登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
八ヶ岳横岳で花探し(1泊2日) 横岳、硫黄岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

マウンテンヴギ さん
  • 日程

    2019年6月8日(土)~2019年6月9日(日)

  • 利用した登山口

    美濃戸口   美濃戸  

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:津田沼0517発・・・東京0544着0612発・・・新宿0652着0700発あずさ1号・・・茅野0907着0925発バス・・・美濃戸口1003着
    復路:美濃戸口1445発バス・・・茅野1523着1542発あずさ24号・・・新宿1804着1810発・・・津田沼1900着

  • 天候

    1日目:曇り一時雨とガス夕方から晴れ 2日目:くもり時々雨一時晴れ
    [2019年06月08日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】実動4時間15分
美濃戸口(1010)・・・雨具着用(1027)[着用4分]・・・美濃戸入口(1051)・・・美濃戸山荘(1058)[休憩11分]南沢・・・ホテイラン保護区(1120)[撮影4分]・・・一ノ岩(1152)・・・祠の岩(1224)・・・白河原(1300)・・・小屋分岐(1328)・・・行者小屋(1331)[休憩11分]地蔵尾根・・・はしご下(1409)[休憩3分]くさり・はしご・・・地蔵ノ頭(1454)・・・赤岳天望荘(1459)

【2日目】実動4時間58分
赤岳天望荘(0545)・・・地蔵ノ頭(0550)・・・二十三夜峰日ノ岳コル(0558)・・・日ノ岳下(0611)・・・日ノ岳鉾岳コル(0625)[休憩10分]・・・三叉峰・杣添尾根分岐(0658)・・・横岳奥ノ院(0712)[休憩4分]・・・大ダルミ(0749)[休憩10分]・・・硫黄岳(0824)[休憩3分]・・・赤岩ノ頭(0841)[休憩9分]・・・ジョウゴ沢(0937)・・・赤岳鉱泉(0948)[休憩12分]・・・中山乗越(1037)[休憩3分]・・・行者小屋(1046)[休憩8分]南沢・・・美濃戸山荘(1304)・・・美濃戸口(1351)

総距離 約20.7km 累積標高差 上り:約2,024m
下り:約2,024m
コースタイム 標準:11時間35分
自己:11時間37分
コースタイム倍率 1.00
梅雨入りした直後の隙間を狙って、八ヶ岳にホテイランとツクモグサを見に行ってきました。

登山道樹林帯にわずかに残雪がありますが、軽アイゼンやチェーンスパイクは必要ありません。
横岳の登山道で岩がもろくなっている箇所が散見されます。石を落とさないように気をつけてください。また梅雨時の樹林帯の道はぬかるみもあり、木の根や岩が滑りやすくなっています。

確認した花は以下の通りです。(間違いがあればご指摘ください)
美濃戸口~美濃戸 ヤマツツジ(つぼみ)、シロバナノヘビイチゴ
柳沢南沢 ホテイラン、コミヤマカタバミ、ズダヤクシュ、キバナノコマノツメ、ツルネコノメソウ、ツバメオモト、イチヨウラン、ミツバオウレン、ミヤマカラマツ
地蔵尾根 ヒメイチゲ(つぼみ)
横岳稜線 コメバツガザクラ、ウラシマツツジ、イワベンケイ(つぼみ)、ツクモグサ、キバナシャクナゲ、ツガザクラ(つぼみ)、チョウノスケソウ(つぼみ)、ハクサンイチゲ(つぼみ)、オヤマノエンドウ、ミヤマキンポウゲ(つぼみ)
硫黄岳 ミネズオウ
赤岩ノ頭~赤岳鉱泉 ヒメイチゲ(つぼみ)、コイワカガミ(つぼみ)、コミヤマカタバミ

登山中の画像
登山画像
ヤマツツジ
登山画像
シロバナノヘビイチゴ
登山画像
ホテイラン
登山画像
ズダヤクシュ
登山画像
ツルネコノメソウ
登山画像
キバナノコマノツメ
登山画像
ヒメイチゲ
登山画像
コメバツガザクラ
登山画像
ウラシマツツジ
登山画像
イワベンケイ
登山画像
ツガザクラ
登山画像
チョウノスケソウ
登山画像
ハクサンイチゲ
登山画像
オヤマノエンドウ
登山画像
ツクモグサ
登山画像
キバナシャクナゲ
登山画像
ミヤマキンポウゲ
登山画像
ミネズオウ
登山画像
コイワカガミ
登山画像
コミヤマカタバミ
登山画像
ツバメオモト
登山画像
イチヨウラン
登山画像
ミツバオウレン
登山画像
ミヤマカラマツ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、軽アイゼン
【その他】 昼食:1日目・ランチパック 2日目:バナナ、ランチパック
おやつ:クラッカー、クッキー、シリアルバー
予備バッテリー、けんた登山隊、たばこ一式(2日分)
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マウンテンヴギさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    小屋周辺の樹林帯では様々な花が開花しています。今年は、イワヒゲとミヤマシオガマが当たり年です
    19年07月21日(日)
    黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    すっきりしない天気が続き、気温も低め。最低気温が10℃以下の日もあるので防寒具必携です
    19年07月19日(金)
  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    すっきりしない天気が続いていますが、こんな季節こそ美しい苔の森を観にいらしてください
    19年07月16日(火)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    花を楽しむにはうってつけの季節。ダケカンバの新緑も映え、山全体が活気づいてきました
    19年07月09日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

マウンテンヴギ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年7月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?