登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
初めて歩いた中沢林道、カラスに絡まれた 中沢林道、金毘羅山、大洞山、大垂水峠、城山(関東)
img

記録したユーザー

釣り好き さん

この登山記録の行程

高尾山口駅(07:02)・・・朝食(07:03/07:10)・・・梅の木橋(07:34)・・・西山峠と中沢峠の分岐(07:49)・・・中沢林道(08:35)・・・中沢峠(09:16)・・・金毘羅山(09:31)・・・大洞山(09:47)・・・大垂水峠(10:19)・・・城山(11:36/12:35)・・・日影林道北東尾根分岐(12:42)・・・日影林道に合流(14:08)・・・時間調整で行ったり来たり・・・日影BS(14:30/14:43)===高尾駅(15:00)


総距離 約11.6km 累積標高差 上り:約856m
下り:約817m
 今日は南高尾の中沢峠コース(守屋地図「高尾山登山詳細図」2019年2月10日新版第1刷)を歩いてみることにした。まずは国道20号を梅の木平へ向かい、酒屋の角から左に入ってうかい鳥山の前を通る中沢峠に至る道。ずっと中沢川に沿っていて、やがて民家が尽きると中沢林道になる。守屋地図(前出)では右側の山に登って大垂水林道に至るルートが破線で示されているので行きたかったが分岐を見逃してしまったようだ。
 杉林の中、何だかカラスがうるさいなと思ったら自分がターゲットにされていた。後をついてくるだけでなくずっと大声でカーカー鳴き喚き、興奮しているのか威嚇のつもりか木をつついてカッカッと音を立てる。危険を感じたので手頃な木の棒を持って急襲に備えた。せっかく誰もいない静かな山歩きと思っていたのに、とても落ち着いて草花を眺める雰囲気ではない。10分以上もカラスに付きまとわれて急ぎ足で中沢峠を目指す。
 やっとカラスの声が聞こえなくなって中沢峠に到着、ここはいつもの南高尾山稜。最初の急登をクリアーすると金毘羅山、一息ついて小休止。金毘羅山から大洞山は近い、10分程で到着。ヤマオダマキの花はとっくに終わったようだ(ツボミを見たのが4月23日なので当たり前か)。大垂水峠に向かう途中、ササバギンランとかギンランの標識だけが虚しく残っている。中には今年のものも、良き目印になってしまったのだろうか。尾根道から右へ下ったところで大垂水林道に降りる。直ぐに20号に出て大垂水峠に至る。
 大垂水峠から城山へ、ずっと登りが続く。花が枯れ落ちる寸前のワニグチソウを数株見つけた。まだ花の盛りでもおかしくない時期なのに、今年は異常なのか。本日の第一目標「ベニバナヤマシャクヤク」も終わっていた。ガッカリしてベンチのところでサイハイランを撮っていると後からカメラを持ったオジさんが来た。「少し遅かったですね」と声をかけると「そうですね」と苦笑いしてやっぱりサイハイランを撮っている。いつもあまり人に出会うことのない関東ふれあいの道だが今日は何人も行き違った(それでも10人もいなかったが)。きっと皆さんもガッカリしたに違いない。
 城山で昼食。あんまり歩いていないのに何だか疲れて天狗様のそばのテーブル席でボンヤリと鳥など眺めていたら1時間が過ぎていた。そろそろ帰ろう、日影林道の降り口でオバさんに「日影バス停に行く道はここだけ?」と聞かれて答えに詰まった。他にもいくつもあるし、一番近いのは北東尾根だし。でも間違わずに確実に行けるという意味では日影林道でいいだろうと思って「ハイそうですよ」と答えた。連れの方と何やら相談しているのを後に、北東尾根コースへ。
 北東尾根コース、日当たりのよいところは草木が繁って顔や手足に当たるが杉林のなかは歩き易い。このコースはあまり花との出会いはないのであまり期待していなかったがカンアオイを撮っていると近くにツボミを立ち上げているイチヤクソウを見つけた。周りを見渡しても花の咲いている株はない。今日は一足遅かった花ばかりだったのに、最後はまだ早すぎたとは。うまくいかないものですね。日影沢が近くなった頃、タマノカンアオイを見つけた。限られた場所にしかないと思っていたので思わぬところで見つけると嬉しい。バスの時間まで間があるので日影沢を渡って林道をウロウロしてから日影BSへ。

