だんだん尾瀬らしくなってきた?
登山画像
25-0811 山の鼻ビジターセンター(中央)に到着…
登山画像
25-0844 「赤渋あかしぼ」積雪クロマトグラフィ…
登山画像
25-0847 研究見本園からの至仏山。
登山画像
25-0902 至仏山と歩荷さん1。夕食と朝食の材料…
登山画像
25-0906 振返ると至仏山。枯葉の色が???
登山画像
25-0910 水芭蕉と小川だけど???今の時期の尾…
登山画像
25-0918 逆さ至仏山。無風状態でも気持ち良い。
登山画像
25-0920 木道の間に水芭蕉。花の先が霜げて(方…
登山画像
25-0950 尾瀬ヶ原のドライアイ?八幡平はドラゴ…
登山画像
25-0953 歩荷さん3と橋。そんなに飲めないよ。
登山画像
25-0956 チョッと逆さ至仏山。風が少し出てきた?
登山画像
25-1005 牛首分岐
登山画像
25-1046 「下の大堀川」へ左入ル!
登山画像
25-1047 逆さ写真家軍団。
登山画像
25-1050 風が無ければ逆さ至仏山のポイント。よ…
登山画像
25-1100 北側の与作岳?方向。湿原が黒い!
登山画像
25-1103-1 尾瀬ヶ原の消火栓?チョッと壊れてん…
登山画像
25-1123 湧水では無く「竜宮現象」と言うらしい…
登山画像
25-1129 リュウキンカ?発見。
登山画像
25-1133 竜宮小屋が見えてきた。
登山画像
25-1137 あれ?竜宮城が消えてきた。カメラが熱…
登山画像
25-1226 竜宮小屋。第三トイレの乙姫様100円。…
登山画像
25-1229 沼尻川に架かる橋。
登山画像
25-1241 赤い水草?
登山画像
25-1242 タピオカ?
登山画像
25-1243 思えば遠くに来た~!
登山画像
25-1248 ザゼンソウ
登山画像
25-1249 赤と黒と枯葉色。赤い水草で赤く見える…
登山画像
25-1301 見晴(みはらし)が見えた!
登山画像
25-1302 振返ると。至仏山が小さい。
登山画像
25-1304 弥四郎小屋に到着、今日はこれで終了。…
登山画像
25-1416 この時間から生ビール!
登山画像
25-1436 雲一つ無い快晴?ひとつ雲?
登山画像
25-1436-1 ジェット機でした。飛行機雲も出来な…
登山画像
25-1634 夕食朝食は第1班で。消灯21時?メタ…
登山画像
25-1717 陽が傾くと夕食だ!
登山画像
25-1723 綺麗なお姉さんと一緒の弥四郎小屋夕食…
登山画像
25-1753 ホワイトウォーズ(ペルソナはブラック…
登山画像
25-1758 西日の弥四郎小屋。13号室がメタボ隊の…
登山画像
25-1814 白樺と至仏山と綺麗なお姉さん。次の日…
登山画像
26-0505 そして朝となった。 至仏山と燧ケ岳の…
登山画像
26-0532 うむ。やはり朝は鮭と海苔だな。 ♪♪レ…
登山画像
26-0545 一番席の隣には・・・みつお&老夫婦?…
登山画像
26-0551 正調「至仏山」。
登山画像
26-0551-1 反射「至仏山」。
登山画像
26-0605 おっと、弁当忘れるとこだった。あぶね…
登山画像
26-0633 メタボ隊 発進!
登山画像
26-0633-1 振返り「至仏山」。またね~!今日は…
登山画像
26-0635 尾瀬沼へGo!
登山画像
26-0648 燧ケ岳分岐。その日傘は小池印の・・・?
登山画像
26-0708 片方落ちてる橋。
登山画像
26-0733 残雪道の始まり。
登山画像
26-0800 吹き溜まりのヤセ雪尾根、危険です。
登山画像
26-0815 湿原が見えた!最後の急坂。
登山画像
26-0818 ここスリップポイント!注意です!
登山画像
26-0821 キャトルミューティレーションの羊の群…
登山画像
26-0829 白砂湿原?
登山画像
26-0831 また雪道出現。積雪が多いけど暑い?寒…
登山画像
26-0851-1 沼尻平分岐。あれに見えるはトイレ?…
登山画像
26-0857 尾瀬沼と南岸コースが見える。
登山画像
26-0923 ・・・ワープ中・・・
登山画像
26-0933 雪が無くて良かった。
登山画像
26-1008-1 浅湖湿原?から燧ケ岳。
登山画像
26-1013 浅湖湿原最後の雪道
登山画像
26-1018 奥の道は福島県側へ。
登山画像
26-1021 ワタスゲ
登山画像
26-1027 燧ケ岳と水芭蕉
登山画像
26-1031 長蔵小屋売店と、後ろはトイレの神様10…
登山画像
26-1034 爽健美茶を購入。お腹の弱い人にはあり…
登山画像
26-1048 釜ッ掘り付近の水芭蕉。
登山画像
26-1051 赤星マークでスリップしたYOU。
登山画像
26-1055 尾瀬沼と燧ケ岳。
登山画像
26-1111 三平下に到着。
登山画像
26-1118 弥四郎小屋特製「お弁当」。おにぎり美…
登山画像
26-1148 飛行機雲が・・・。尾瀬には似合わない。
登山画像
26-1150-1 三平下発進! ここから雪道が続くと…
登山画像
26-1152 チェーンスパイク持って来てるのに。無…
登山画像
26-1202-1 振返ると景色は良いんだけど・・・
登山画像
26-1212 平らになり撮影開始。
登山画像
26-1215 三平峠。情報ではこの後は雪無し・・の…
登山画像
26-1221 雪、あるじゃん!
登山画像
26-1232 やっと雪道から解放される。熊笹が立っ…
登山画像
26-1237 ここから様子が芽吹きの春に!
登山画像
26-1301 木道終了!
登山画像
26-1332 きれいな花。
登山画像
26-1332-1 保護区域脱出!尾瀬楽しかったよ。
登山画像
26-1335 振返り。三平橋は無駄に広い。
登山画像
26-1336 一之瀬休憩所に到着。トイレの神様100…
登山画像
26-1414 途中で抜かれる。
登山画像
26-1448 ゴール間近。
登山画像
26-1449 乗合タクシー。
登山画像
26-1504 バスを利用。3時迄に人が集まらず。
登山画像
26-1512 尾瀬第一駐車場に近いBSで下車。
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 尾瀬沼ビジターセンター~燧ヶ岳
    尾瀬沼ビジターセンター
    ニッコウキスゲが大江湿原で咲き始め。燧ヶ岳は御池新道には200mほど残雪がありますがアイゼン不要
    19年07月12日(金)
    山ノ鼻ビジターセンター~至仏山
    山ノ鼻ビジターセンター
    尾瀬ヶ原の現在の主役はヒオウギアヤメとカキツバタです。ニッコウキスゲは、あと1週間ほど先
    19年07月11日(木)
  • 原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    尾瀬ヶ原でニッコウキスゲ、ヒオウギアヤメが咲き始めました。朝晩はまだ肌寒いので、薄いダウンやフリースがあると安心です
    19年07月04日(木)

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 3人目のモニターは、雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...