登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
禅頂行者道(茶ノ木平→薬師岳→夕日岳→地蔵岳→古峯神社) 茶ノ木平、細尾峠、薬師岳、三ツ目、夕日岳、地蔵岳、ハガタテ、古峯神社(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2019年6月1日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:大崎4:30→山手線→上野5:54~6:10→宇都宮線→宇都宮7:51~59→日光線→日光7:44~57→東武バス→中禅寺温泉8:42

    復路:古峯神社14:35→リーバス→新鹿沼15:37~46→特急スペーシア新宿行→新宿17:19~28→山手線→目黒17:40

  • 天候

    曇り
    [2019年06月01日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

中禅寺バス停8:45→茶ノ木平登山口8:48→茶ノ木平9:19~23→※近道通行止→明智平細尾峠方面標識9:28→明智平分岐9:33→1618.0m三角点9:36→篭石9:39→細尾峠10:12→薬師岳1420.1m10:39~48→薬師の肩10:50→三ツ目1483m11:30→夕日岳1526.1m11:42~55→地蔵岳1483m12:12→ハガタテ平12:27~31→水場12:34→荒れた林道12:50→林道出口13:15→古峯神社バス停13:23

合計4時間38分


総距離 約15.7km 累積標高差 上り:約1,073m
下り:約1,667m
6月1日(土)は、以前古峯神社から夕日岳に登った時に、そのうちやろうと思ってずっと放置していた中禅寺温泉から古峯神社への縦走にチャレンジして来ました!

ここは、距離が20キロ以上ありそうな気がしてたんですが、実際は15キロちょいしかなく、道も下り基調で良く整備されていたので、思ってたよりかなり楽でした。目標を14時半のバスにして行ったら、1時間以上前に着いてしまいました。

まあ、日光東照宮から中禅寺湖に一気に登るルートがメジャーになる前の、ゆるやかな尾根づたいに延々と登って行く修験道の古道がベースになっているので、歩きやすいのは当然かも知れません。

スタート地点の中禅寺温泉バス停には東武日光かJR日光駅からバスで行きます。今回はJRの方が1本早いバスに乗れるので日光まではJRで行きました。それで8時42分中禅寺温泉着。自販機で水分補給して45分スタート!

ゲッ、日光レイクサイドホテル前バス停の方が近かった!でも自販機まで戻らなくちゃならないから一緒かぁ~。

でもそれはたいしたことではなく、バス停から3分で茶ノ木平登山口に到着。いきなり登り始めます。

茶ノ木平の登山道は、実は積雪期にスノーシューでしか登ったことがなくて、その時えらい急で大変な道だな~て思ったのですが、実は道を外して尾根をよじ登っていただけで、今回本当の登山道はもっとゆるやかで楽なんだということを発見しました。

その分、結構まわりくどい登り方をしていて、意外と時間がかかって、9時20分到着。

ここで早くも問題発生!

細尾峠方面に行く道は、ロープが張られて通行止になっていて、しかもご丁寧に標識の文字が折られて、道の存在そのものが否定されている!

この場合いったいどうすべきか?一旦男体山と白根山の写真を撮りに行って、気分を落ち着かせてから良く考えます。

でもそれも面倒なので、何とかなるだろうの精神でロープをくぐって進むと、すぐに左手に怪しい分岐が!たぶんこっちだろうと適当な判断で進むと、またすぐに小さな沢に突き当たり、それを渡ったところで見事に道が崩落していた!
通行止のロープが張られていた理由はこれだったのか-!と勝手に納得して先に進むと、明智平&細尾峠方面に行く標識が出てきました!さらに進むと明智平と細尾峠の分岐点の標識も!めでたしめでたし。

で、ここから下りの一本道になるわけですが、あんまりおすすめできる道でもないので、面倒を避けるために明智平からロープウェイを使ってここまで来た方が良いかも知れません。

茶ノ木平から来るとわかりにくいです。

明智平分岐を過ぎると、すぐに今日の最高値点である1618.0mの三角点があり、もう少し進むと、篭岩という岩の上に石像が乗っている大岩があります。

篭岩を過ぎると細尾峠まで何もなくなります。送電線鉄塔2本とテレビアンテナがあることはあるのですが、地図に印がないので現在位置の確認には使えません。

細尾峠には10時12分到着。茶ノ木平から50分かかりました。最初のうち道を探しながらおっかなびっくり進んでいたので、それがなければ10分ぐらい早く着けていたんじゃないかと思います。細尾峠は日光と足尾をつなく道に立派なトンネルが出来た関係で使われなくなった旧道が通っている峠で、こういった道は通常、車通行止になっていることが多いのですが、ここは一般車両も入れるみたいで、登山者の車が数台停まっていました。

