登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
20190609 立花山から香椎宮菖蒲まつり 立花山、三日月山(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

ぼっけもん さん
  • 日程

    2019年6月9日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:[往路]福岡市内~立花口
    ①福岡市内 - 12:27着 福工大前
    << [新宮町コミュニティ]山らいず線(佐屋行)>>
    ②12:42発 JR福工大前駅 - 12:58着 立花小学校前

  • 天候

    曇り時々晴れ!
    [2019年06月09日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

立花小学校前バス停13:08 - 13:17六所宮(六所神社)駐車場13:21 - 13:36立花山登山口(立花口) - 13:40分岐[一本杉・修験坊の滝]13:41 - 13:54屏風岩13:55 - 14:02立花山14:18 - 14:52三日月山14:58 - 15:34三日月山霊園駐車場15:40 - 16:14香椎宮16:46 - 17:06ゴール

 我が棲家から安近短の立花山から菖蒲祭りを開催中の香椎宮を経由して帰ってきました。前の晩から登山準備を整えていたものの、天候のせいかダルオモ気味のためなかなか登山スイッチがはいらなかったこの日の朝、ズルズルと時間だけが経過していきます。何気なく家のドアをあけると、目に飛び込んできたのが立花山。そうだ立花山に行こう~♪ということで、立花山に決まった次第です。自分で言うのもなんですが、思い立ってサクッて行ける山があるっていいですね、恵まれた環境に感謝ですm(__)m。
 
 さて、立花山は、福岡市と新宮町にまたがる標高367mの里山で、私にとっては昨年8月に福岡住民になって初めて登った記念すべきお山となっています。登山ルートは複数あり、初登山では「長谷ダムふれ愛ロード(長谷ルート)」からアプローチしましたが、今回は福岡市の東隣にある新宮町から登る「立花口ルート」をとっています。
 実際には、JR福工大前駅から新宮町コミュニティバスで登山口近くの立花小学校前バス停まで移動し、そこから立花山を目指します。山頂までは40分ほど、一汗かくには手頃な距離です。山頂で博多湾の絶景ビューを楽しんだ後は、三日月山を経由して、菖蒲祭りでにぎわう香椎宮をのぞいて我が棲家までの歩き。香椎宮の境内の池の菖蒲があまりにも少なかったのできっとどっかに群生地があるのだろうと、「菖蒲はどこに咲いているんですか?」とKYな質問をしてしまう一幕もありましたが・・(^-^;。最近、遠出が続いていたこともあり、山から歩いて帰れるなんていいですね。

登山中の画像
  • 今日のスタートは立花小学校前バス停です。うだうだとしていたら、午後1時過ぎになってしまいました。遅めのスタートとなりますが、これから立花山へむけて出発です!
  • 新宮町は立花山観光に力を入れているようで、途中、立派な看板が出迎えてくれています。
  • 看板のすぐ横にあった六所神社。
  • 元々は、「天照大神が御鎮座され」ていたようですが、春日大神など、近くの産土神(うぶすながみ)をあわせ祀って,六所大権現と呼ばれるようになったそうです。
  • いました、狛犬。阿形、昭和13年生まれです。それにしても、骨っぽい、インパクトがある顔立ちですね~。
  • 感じですが、それでも迫力十分の顔立ちです。
  • 初っ端から狛犬ゲットでき幸先よし!神社脇の道から集落を縫って登山口へ行きますが、案内がたくさんあり迷う心配はありません。心なしか足取りも軽く、ガシガシ進んでいきます。
  • ランタナ。まるでお菓子みたいですね、中南米が原産のようですが(外来種?)、道端のあちこちで咲いています。
  • ・・調査中。
  • ここから山道がスタートします。
  • 左の小屋をのぞいてみると、「立花宗茂と誾千代」を大河ドラマにしようと頑張っているようです。
  • 人気の山だけあって、しっかりと整備された登山道が続きます。
  • 立花山の大クス・・
  • 確かに大きいですが(振り返っての一枚)
  • ガシガシ、登っていきます。
  • 登山口から30分ほど、山頂が見えてきました♪
  • 立花山~、昨年8月以来のご無沙汰です。
  • 曇は多いですが、目の前には博多湾が広がっています。海の中道etc.
  • 福岡市内と博多湾に浮かぶ能古島。そういえば、今日はG20 財相会議がひらかれています。
  • 油山
  • 午後でしたけど、山頂は大賑わい。そそくさと次の目的地、三日月山へ向かいます(振り返っての一枚)。
  • 巨木の間を縫うように、ガシガシ。
  • 三日月山への縦走路に入ります。
  • 縦走路のところにあった大クスは「搦め手口のクス」と呼ばれています。ちなみに、幹回りは456cm。
  • ありました!、手の込んだ案内板。
  • 案内板の温度計は20度、思ったほど、気温は高くありません。
  • もう一息
  • こちらも昨年8月以来、2度目になります。
  • 忘れていません!
  • 一部福岡市内の視界が樹木で遮られていますが、ほぼ360度のパノラマビューが広がっています。
  • 奥に見えているのは三郡山
  • 左手側に広がっているのは、犬鳴連峰かな
  • 三日月山も、結構賑わっていました。ここまでほぼ2時間、いい感じの運動になりました。
  • これより我が棲家を目指して下っていきます。方向としては、三日月山霊園の方向になります。
  • 三日月山遊歩道と呼ばれているんですね。
  • 遊歩道と呼ばれているだけあって、歩き方やすい道が続きます。
  • 早いものでアジサイの季節になりました。
  • 見えてきたのは霊園駐車場
  • ちなみに、現在地はここです。
  • 香椎宮を目指して
  • 今日は、「官幣大社香椎宮」の石柱が立つ本殿脇から入ります。
  • 石段途中にあった猿田彦大神の石碑。寛保3年(1743年)の文字が読み取れます。随分と古いもののようです。元々は、村の入り口や村道の角に立っていたものを香椎宮内に移設させたもののようです。
  • 階段を登りきったところは本殿。大勢の参拝客がいます。
  • こちらは本殿に続く中門
  • 中門の前の朱塗り囲いで囲われた綾杉(あやすぎ)。
  • こちらは香椎宮の末社の一つ「鶏石神社」。今回、初めて気がつきました。鶏がたまごを産みそのたまごが孵化するように、形のないところから物事が成就する修理固成(しゅりこせい)の御神徳があるそうです。
  • その前で珍しいものを見つけてしまいました。ご神鶏の石像です!はじめてみました。こちら(右)は雌鶏のようですね。
  • 左側は雄鶏です。なかなかスイッチの入らなかった山行でしたが、六所神社の狛犬といい、鶏石神社のご神鶏といい、いいものを見つけてしまいました(^^)v。
  • 重厚感があふれる楼門(振り返っての一枚)。
  • その前には、頭と体の大きさのアンバランスなマッチョなあの狛犬さんです。こちらは阿形
  • こちらは吽形、頭に角があり、まさに「ザ・狛犬」。相変わらずいかつい顔をしていますが、相変わらず、獅子鼻が愛らしいですね。
  • 境内では、菖蒲祭りの真っ最中。お祭りっていつ以来だろう・・?
  • 賑やかな地元有志の和太鼓演奏が、祭りを盛り上げてくれています。
  • えっ・・菖蒲はこれだけ?周囲の方に尋ねてみましたが、やっぱりこれだけでした(笑)
  • こちらは臼でついたお餅♪いただきながら、久しぶりのお祭りを楽しんでいます。
  • たまにはこうしたのんびりした山行もいいですね、おやっとさぁでした。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ぼっけもんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぼっけもん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 3人目のモニターは、雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...