登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
二子山(小鹿野) 二子山(小鹿野)(関東)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん
  • 日程

    2019年6月16日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き
    池袋05:00(西武池袋線)~05:41小手指05:42~06:00飯能06:04~06:48西武秩父07:00(西武観光バス、1番バス乗り場「小鹿野車庫行き」)~07:38小鹿野役場07:43(おなじく西武観光バス、おなじ停留所で乗り換え)~08:15坂本
    帰り
    坂本から間明平まで歩き、間明平16:40ごろ~16:57ごろ小鹿野役場17:04~17:48西武秩父18:25(特急ラビュー)~19:46池袋

  • 天候

    晴れ。関東は前日に風雨が強く、ところによっては朝まで雨が残った様子。
    [2019年06月16日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

08:44坂本バス停
09:40股峠(休憩05分)
10:05二子山東岳
10:10東岳展望地(休憩05分)
10:19二子山東岳(休憩08分)
10:54股峠(休憩02分)
11:18二子山西岳中央峰と東峰の中間地点
※ここから道を間違え、東峰から股峠への上級コースを降りてしまう(道迷い25分)
11:43二子山西岳中央峰と東峰の中間地点に戻る
11:48二子山西岳中央峰(休憩28分)
12:43稜線からの下降地点
12:53分岐(ローソク岩を経て股峠へのトラバース道)を左に分ける
13:23車道に降りる
13:42坂本バス停


総距離 約7.2km 累積標高差 上り:約1,043m
下り:約1,048m
二子山から叶山へ縦走した記憶は、どこまでが正しくどのあたりを創作したのか、もう確かめようがない。たしか他校の山岳部と合同の山行だった。満員のバスに長い時間揺られ続けたこと、顧問の教師からたいしたレクチャーも受けずに高度感のある稜線に連れていかれ、休憩はパーティがルート上に長く延びたままポリタンクの水を飲んだことなど、断片的な映像が思い浮かぶばかりだ。
2月から山登りを再開し13回で280kmほどのハイキングをこなしてきた。暑い季節には、もう少し高度を上げて涼しい山道を歩きたい。その前に、得意だと思ったことのない「手を使って岩を登る」技量が今の自分にどのくらいあるのか、登りながらなにをどう感じるのかを確認しておこうと思った。
40年ぶりの二子山へはこんな経緯があって登ることになった。叶山は石灰採掘がすすんで、もう登る山ではなくなってしまったようだ。
【概況】
■西武秩父駅から乗り継いだバスは、2台とも乗客がじぶん一人だけ。下山後のダイヤがとても限定されているので、車で入山口までやってくるほうが便利だろう。坂本のバス停には清潔なトイレがあるが、店や自販機はない。バス停から少しもどって集落へ入ると「二子山 坂本登山口」の道標がある。その先はすぐ二手に分かれるが、「二子山荘駐車場」の看板のある左をとる。仁平沢に沿って15分ほどで林道に上がり、駐車スペースとトイレがある二子山登山口に着く。股峠までは赤土なので、雨上がりの道は登りにくかった。
■東岳にとりつく。GPSのトラッキングによればあっというまにピークに上っているが、感覚時間は倍くらいかかった印象。足場の金具が設置された場所がいちばん悪いと感じたが、クサリをつかんで左足をのせると、次の右足で向こう側にステップできるようだ。ただし小柄な人には厳しいかもしれない。ピークの先の展望地からの眺めはすばらしい。
■股峠にもどり、西岳へ。上級コースと一般コースのどちらをとるか、上級コースの様子を確かめてから決めようと考えていたが、分岐に気づかずに通りすぎてしまい、そのまま一般コースを中央峰と東峰の中間地点の稜線まで上がる。ここで周囲を確認せずに左へ折れたが、これが得意の道間違え。どんどん急降下する道を不審に思って現在地を確かめると、逆向きだ。登り返せば立派な指導標に「西岳山頂」方向が示されているぢゃないか。GPSの軌跡によれば上級コースを3分の2ほども下ってしまったようだ。
■稜線に出たところで南の両神山方向から強く風が吹きつけるようになった。山頂で軽食を摂り一服して、馬の背を下り始める。両サイドがすっぱり切れ落ちた高度感、という点ではこの山行でいちばん緊張した箇所だったが、手がかり足がかりははっきりしている。ほとんどの下りは前を向いて下ったが、岩とにらめっこしながらクライムダウンした場所がたしか2箇所。ボルトも打ってあった。
■雨上がりの日曜日、両神山の上空でヘリが長く停滞していた。帰りのバスの中では、武甲山の上にもヘリを見かけた。梅雨時の晴れの休日、登山者は多かっただろうし、しかし路面はスリッピーであり、事故も多かったかもしれない。
【印象】
山中で出会ったのはリーダー男子+山ガール3人の4人パーティが二組、それに女性リーダーの男女4人組。この3組はハーネスとヘルメットを着用していた。岩慣れした感じの男性がリードするペアはたしかヘルメットもなしだった。上級コースを「ガバでそんなに難しくはないですよ」と言っていた。他に3~4人のパーティが2組と、単独が一人。他の山と比較すれば明らかに「年齢が下がっている」。若い人たちが多かった。
【感想】
いちどやってみたい山行のひとつに、西穂~ジャンダルム~奥穂がある。長い岩稜をやる資格がじぶんにあるのか。なにがどのくらい足りないのか。様子を探るための二子山だったが、やはり岩は苦手だ。気疲ればかりが残る山行は、心地よい疲れとともに「今日もよく歩いた」一日を振り返りたいスピードハイカー向きではないなあ。

登山中の画像
登山画像
坂本バス停から入山口へ
登山画像
股峠
登山画像
東岳山頂
登山画像
東岳からの西岳
登山画像
西岳山頂
登山画像
山頂をあとにして馬の背へ
登山画像
岩に慣れていないので写真中央の金具に足を乗せ…
登山画像
お疲れ様でした!
登山画像
12時台の次はいきなり16時台のバス時刻表
登山画像
帰りはラビュー
この山行での装備
【その他】 サレワのトレランシューズ。テスラのタイツ、モンベルのショートパンツ。行動中は全行程ユニクロの半袖、モンベルの手袋とヘルメット。ザックはロウアルパインの22リッターに、雨具・ロールペーパー・バッテリー充電器・ヘッドランプ・カロリーメイト2本とトレイルミックス・ココヘリ発信機。キャメルバックのハイドレーションに薄めのアクエリアス2リッター(残量1300cc)・冷却スプレー(使用せず)・アクションカメラなど。スタート時重量7.2kg。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年10月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...