まあ薬師岳・夕日岳・地蔵岳の三山に登るには、ここからピストンした方が、古峰ヶ原からピストンするより楽なのかも知れません。

細尾峠を越えると、しばらくやせ尾根の上下が続いた後、今日一番の急登である薬師岳の登りがはじまります。とは言っても茶ノ木平の約300mの登りを登っただけであまり体力を使っていないので、30分弱で到着。

薬師岳の山頂は三角点と山頂標識があるだけの、特に展望が良いといったこともない場所なんですが、中禅寺温泉バス停を出てから2近くたっているので、今日最初の休憩をとります。

休憩後、薬師岳から南に下ると、まず最初に薬師岳の肩という場所に着きます。昔の縦走路は薬師岳山頂を巻いていて、山頂へはここからピストン往復してたみたいなんですが、今はその巻き道は無くなっていて縦走路は山頂を通っているので特に意味のある場所ではありません。

薬師岳の肩から夕日岳への分岐である三ツ目へは、途中にランドマークになるような物はないのですが、緩やかな上り基調の軽いアップダウンが続きます。そして最後に、やや長い急坂を登りきると三ツ目に着きます。薬師岳から約40分ぐらい。

三ツ目から夕日岳は、縦走路から離れて、あまり傾斜のキツくない吊り尾根を軽く下って軽く登り返すと12~13分で着きます。

夕日岳には11時42分到着。中禅寺温泉バス停からちょうど3時間といったところです。ここで2度目の休憩をとります。

夕日岳の山頂は西側が刈り払われていて、男体山や白根山などの日光の高い山が一望できるはずだったのですが、雲がかかってしまい近場の山しか見えませんでした。

夕日岳から先ほどの三ツ目に戻り、次は地蔵岳を目指します。三ツ目から地蔵岳はすぐで10分かからず、山頂には日光を開山した勝道上人の像とされる石仏があります。

地蔵岳から最後に古峯神社への分岐であるハガタテ平を目指します。地蔵岳からハガタテ平への下りは、南に大きく下ってから西に向かうという変則的な下りで、傾斜が急で道も狭いので意外と時間がかかります。でも再び緩やかな尾根に戻って鞍部まで下ると分岐の標識があります。

ハガタテ平から先へ少し登ったところにハガタテという山頂があるらしいので行ってみたら何もありませんでした。

ハガタテ平を12時半に出発して古峯神社を目指します。頑張れば行者岳を越えて古峰ヶ原湿原まで行けるかなという気もしたのですが、15時45分のバスに間に合わないと帰りが夜中になってしまうので、今回はあきらめました。

ハガタテ平から下り始めるとすぐに水場として使えそうな沢の源頭部に出ます。そこから沢沿いに2~3回沢を渡り返しながら下って行くと、山道はやがて荒れた林道になり、荒れた林道は未舗装ながらも車が走れるぐらいの林道になり、車やバイクの音が聞こえてきて、左手に古峯神社の庭園を臨むようになると、ほどなく古峯神社と古峰ヶ原高原を結ぶ車道に出ます。ハガタテ平から45分ほど。お疲れ様でした。

あとはその車道をダラダラ下って行くと、右手に広い古峯神社の駐車場が見えてきて、土産物屋が立ち並ぶ
古峯神社の入口に着きます。バス停はもう少し先の右側。13時23分着。中禅寺温泉バス停から約4時間半で着きました。

バスの時間まで1時間以上あるので、古峯神社に参拝して、土産物屋で昼飯を食べて行きます。

どこの店でも良かったのですが、一番有名そうな「天狗屋」という店で、鹿沼名物らしい「にらそば」なるものを食べてみました。

これは想像してた通りの、そばの上に茹でたニラが乗っているだけの超シンプルな食べ物で、蕎麦が手打ちで結構美味しかったのでそこそこ美味しくいただけたのですが、仮にテレビの山奥僻地系グルメ番組とかで出されても「うめ~」と言ったら嘘っぽくなるし、食レポのしようのない食べ物かも。

