登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
鷹ノ巣山(東日原登山口~奥多摩の急登「稲村岩尾根」に挑戦) 鷹ノ巣山(関東)
img

記録したユーザー

Virginia さん
  • 日程

    2019年6月2日(日)

  • 利用した登山口

    東日原  

  • パーティ

    2人 (Virginia さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅発7:10⇒R254⇒R463⇒県道179号線⇒青梅街道(都道5号線・45号線・R411)⇒日原街道(都道204号線)⇒東日原駐車場着9:10
    ※駐車場は「ねねんぼう」の木の看板が目印。
     20台弱駐車可、駐車場代500円/日

  • 天候

    薄曇り~曇り
    [2019年06月02日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

東日原(09:40)・・・稲村岩のコル(10:55)[休憩 5分](11:00)・・・途中(12:12)[休憩7分](12:19)・・・ヒルメシクイノタワ(13:00)[昼食休憩25分](13:25)・・・鷹ノ巣山(13:52)[休憩7分](13:59)・・・ヒルメシクイノタワ(14:25)・・・途中(14:55)[コーヒー休憩20分](15:15)・・・稲村岩のコル(16:05)・・・東日原(17:15)

総距離 約8.3km 累積標高差 上り:約1,362m
下り:約1,362m
コースタイム 標準:5時間10分
自己:6時間10分
コースタイム倍率 1.19
前回の御前山登山後に「奥多摩三大急登」なるものがあることを知り、「鷹ノ巣山」の「稲村岩尾根」が奥多摩一の急登であるらしいとのことで、今回挑戦することにしました。
駐車場から50m位上った右手に屋根付きの「東日原」バス停があり、男女別のトイレがあります(手前男性用:小便器・個室各1、奥女性用:洋式トイレ個室2、手洗い有、)。
登山道中にトイレはないのでここで済ませておくとよいでしょう
登山道は、確かに沢から離れるにつれ斜度が増していき、途中何度も息が上がりました。
「ヒルメシクイノタワ」は鞍部で広い場所はないのですが、13:00になっていたので、私たちはここで昼食を摂りました。
ここから次のピークが「鷹ノ巣山」山頂です。山頂は広くなっていますが、ベンチはありません。私たちが到着した時は、ガスで一面真っ白で眺望がなく残念でした。
東方から南方は開けているので、晴れていれば多くの山々が望めたことでしょう。
 下りは「稲村岩」を過ぎて沢の音が聞こえてくるとゴールが近づいて来ているのを感じます。最後は上りになりますが、足指の血行改善になりました(笑)。
 上りは4時間強、下りは3時間強で、合計7時間半と今年一番の長時間山行となりました。コースタイム倍率約1.2と遅いペースでも何とか到達することが出来て良かったです。

詳細は以下の通り。

【日原街道~東日原駐車場】
 青梅街道から日原街道に入ると道幅は狭くなります。奥多摩駅からの西東京バス路線バスのすれ違いのため、途中に交通整理員がいて、丁度バスが近づいてきたので停められますが必要な措置だと思いました。帰りは交通整理員はいなかったので、まだ明るくてもヘッドライトを点けて走行した方が良いでしょう。
 駐車料金500円は、入り口にある建物に備え付けの箱に入れます。

【東日原駐車場~登山口】
 駐車場到着後、追加の朝食でおにぎりを食べ、準備体操後出発。
 日原街道をそのまま上って行きます。「東日原」バス停からさらに歩いて行った左手に「日原駐在所」があり、外のテーブルの上に「登山計画書提出箱」が置いてありますので、ヤマケイオンラインで作成した登山届を入れました。登山計画書の用紙と鉛筆も備え付けられていたので、ここで記入することも可能です。さらに300m位歩いていくと左手に「稲村岩方面を経て鷹ノ巣山方面登山口」と書かれた木の看板があります。

