登山記録詳細

ハイキング
参考になった 5
梅雨の晴れ間の奥高尾、ヘビやらアリやら 高尾山、城山、景信山、明王峠(関東)
img

記録したユーザー

釣り好き さん

この登山記録の行程

高尾山口駅(06:39)・・・6号路入口(06:50)・・・琵琶滝(07:01)・・・2号路合流(07:29)・・・3号路合流(07:39)・・・富士道合流(08:44)・・・高尾山山頂(09:10)・・・一丁平展望台(09:53)・・・城山(10:17/10:27)・・・小仏峠(10:45)・・・景信山(11:18/11:51)・・・堂所山下の分岐(12:46)・・・明王峠(13:15/13:32)・・・栃谷底沢林道交差(13:54)・・・与瀬神社(15:15)・・・相模湖駅(15:30/16:20)===高尾駅


総距離 約17.3km 累積標高差 上り:約1,496m
下り:約1,485m
 高尾山口駅に着いたのは6時38分、いつもより20分早い。早朝ではあるが梅雨の晴れ間とあってハイカーの姿も多い。
 3号路でギンリョウソウを撮った後、ムヨウランを撮っているとカメラをぶら下げて後からきたおじいさんが「何ですか?」と聞いてきたのでムヨウランを教えてあげた。気に入った様子で熱心に撮っているのでギンリョウソウが咲いていたところ(少し戻ることになるが)も教えてあげた。先日見逃して(後から来た方に教えていただいた)残念だったウメガサソウも見ることができた。教えたり教えられたりして段々知識が増えていく、リピーターの多い高尾山ならではの楽しみ方。
 一丁平では毎年楽しみにしているヤマボウシ、花嫁衣装を思わせるように真っ白く咲き誇っている。景信山で昼食、木陰に入るとそよ風が涼しくて気持ち良い。明王峠に向かう道、まき道がいくつもあるが今日はピークを越えていく。向こうから来たおじいさんに挨拶すると上の方を指して「チョウチョがたくさん飛んでいますね」と言うので「キアシドクガという毒の無いガですよ」と教えてあげた。もっともチョウチョとガは厳密に区別はできないそうなのでどちらでも間違いではありません。道の真ん中に大きなアオダイショウ、こちらが気付くと同時に向こうも気付いたようで素早く逃げた。写真は草むらで一息ついているところ、頭隠して尻尾隠さず。
 明王峠で小休止。足元にアリが群がっていたのでよく見ると小さなアリが一回り大きなアリを攻撃していた。何匹も協力して相手の足を咥えて身動きできない状態にしている。足を咥えていると疲れるのか、少しすると交代しながら攻撃を続けている。興味深かったがずっと見ているわけにもいかないので出発。切り株の上にヘビがいた、マムシのようだ。こちらに気付いてゆっくり逃げていったが草むらで反転してきた。向かってきたら逃げるつもりで見ていると日向でまた向きを変えた。変な動きをしていると思って見ていると、とぐろを巻いていたのだ。巻き終わると満足そうにじっとして日向ぼっこ。
 与瀬神社への急な下り坂で滑って転んだ。見事に転んだわりにダメージは殆ど無かったが注意不足を反省。相模湖駅に着くと人身事故の影響で間引き運転(特急は何本も通過していくのが恨めしい)になっていた。八王子駅行きのバスの時間を確認したが、16時08分発だったので諦めた。ベンチで眠ってしまいそうになるのを我慢しながら1時間待ち。

