登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
タカデッキ&本栖湖遊歩道は地味に効く タカデッキ 雨ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

mura3 さん

この登山記録の行程

根原バス停(10:10)・・・貯水池(WCあり)(10:20)・・・東海自然歩道分岐(10:40)・・・端足(はした)峠(11:05)
・・・雨ヶ岳(12:15-12:40)・・・タカデッキ(13:10-13:35)・・・雨ヶ岳(14:00)・・・端足峠(15:00)
・・・端足峠入口付近(遊歩道分岐)(15:40)・・・県道合流(遊歩道入口)(16:35)・・・本栖湖バス停(17:05)


総距離 約14.6km 累積標高差 上り:約1,390m
下り:約1,435m
タカデッキに行ってきた。なぜこんな洋風な名なのか気になっていた。(そして今も不明)
日照時間が長いこの時期でないと日帰りはきびしい・・・ということで必殺の高速バスと路線バスを駆使してのアクセスとなる。本当は毛無山まで縦走したかったが・・バスの時間の兼ね合いもあって、また今度とした。

端足峠から雨ヶ岳までまでは、なかなか急登であり疲れる。雨ヶ岳以降は比較的なだらかとなる。雨ヶ岳からタカデッキの道は主に樹間となるが、雨ヶ岳、タカデッキともに山頂付近では好展望。

最後に廻った本栖湖遊歩道は・・勝手に公園の遊歩道的な道を想像していたのだが、どっこいやや荒れた道だった。割とデカめの倒木がそのままになったりしており、乗り越えたり、くぐったりするのが・・・急登で疲れた体に”効く”。
なお、踏み跡ははっきりしており、車道もチラチラ見えるため、道迷いの不安はない。

そんな訳でなかなか楽しいタカデッキ&本栖湖だったが、遊歩道が効いたのか、帰りのバスで気持ち悪くなってしまい・・あわや口から土石流というところまで追い込まれた。
が、なんとか耐えた。自分を褒めたい。アンタ頑張った。


■アクセス方法詳細
・往路:富士山駅まで高速バス※1、富士山駅から路線バス(富士急バス)※2
※1:高速バスは定刻通りに富士山駅に到着。
※2:8:57発の富士山駅発新富士駅行の便です。
(富士急バスHPの時刻表には「7/23~9/23の間、土・日・祝日も運休。」と記載されており、これは「7/23~
9/23の間の土・日・祝日運休。」という意味のようです。
→表現がややこしく、悩みました。時期によっては本栖湖どまりです)

・復路:本栖湖より富士山駅行き路線バス(富士急バス)※3
※3:この日は、出発も到着もほぼ定刻通りでした。富士山駅方面は湖仙荘さんの横が乗り場となります。


■コース状況、その他
・登山ポストはありません。

・根原の貯水池から山に入ってすぐのところで、伐採作業中でした。

・端足峠から雨ヶ岳まで急登で疲れました。

・本栖湖遊歩道は倒木が多数あり、やや荒れ気味・・乗り越えたり、くぐったりが面倒です。が、踏み跡ははっきりしており、迷ったりするようなことは無いです。子供連れで歩くような遊歩道ではなく・・“遊歩感”はありません。軽修行道のおもむき。

・毛無山より下山し、道の駅朝霧高原19:03発の新富士駅行きバスに乗ることも考えました。が、道の駅の営業時間が17:30までということで、時間を潰せそうにないので止めました。

登山中の画像
  • 根原バス停よりスタート。バス停近くのこちらの路地に入り・・
  • 道なりに進むと、分岐ときれいなWCがありました。ここが貯水池のようです。
  • WC奥から登山道へ入ります。入ってすぐは伐採作業中でしたが、ほどなくして自然林に。
  • 割石峠方面への分岐を通過。このあたりではセミが結構鳴いていて・・・
  • カエルも多数。
  • 端足峠に到着。道標の東海自然歩道方面から登ってきて、雨ヶ岳方面へと向かいます。
  • 最初はこのように平らな道でしたが、次第に急登となります。
  • お、海が見えました。
  • 急登をクリアすると雨ヶ岳に到着です。
  • あっさり着いた感がありますが、結構疲れました~
  • 味な山頂標です。
  • さて、あっちの方へ向かいます。(←雑!)
  • 今までよりはなだらか登りとなります。
  • で、タカデッキに到着!
  • こちらもなかなか眺望がいい!
  • あちらが毛無山方面。
  • 緑もきれいです。
  • タカデッキからの富士。毛無山へと行きたいところですが、バスの時間とうまく接続しないんで折り返して・・・
  • 端足峠から本栖湖方面へ。
  • なぜかシダが群生している一帯を通過。
  • 935m付近の分岐。本栖湖畔方面へ。
  • 一時的に踏み跡が薄くなりますが、テープやケルンを目安に進みます。嫌な感じはありませんでした。
  • 湖畔の県道が見えましたが、こちらの分岐より本栖湖畔歩道を経由し、本栖湖バス停方面へ向かいます。
  • とりえあずこのような感じの道で、はじめは問題なかったのですが・・
  • だんだん倒木が増え始め、乗り越えたり、くぐったりを繰り返していくとだんだん効いてきます・・・
  • 微妙な尺の梯子。
  • 知ってる。なぜなら通ってきたから。
  • ついに県道に降りてきました~
  • なかなか本栖湖・・・いい感じだなぁ・・
  • ほのぼのレイク。
  • バス停に到着。河口湖駅・富士山駅方面はこちら側のバス停になります。お店の方に教えていただきました~
  • 帰りに河口湖駅から見た富士山が、一番はっきりしてました~
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

mura3さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

mura3 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年2月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