登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 11
皇海山クラシックルート 庚申山、鋸山、皇海山(関東)
img

記録したユーザー

きー さん
  • 日程

    2019年6月4日(火)~2019年6月5日(水)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:浅草駅6:50発の特急りょうもう1号で相老駅へ向かい、わたらせ渓谷鉄道に乗り換えて10:15に原向駅到着。
    そこから歩いて銀山平まで行き入山。
    帰りはその逆。

  • 天候

    初日:晴れのち曇り、2日目:晴れ
    [2019年06月04日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

1日目:
原向(10:15)→国民宿舎かじか荘(11:35)[休憩5分]→
銀山平展望台(11:55)→国民宿舎かじか荘(12:04)→
一の鳥居(13:01)[休憩15分]→鏡岩(13:40)→庚申山荘(14:20)[休憩20分]
→お山めぐりコース分岐(15:13)→嶺峰山荘(16:15)→庚申山荘(16:30)
庚申山荘に宿泊

2日目:
庚申山荘(2:46)→お山めぐりコース分岐(3:16)
→庚申山(3:46)[休憩30分]→薬師岳(5:12)→
鋸山(5:59)→不動沢のコル(6:25)→皇海山(7:00)[休憩15分]→
不動沢のコル(7:37)→鋸山(8:13)→六林班峠(9:09)→
分岐(11:29)→庚申山荘(11:45)[休憩20分]→鏡岩(12:23)→
一の鳥居(12:45)→国民宿舎かじか荘(13:42)[休憩1:40]→原向(16:30)


総距離 約40.2km 累積標高差 上り:約3,227m
下り:約3,228m
栃木県の一般登山道の中では、最高難易度との呼び声高い皇海山クラシックルート。
険しく長い道のりに加えて、藪漕ぎではルートファインディング能力も試される…
まさにアドベンチャーという山行で、「これでもか!」と言うくらい存分に、山と戯れることが出来た。^^;

公共交通機関でアクセスする自分は、わたらせ渓谷鉄道の原向という駅から出発!
1日目は宿泊地である庚申山荘が目的地!
銀山平にある国民宿舎かじか荘まで向かう道中、サルの群れに遭遇。
あとで知ったことだけど、庚申山はサルを山の神として祀っているらしい。

庚申山荘の宿泊費用は1泊素泊まりで2050円。
これを国民宿舎かじか荘で支払い、庚申山荘へ向かうのだが、すぐ近くに銀山平展望台があったので、特に急ぐわけでもない自分は寄り道!
思ったほどの絶景は広がってないが、そこそこ見晴らしの良い小高い展望台で、これから進むであろう山の方角を眺めて、少し気持ちの高ぶりを感じた。

しばらく林道を歩き、一の鳥居に到着。
少し先に庚申七滝があるようなので立ち寄る。
そこまで派手さはない滝だが、マイナスイオンをたっぷり補給して、心癒される気持ちになった。
庚申山荘までの道中は眺望のない樹林帯を登っていくのだが、奇岩や巨石などが沢山あり飽きの来ない登山道だと思う。
庚申山荘に到着して、中の様子を確認!
水場や炊事場もしっかりしていて、布団も備えてある。
大きくて立派な山荘で、宿泊場所として申し分ない。

まだ時間が早かったので、次の日に登る庚申山の下見を兼ねて再び山行開始!
山頂まで行くほどの時間と体力の余裕はなさそうだったので、途中の分岐からお山めぐりコースを回って山荘に戻る事にした。
一応上級者コースとなっているだけあって、鎖場やハシゴ、高度感のある場所のトラバースや、このコースにも奇岩などが多数あり、個人的にとても楽しい道のりだと思った。

無事に庚申山荘に戻り、夕食を取ったのちに就寝。

二日目は朝3時に出発予定だったが、少し早めに起きてしまい、15分程巻きで山荘を出る。
庚申山の山頂辺りで日の出の時間…と思っていたが、予想よりも早く着いて、おかげでゆっくりと朝食をとりながら、白んでいく足尾山地や日光連山の姿を眺める事が出来た。

庚申山から鋸山までの道のりはアップダウンも激しく、鎖やハシゴ、岩場をよじ登ったりと、まさに修験の道!
しかし周囲の景色はずっと絶景で、その眺めを楽しみながらテンション高めでどんどん進むことが出来た。
途中の「白山」という峰からの眺めが個人的にとても気に入った。
鋸山から一旦不動沢のコルへと下り、そこから皇海山へ向けて一気に登る!
樹林帯に覆われた静かな山だけど、植生の変化やそれなりに険しい急坂、時々見える周囲の風景など、思っていたよりも楽しみもあり、良い山だな~としみじみ思いながら、無事に登頂!
少しの休憩の後、不動沢のコルまで駆け降りて、再び鋸山の頂を目指した。

急で険しい鋸山。
ロープの補助を借りながら登るが、足元の土や岩は崩れやすく、落石させないように細心の注意を払って登る事で、精神的にも結構疲れた。
無事に鋸山の山頂に戻り、このコースの山場は越えただろうと思っていたが、皇海山クラシックルートはそんなに甘くはなかった(笑)。

六林班峠へと向かうとすぐに笹藪エリアに突入し、そこから始まる藪漕ぎ。
深い所では胸くらいの高さの笹をかき分けながら進む。
マーキングテープや、頭上に張られたロープ、登山道を示す夜光反射板の目印など、気を付けていれば迷う事は無いと思うが、時々倒木に足を取られたり、決して楽な道のりではない…

六林班峠から庚申山荘方面へと向かう、その道にも笹藪が広がる。
そして、庚申山荘までの道のりは思っていたよりもかなり距離が長く、所々登山道が崩落していたり、倒木に道がふさがれていたり、滑落しそうな急斜面のトラバースなどなど…
険しい峰々を越えるのと変わらないくらいの体力と集中力を要するルート。
徐々に心が折れそうになる中、少しペースを遅くしたり休憩を多めにとって、なんとか無事に山荘に戻った。

下山後、国民宿舎かじか荘に寄った際に、食事と共に温泉も楽しんだ。
とても良い湯だった!

長丁場で凄まじいルートだったが、それでも歩いてみる価値が十分にある、そんな魅力たっぷりの素晴らしいコースがこのクラシックルートだと思った。

参考になった 11

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

きーさんの登山記録についてコメントする
  • 蓮63 さん
    素晴らしい山行でしたね。

    お疲れ様でした(^^)

  • きー さん
    コメントありがとうございました!(^^)

  • 山とジョギング さん
    昨年5月連休に同じルートで登りました。
    鋸の下りに雪が付いていて、結構急な斜面でした。
    六林班峠から庚申山荘までが、”長い”とは案内書に書かれていて予想はしてましたが、
    本当に長くて,同行の友ともお互いだんまりで疲れました。
    クラッシクルートは登山者が少なく静かな山を楽しまれたでしょう。

  • きー さん
    自分も長いとは聞いていたのですが、予想を上回る距離でした…^^;
    似たような景色が何度も現れ、デジャヴのようで余計に心が折れそうになりますね。

    静かで山を存分に楽しめる、その魅力は素晴らしいです!
    ひとさまに気軽にはお勧めは出来ませんが、色んな人に体験してほしいのも事実です。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

きー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 11

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年5月30日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介