登山中の画像
登山画像
0639 高尾山口駅前、今日はいつもより早いスタート
登山画像
0643 清滝駅前
登山画像
0650 左が6号路入口です
登山画像
0700 琵琶滝分岐を右に行きます
登山画像
0701 琵琶滝、今日は水量が多いです
登山画像
0702 階段を登って2号路へ
登山画像
0704 ヘビイチゴがありました
登山画像
0704 実にシワがないのでヤブヘビイチゴです
登山画像
0708 石仏広場、東京高尾病院からくる道と合流…
登山画像
0724 カンアオイ(寒葵)
登山画像
0724 まだ花がありました
登山画像
0729 2号路に合流、左に行きます。右にいくと直…
登山画像
0739 3号路に合流、左に行きます。右にいくと直…
登山画像
0756 ギンリョウソウ(銀竜草)がありました
登山画像
0757 去年は多かったけれど今年は少ないようで…
登山画像
0800 ムヨウラン(無葉蘭)です
登山画像
0801 奥行きのある花は難しいです
登山画像
0801 薄暗いところで咲く花は特に・・
登山画像
0808 飾りのついた唇弁がキレイなのに上手く撮…
登山画像
0835 急階段が現れると3号路の終点が近いです
登山画像
0844 富士道(0号路とも言います)に合流
登山画像
0852 5号路に合流
登山画像
0857 ウメガサソウ(梅笠草)。これはツボミです
登山画像
0858 花もありました
登山画像
0858 
登山画像
0910 高尾山山頂に着きました
登山画像
0911 富士山が頭だけ出しています
登山画像
0912 奥高尾へ
登山画像
0916 もみじ台下の6差路、右の北側まき道へ
登山画像
0920 ナルコユリ(鳴子百合)
登山画像
0920 先日はまだ小さなツボミでしたが開花しま…
登山画像
0920
登山画像
0926 今日はいい天気
登山画像
0944 一丁平です
登山画像
0948 一丁平と言えば、ヤマボウシ(山法師)で…
登山画像
0948 満開です
登山画像
0948 でも花のように白いのは総苞片です
登山画像
0949 花は小さくて地味です
登山画像
0950 こちらはどうでしょう?
登山画像
0950 まだ開花していませんでした
登山画像
0953 一丁平の展望台
登山画像
1017 城山に着きました
登山画像
1022 お茶屋さんはお休み
登山画像
1025 なぜここに・・
登山画像
1027 ニホントカゲ(正確にはヒガシニホントカ…
登山画像
1040 小仏峠から相模湖の眺め
登山画像
1045 小仏峠のタヌキ。前には水たまり
登山画像
1112 景信山直下
登山画像
1112 あと200m
登山画像
1118 景信山に到着。南西方向には相模湖
登山画像
1118 南には城山、南東には高尾山
登山画像
1118 東は高尾市街
登山画像
1150 景信山の山頂標識
登山画像
1151 ここにもヤマボウシ
登山画像
1151
登山画像
1151
登山画像
1230 左のまき道には行かずに右の坂を登ります
登山画像
1240 道の真ん中に大きなアオダイショウがいま…
登山画像
1246 堂所山(右)は巻いて左の道へ
登山画像
1259 整然と並んだ杉林
登山画像
1259 伐採跡、これからの季節は日差しがキツい
登山画像
1305 底沢峠を通過
登山画像
1315 明王峠に着きました
登山画像
1327 小さめのアリが何匹も集まって大きめのア…
登山画像
1332 明王峠から相模湖駅に向かいます
登山画像
1333 最初は長い階段が続きます
登山画像
1335 苞で包まれたクマシデ(熊四手)の果序
登山画像
1342 マムシがいました
登山画像
1342 何だか変わった動きをしていると思ったら
登山画像
1342 とぐろを巻くところでした
登山画像
1342 とぐろが完成すると日向ぼっこでジッとし…
登山画像
1348 石投げ地蔵嬢ヶ塚。以前より大きくなった…
登山画像
5年前(2014年12月)の写真
登山画像
1348 故事来歴
登山画像
1354 栃谷底沢林道と交差
登山画像
1354 与瀬神社まで3.6km
登山画像
1415 大平小屋を通過
登山画像
1415
登山画像
1419 ヤブレガサ(破れ傘)のツボミが立ち上が…
登山画像
1419 まだ咲いている花は見つかりませんでした
登山画像
1439 ウリノキ(瓜の木)
登山画像
1502 眼下に見える相模湖、向こうに見えるのは…
登山画像
1515 与瀬神社に着きました
登山画像
1515 急階段、さっき転んだばかりなので注意し…
登山画像
1518 相模湖
登山画像
1518 上流側
登山画像
1518 下流側
登山画像
1531 相模湖駅に着いたら何と1時間待ち
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、傘、タオル、帽子、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、虫除け・防虫薬品類、非常食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、コッヘル
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

釣り好きさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

釣り好き さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年6月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?