登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
同窓会山岳部2019-No.6 尾瀬 ミズバショウ(関東)
img

記録したユーザー

(まだない) さん


総距離 約23.4km 累積標高差 上り:約708m
下り:約700m
先週に引き続き7年連続10回目の尾瀬は同窓会山岳部定例山行。今回は参加者の顔ぶれにより出発地が分散したため、海に近い茅ヶ崎からのスタート。圏央道経由でほぼ予定どおり9:30頃には尾瀬戸倉に到着。事前の読みどおりスノーパーク駐車場に。東電小屋の同宿者によると4:00ごろには第一Pが満車になったそうだ。どうやらこの週からピークが始まったようで、読売旅行社のツアーが目に付いたがそれほど混んでいる感じはなく、山ノ鼻までの下りも尾瀬ヶ原も渋滞になるほどではなく、登山道の雪も残っていたのは1ヵ所だけでスムーズに下りることができた。ミズバショウの花は明らかに先週よりも増え、まさに見頃という感じ。開花が少し遅めの研究見本園も見頃を迎えていた。先週は見つけられなかったリュウキンカが竜宮辺りから先で盛んに咲いており、ショウジョウバカマやタテヤマリンドウもちらほらと加わって色とりどりだった。一方で下の大堀川の群生地では先週からあまり増えておらずちょっと物足りなかった。
宿はいつもの見晴ではなく東電小屋にしたが、これが正解。静かな環境で、部屋も男女別相部屋の予定だったが支配人の好意で一部屋にまとまることができ、ゆっくりと休むことができた。夜は雲が出てきたため星空は見られなかったが、神崎支配人の自然解説が楽しかった。
二日目は見晴経由で竜宮まで戻り、そこから混むであろう尾瀬ヶ原に別れを告げて長沢新道を登りアヤメ平経由で鳩待峠へ帰るルート。沢筋の八木沢道は雪が多そうなので避けたのだが、ここも長沢頭の少しした辺りから先は雪があり、所々木道が出ているところでは何度も足を滑らせて転倒する者がいてひやひやした。けががなく無事に下りてこられてほっとした。残念ながらこちらのルートは花はまだまだこれからというところだが、人も少なく、雪の上を歩くのが楽しかったという初参加者の声もあったとおり、なかなかいいルートだった。

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

(まだない)さんの登山記録についてコメントする

(まだない) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雪のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年3月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中
黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中 山麓の街、長野県小諸市内の歴史と食を楽しみ、翌日は浅間山の絶景が見える黒斑山へ。街と山を満喫した2日間のモニターレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。