登山中の画像
登山画像
0701 高尾山口駅を出発
登山画像
0710 駅前で案内川を眺めながら朝食
登山画像
0713 高尾599ミュージアム前を通過
登山画像
0724 圏央道の高尾山IC
登山画像
0728 地下道を通ります
登山画像
0732 ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)
登山画像
0732
登山画像
0733 神奈中バスの梅の木平BS、相模湖駅行き
登山画像
0733 一日に3便しかありません
登山画像
0734 梅の木橋を渡ってもう少し国道20号を歩き…
登山画像
0739 酒屋「越後屋」の向こう側の角を左折します
登山画像
0744 もうヤマホタルブクロ(山蛍袋)が咲いて…
登山画像
0745 
登山画像
0749 ここを右へ行きます。真っ直ぐ行くと西山…
登山画像
0750 分岐には古い道標があります
登山画像
0750 シロツバメエダシャクか? 似た種類にウ…
登山画像
0752 これはホタルブクロ(蛍袋)です。ヤマ・…
登山画像
0753 ちょっと分り難いですが確かに付属体が認…
登山画像
0753 花自体はヤマ・・と区別できません
登山画像
0754 テイカカズラ(定家蔓)
登山画像
0754
登山画像
0755 高級割烹「うかい鳥山」の前を通過
登山画像
0759 セセリチョウの仲間。ヒメキマダラセセリ…
登山画像
0801 キショウブ(黄菖蒲)が咲いています
登山画像
0801
登山画像
0806 シャスターデージーでしょうか?
登山画像
0806 良く分かりません
登山画像
0812 イボタノキ(水蝋の木)
登山画像
0812 肉厚の花弁です
登山画像
0813 黄色いモミジイチゴ(紅葉苺)の実が並ん…
登山画像
0813 良く熟して美味しそうです
登山画像
0814 エゴノキ(野茉莉)の花が道一杯に散らば…
登山画像
0815 見上げるとまだ花が残っていました
登山画像
0820 サイハイラン(采配蘭)
登山画像
0824 今日はなんとかキレイに撮れました
登山画像
0828 マタタビ(木天蓼)の葉が白くなっていま…
登山画像
0830 ニシキウツギ(二色空木)が満開
登山画像
0830 時間が経つと赤く変わります
登山画像
0835 中沢林道
登山画像
0845 ウリノキ(瓜の木)が開花
登山画像
0846 形が面白くて好きな花の一つです
登山画像
0848 これは何でしょう。たくさん目に付くので…
登山画像
0853 しつこく絡んできたカラス。健気なお母さ…
登山画像
0906 テングチョウが集団発生してたくさん飛び…
登山画像
0907 中沢峠を指し示す標識がありました
登山画像
0910 山道を少し登ると・・
登山画像
0916 中沢峠に着きました。ここからは南高尾山…
登山画像
0918 これはキアシドクガ
登山画像
0923 イナモリソウ(稲森草)
登山画像
0931 金毘羅山に着きました
登山画像
0931 給水して小休止
登山画像
0947 大洞山
登山画像
0948 ヤマオダマキ(山苧環)の花はもう終わっ…
登山画像
0955 赤馬(アコウマ)分岐。直進すれば赤馬、…
登山画像
1009 尾根から右へ降りて行きます
登山画像
1011 右に林道に降りる小道があります
登山画像
1012 すぐに林道に降り立ちました
登山画像
1013 大垂水林道を少し下れば
登山画像
1014 右下には国道20号
登山画像
1016 車止めゲート。人は左隅が通れます
登山画像
1019 いつもと違って大垂水峠橋の下を潜ります
登山画像
1020 階段を登ります。城山まで1.8km
登山画像
1046 ワニグチソウ(鰐口草)がありましたが・・
登山画像
1047 もう花は枯れ落ちる寸前でした
登山画像
1049 ワニグチソウの葉
登山画像
1100 ベニバナヤマシャクヤク(紅花山芍薬)も…
登山画像
1112 サイハイラン
登山画像
1112
登山画像
1112
登山画像
1118 大平林道(右折)の分岐を直進します
登山画像
1126 ヒメハギ(姫萩)の小株に一輪だけ咲いて…
登山画像
1126
登山画像
1134 メイン縦走路に合流
登山画像
1136 城山に着きました
登山画像
1141 暑かったので取り敢えずカキ氷
登山画像
1202 ウラギンヒョウモン♂
登山画像
1202
登山画像
1242 日影林道から北東尾根コース(左)に入り…
登山画像
1247 草木が繁って歩きにくくなってきました
登山画像
1312 木陰は歩き易い
登山画像
1328 カンアオイ(寒葵)があちこちに見つかり…
登山画像
1328 まだ花が咲いています
登山画像
1343 イチヤクソウ(一薬草)
登山画像
1344 こちらはまだツボミ。遅かったり早すぎた…
登山画像
1401 タマノカンアオイ(多摩の寒葵)がありま…
登山画像
1401 いろはの森以外で初めて見ました
登山画像
1408 日影沢を渡って日影林道へ
登山画像
1427 日影BSはもう直ぐです
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、傘、タオル、帽子、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、虫除け・防虫薬品類、非常食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、コッヘル
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

釣り好きさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

釣り好き さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年6月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?