【登山口~稲村岩のコル】
 登山口からはコンクリートの階段を下って、人家の脇を通って林の中へと下って行きます。下りきったところに「巳(み)の戸橋」があり、橋を渡った先から上りとなります。土主体で沢沿いの登山道は細いので気を付けながら歩きます。途中、木橋を3回位渡ります。小さな滝があり、岸まで近づいて首と額用のスカーフを冷たい水で濡らし、早速首に巻きました。帰りは額用も使ったので、濡らしておいて良かったです。
 倒木が2本、2019.5.12の日付で倒木に触れないよう注意書きが張ってあり、木の下をくぐらなければなりません。ここから先は段々斜度がきつくなってきます。登山口から1時間15分位で「稲村岩のコル」に到着しました。

【稲村岩のコル~午飯喰のタワ(ヒルメシクイノタワ)(標高1562m)】
 「稲村岩のコル」は登山道だけで休憩場所はありません。左手奥に「稲村岩」がありますが、「不用意に立ち入らないように」との注意書きが張ってあります。確かに崩れた岩が積み重なっているので近づかない方が良さそうです。
 ここを右に折れて「石尾根縦走路(鷹ノ巣山・七ツ石山)」方面へ向かいます。奥多摩一の急登「稲村岩尾根」の始まりです。時々傾斜が緩やかになるものの短いつづら折りが続きます。12時が過ぎた時点で、一度倒木をベンチ代わりに休憩してゼリー飲料を
補給しました(下山時はコーヒー休憩)。この地点から1時間強でやっと「ヒルメシクイノタワ」に到着しました。
予想に反して広い場所がなかったのですが、13時を過ぎていたのでここで昼食を摂ることにしました。周辺には「トウゴクミツバツツジ」が咲いていて、これまでの道中ほとんどお花を目にしなかったので癒されました。

【ヒルメイクイノタワ~鷹ノ巣山(標高1736.6m】
 鞍部をそのまま進むと最後の急登が待っています。30分位頑張って、やっと山頂に到着しました。ここで昼食休憩をしている人が何組かいましたが、皆さんジャケットを着ていて寒そうだったので、私たちは「ヒルメシクイノタワ」で昼食にして良かったと思いました。

 下山後は、奥多摩駅近の日帰り温泉「もえぎの湯」で入浴しました。18時過ぎていたので混雑のピークは過ぎていて、ドライヤー待ちもなくゆっくり入れました。
 青梅市内のファミレスで夕食後、帰路につきました。

登山中の画像
登山画像
東日原駐車場
登山画像
駐車料金を入れる箱。500円玉を用意した方がよい…
登山画像
駐車場からカーブの先右手に「東日原」バス停が…
登山画像
「東日原」バス停。手前の建物がトイレ。
登山画像
トイレ:手前が男性用、奥が女性用
登山画像
「東日原」バス停から左手奥に「日原駐在所」
登山画像
日原駐在所。右側に「登山計画書提出箱」のテー…
登山画像
登山口
登山画像
登山口から一旦下ります。
登山画像
どんどん下って林の中へ。
登山画像
林の中の登山道をさらに下ります。
登山画像
「巳の戸橋」を渡っていよいよ上り。
登山画像
このような木橋を何回か渡ります。
登山画像
ここで首と額用の冷却スカーフを濡らしました。
登山画像
触れてはいけない倒木。先の倒木の下をくぐりま…
登山画像
稲村岩のコル。左側の注意書きが恐怖感をそそり…
登山画像
このような岩山が2つあります。
登山画像
急登 稲村岩尾根の始まり。
登山画像
緩やかそうに見えるけど・・・ひたすら景色は変…
登山画像
ヒルメシクイノタワ。登山道から少し入った奥で…
登山画像
タワの近くでトウゴクミツバツツジが何本か咲い…
登山画像
鷹ノ巣山 山頂
登山画像
南東方面は六ツ石山経由で奥多摩駅へ。北西方面…
登山画像
東日原駐車場遠景
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、マット(個人用)、カップ
【その他】 スマートフォン、機能性タイツ、涼感バンダナ、涼感タオル、敷シート、携帯ティッシュ、ウェットティッシュ、日焼け止め、化粧ポーチ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Virginia さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!