登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
丹沢20190601_主稜・主脈縦走(檜洞丸~蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳~大倉) 丹沢山、蛭ヶ岳、塔ノ岳、檜洞丸(関東)
img

記録したユーザー

やまやま@ さん

この登山記録の行程

西丹沢自然教室(08:20)・・・ツツジ新道入口(08:25)・・・ゴーラ沢出合(08:50)・・・展望園地(09:20)・・・石棚山稜分岐(10:10)・・・檜洞丸(10:25)[休憩 10分]・・・金山谷乗越(11:05)・・・臼ヶ岳(11:45)[休憩 15分]・・・蛭ヶ岳(13:00)[休憩 15分]・・・棚沢ノ頭(13:50)・・・丹沢山(14:30)[休憩 5分]・・・塔ノ岳(15:30)[休憩 5分]・・・金冷シ(15:40)・・・花立山荘(15:50)・・・茅場平(16:10)・・・小草平(16:30)[休憩 10分]・・・駒止茶屋(16:50)・・・雑事場ノ平(17:10)・・・観音茶屋(17:25)・・・大倉(17:45)

総距離 約21.0km 累積標高差 上り:約2,495m
下り:約2,749m
コースタイム 標準:12時間45分
自己:8時間25分
コースタイム倍率 0.66
初の蛭ヶ岳。

消耗戦になりました。さすが、すんなりとは踏ませてくれません。
そして、天気もよろしくなかったので、終始、展望が得られませんでした。
それでも、急勾配を越えて蛭ヶ岳山頂に登り切ったときはとっても爽快でした。

次回の蛭ヶ岳は、小屋泊活用で朝夕日や星空など、ゆっくり展望を楽しみたいところです。


①西丹沢ビジターセンター~檜洞丸
ツツジ新道を使いました。以前、下山路で使ったことがあったのですが、その時の印象と逆で、道は広く歩きやすかったです。シロヤシオがまだあるみたいで、登山者の方々は多かったです。

②檜洞丸~蛭ヶ岳
蛭ヶ岳直前までは道の危険度は少ないものの、いくつかのアップダウンと臼ヶ岳越えが、檜洞丸登攀後の身体にはかなり応えます。そんなところに最後の登攀が急激にやってくるので、かなり消耗しました。

③蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳~大倉
東側とうってかわって、気持ちのいい道でした。ただ、ここまで歩いてきた体ではなんのこともない登りもながーく感じられました(塔ノ岳山頂までの上り階段など)。大倉までの下山中、おなかがすきすぎてなのか目が回りそうに・・・。シュガーナッツで事なきを得ました。


その他、15:00 以降でも、上りの人とすれ違うことが多かったです。
(当日の帰りの大倉バスの時間を話している人もいました・・・大丈夫かな?)

登山中の画像
登山画像
新松田駅北口1番乗り場から。小田原からの小田急…
登山画像
西丹沢ビジターセンター駐車場は満車で道沿いに…
登山画像
県道を上り
登山画像
ツツジ新道から入りますゴーラ沢まではゆるやか…
登山画像
ゴーラ沢出合いここを超えるとひたすら登りに入…
登山画像
石棚山稜方面(を撮ったのだと思われる・・・)
登山画像
檜洞丸山頂
登山画像
ここからいよいよ蛭ヶ岳へ
登山画像
青ヶ岳山荘
登山画像
源蔵尾根合流遅延ここまで、檜洞丸直下を一気に…
登山画像
蛭ヶ岳直下までであれば、道そのものの危険個所…
登山画像
蛭ヶ岳東側と異なり、尾根道は森林に囲まれてい…
登山画像
神ノ川乗越ここから臼ヶ岳へかけあがります。疲…
登山画像
臼ヶ岳山頂は鬱蒼としていますが広く、ベンチが…
登山画像
本ダルミを過ぎて、
登山画像
いよいよ蛭ヶ岳へ。ここからおよそ1km。高低差約…
登山画像
急激に勾配が上がります。鎖+ザレ+岩場+急勾…
登山画像
下り登山者や後続登山者もそこそこいるので落石…
登山画像
まだそんなにあるのか・・・
登山画像
天気が・・・(´・ω・`)
登山画像
危険個所を抜けて最後の上り。
登山画像
山頂に到着!!
登山画像
何も見えませぬ・・・。
登山画像
次回は姫次コース使ってみようかしら
登山画像
案内板が床板に使われてました。
登山画像
蛭ヶ岳山荘を後にして
登山画像
丹沢山へ
登山画像
東側の尾根道は西とうってかわって快適です
登山画像
鬼が岩魔界へすいこまれそう
登山画像
不動ノ峰
登山画像
不動ノ峰休憩舎
登山画像
丹沢山みやま山荘です。
登山画像
少し休んで塔ノ岳へ
登山画像
塔ノ岳疲労ピークの中、直前の上りがきつかった…
登山画像
あとは大倉へ
登山画像
ようやく人里
登山画像
大倉到着!長かった旅のゴールです。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
【その他】 水3L、行動食(ナッツ 3袋 1,500kcal)、パン8個(バターロール、ソーセージマヨ)
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

やまやま@さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

やまやま@ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年10月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!