どうせニラ使うなら鹿沼ニラ餃子とかの方が…。

そんな感じでバスの時間まで時間を潰し、鹿沼市営のリーバスで東武の新鹿沼に行ったら、ちょうど新宿行のスペーシアがあったので、栃木あたりならともかく鹿沼から各駅乗り継いで帰るのは大変なので、それに乗って帰りました。18時前に目黒に着いてしまった。

日光路線バス - 東武バス
http://www.tobu-bus.com/pc/area/nikkou.html

古峯ヶ原古峯神社
http://www.furumine-jinjya.jp/

はじめまして!古峯神社門前 天狗屋です!
https://ameblo.jp/1098keiko/entry-12367884248.html

鹿沼市リーバス:古峰原線
https://www.city.kanuma.tochigi.jp/manage/contents/upload/5c847fb5dca17.pdf

登山中の画像
登山画像
JR日光駅前から湯元行のバスに乗る。6月でそろ…
登山画像
中禅寺温泉でバスをおり、自販機でジュースを飲…
登山画像
ゲッ、日光レイクサイドホテル前の方が近かった…
登山画像
バス停から3分で茶ノ木平登山口に到着。
登山画像
標高が結構高いのでまだシロヤシオが咲いている。
登山画像
アカヤシオも咲いている。
登山画像
茶ノ木平の標識のとこに到着!でも細尾峠方面の…
登山画像
標識が折られているだけじゃなく、ロープが張ら…
登山画像
どうするか考えながらとりあえず雲に半分隠れた…
登山画像
この時点ではまだ日光白根山も見えました。すぐ…
登山画像
シャクナゲの花が咲いていた。たぶんロープウェ…
登山画像
意を決してロープをくぐり、すぐ左折して小さな…
登山画像
頼りな気なテープを目印に、笹薮の中の細道を進…
登山画像
でもなんとか細尾峠&明智平方面分岐に到着。
登山画像
続いて、細尾峠と明智平の分岐に到着。
登山画像
アルプスとか皇海山にたくさんあるヘッドライト…
登山画像
1618.0m三角点に到着。道を間違ってなさそうだ!
登山画像
篭石到着。
登山画像
下るに従って山ツツジが多くなってくる。
登山画像
送電線鉄塔の下通過!
登山画像
山ツツジの道を行く。
登山画像
テレビアンテナ通過。
登山画像
2つ目の送電線の下通過。
登山画像
細尾峠到着。
登山画像
細尾峠の標識!夕日岳としっかり書いてある!
登山画像
今までの笹薮とうってかわって、しばらくやせ尾…
登山画像
途中の道の崩壊箇所から足尾方面の眺め。
登山画像
そして今来た茶ノ木平方面の眺め。
登山画像
最後、急坂を登り切って薬師岳山頂到着。誰もい…
登山画像
薬師岳の標識。
登山画像
修験道の山らしく石祠がある。
登山画像
東の眺め。栃木の山は全然わかりませーん。
登山画像
南側のさっきと同じ足尾方面の眺め。
登山画像
山頂から少し下ったところにある薬師岳の肩。昔…
登山画像
薬師岳から夕日岳への道はマイナーコースながら…
登山画像
標高が上がるに従ってアカヤシオが復活してきた。
登山画像
当然シロヤシオも!
登山画像
三ツ目到着。夕日岳はここからピストン。
登山画像
夕日岳への道も非常に良い道です!
登山画像
夕日岳山頂到着。先客1名。日光の山が見える北…
登山画像
夕日岳山頂標識と三角点。
登山画像
でも雲がかかって日光の山は全然見えません。ま…
登山画像
次は地蔵岳へ。三ツ目まで戻ってすぐ。
登山画像
地蔵岳にある日光の山を拓いた勝道上人の石像。
登山画像
ハガタテ平到着。ここで曲がると古峯神社に下り…
登山画像
ハガタテ平の横のハガタテの最高地点あたり。何…
登山画像
ハガタテ平から下ってすぐある水場。
登山画像
沢沿いの道をどんどん下ると荒れた林道に出て、…
登山画像
そしてゲートを越えると、古峯神社と古峰ヶ原を…
登山画像
古峯神社到着!
登山画像
本殿は改装中でした。
登山画像
神社の前の一番有名そうな天狗屋に入る。
登山画像
そして鹿沼名物「にらそば」を食べる!味はご想…
登山画像
鹿沼市のリーバスで鹿沼駅方面へ。
登山画像
東武線新鹿沼駅到着。
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年6月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?