登山記録詳細

ハイキング
参考になった 4
丹沢主稜(塔ノ岳〜檜洞丸)ワンデイハイク 塔ノ岳 ~檜洞丸(大倉バス停~西丹沢ビジターセンターバス停)(関東)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん
  • 日程

    2019年6月2日(日)

  • 利用した登山口

    大倉   西丹沢自然教室  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き
    新宿05:00(小田急各駅停車)~06:17伊勢原06:19~06:33渋沢06:40ごろ(神奈川中央交通バス)~06:50ごろ大倉着
    ※カナチュー(神奈川中央交通)が始発より早い臨時便を出してくれたため、予定より早く大倉着。
    帰り
    15:40西丹沢ビジターセンター~16:43ごろ小田急新松田駅16:47(小田急快速急行)~18:09新宿駅

  • 天候

    終日予報どおり曇天、ガスあり。
    [2019年06月02日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大倉(07:08)・・・観音茶屋(07:27)・・・雑事場ノ平・・・駒止茶屋(08:00)・・・小草平(08:12)・・・茅場平・・・花立山荘(08:42)・・・金冷シ(08:52)・・・塔ノ岳(09:03)[休憩 17分]・・・丹沢山(10:01)・・・棚沢ノ頭(10:35)[休憩 3分]・・・蛭ヶ岳(11:06)[休憩 27分]・・・臼ヶ岳(12:19)[休憩 3分]・・・金山谷乗越・・・檜洞丸(13:27)[休憩 15分]・・・石棚山稜分岐(13:49)・・・展望園地・・・ゴーラ沢出合(14:34)[休憩 2分]・・・西丹沢自然教室(15:04)

総距離 約20.9km 累積標高差 上り:約2,755m
下り:約2,502m
コースタイム 標準:13時間20分
自己:6時間49分
コースタイム倍率 0.51
■丹沢は人が多すぎるから苦手で、大倉尾根では様々なハイカーに驚かされる。それは旅先で車を運転するのに似ていて、ウインカーを出さずに曲がってゆく車に唖然とし、前を走る車のウインドーからゴミが投げ捨てられあわててハンドルを切るのとおんなじだ。伸ばしたストックを横に持って振りながら歩く先行者に、「ストック、横に持ったら危ないですよ!」と声をかけて周囲を凍りつかせ、団子状態を抜け出して本日の山行開始。20年以上前、同じコースを(たしか)同じような時間にスタートして、14時40分の西丹沢自然教室(現・西丹沢ビジターセンター)のバスに間に合った記憶がよみがえる。
■塔ノ岳まではペースを抑えるつもりが抑えられず、2時間弱で到達。頂上ではすでにボロボロで、写真を撮りSNSに書き込みしながらトレイルミックスを口にし一服する。同じ道を下る誘惑に後ろ髪を引かれながら丹沢山への縦走路に踏み出す。まだまだ先は長い。
■丹沢山までは平坦だと記憶していたが、地形図のとおりふたつの小ピークがあり上り下りで消耗する。木道と階段ばかりのトレッキングルートは自分の歩幅で歩くことができず、したがって全然体が柔らかくならず、バランスがおぼつかない。なにか山行前のイメージと違う。丹沢山山頂はそのまま通過する。
■丹沢山からは急降下でせっかく稼いだ標高を失ってゆく。ロープや鎖はお守り代わりだから横に置いたまま前を向きながら下れるが、ザレているのでピッチが上げづらい。階段の下りで疲弊し上りで筋肉がこたえる。
【ただし、丹沢山~鬼ヶ岩~蛭ヶ岳は、急斜面の登降ながら目を見張るような風景が続く。北側斜面から上がってきたガスが、光景をよりドラマチックにしてくれていた】
■蛭ヶ岳は、山荘を通りすぎたテーブルのある広場で大休憩。3人の若者男子グループ、若者男女2人、ソロ1人。テーブルはあってもベンチがないので(贅沢はいいません。ありがとうございます)、みなテーブルの上に腰掛けたり足を伸ばしたりして昼ごはんを摂っている。ツリそうな予感があるので入念にストレッチをし、食事を摂り、一服する。
■蛭ヶ岳から先、様子がちょっと変わり、やや荒れだす。この日は全行程ユニクロの半袖で通したが、行動停止時に汗が冷えてやや肌寒さを感じる以外は、弱い風のある曇天にもかかわらずぴったりだった。しかしこのセクションではイバラのある植物がトレイル上に枝を伸ばし、おかげで散々引っかき傷をつくった。着古した長袖の着用を強くお勧めする。臼ヶ岳から金山谷乗越までの崩壊地の連続は、山にも「寿命」があることを教えてくれる。ハシゴを架け桟道を渡すご苦労はどれほどのものだろう。
■檜洞丸は丸い山頂がニセピークを作り出し、三度くらい「まだ先か。。。」のショックを味わった。金山谷乗越からは300mの登りがある。淡々と登りたいところだった。ピークの手前、青ヶ岳山荘でコーヒーでもいただこうと立ち寄ったところ(ここまでおにぎりとトレイルミックスとハイドレーションのアクエリアスのみ)、山ガールグループの女子と話しこんでしまい、15分の休憩。山荘のご婦人が話す(西丹沢ビジターセンター)バス発車時刻は現地情報やネット情報とは異なるので要注意。
■檜洞丸からの下りは全体的にザレており、足さばきに注意を要する。ゴーラ沢の渡渉は、尾根から降りてきて河原に出た地点からはるか左下方に赤テープがあるのでじっくり観察したほうが良い。夕闇時や人が少ない季節などは、地味ながら難所になると思う。
■檜洞丸から1時間20分で15時04分に下山目標地点のバス停着。14時40分発には到底間に合わなかった。残念ながら缶ビールを見つけられなかったので、コーラでガマン。

登山中の画像
登山画像
当日は「ボッカ駅伝」?大会が開催された模様。…
登山画像
塔ノ岳山頂直下の西側に開けた展望地。曇天のう…
登山画像
塔ノ岳山頂。
登山画像
塔ノ岳から丹沢山へ。階段と木道の連続でマイペ…
登山画像
丹沢山山頂。
登山画像
不動ノ峰。
登山画像
棚沢ノ頭。
登山画像
鬼ヶ岩から蛭ヶ岳をのぞむ。さかんに吹き上げる…
登山画像
中ノ沢乗越の小さな標識。
登山画像
蛭ケ岳山頂。
登山画像
臼ヶ岳で鋭角に右に折れる。
登山画像
神ノ川乗越。
登山画像
金山谷乗越を過ぎてすぐあらわれる「源蔵おね」…
登山画像
檜洞丸山頂。
登山画像
ゴーラ沢に降りる。対岸のルートは写真のはるか…
登山画像
西丹沢ビジターセンター。昔の地図だと「西丹沢…
この山行での装備
【その他】 サレワのトレランシューズ。テスラのタイツ、モンベルのショートパンツ。行動中は全行程ユニクロの半袖、軍手。モンベルのヘルメット(蛭ヶ岳以降着用)。ザックはロウアルパインの22リッターに、雨具・ロールペーパー・バッテリー充電器・ヘッドランプ・カロリーメイト2本おにぎり2個・トレイルミックス・ココヘリ発信機。キャメルバックのハイドレーションに薄めのアクエリアス2リッター(残量500cc)・冷却スプレー(使用せず)など。スタート時重量6.5kg。
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年10月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!