登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
タカデッキ&本栖湖遊歩道は地味に効く タカデッキ 雨ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

mura3 さん

この登山記録の行程

根原バス停(10:10)・・・貯水池(WCあり)(10:20)・・・東海自然歩道分岐(10:40)・・・端足(はした)峠(11:05)
・・・雨ヶ岳(12:15-12:40)・・・タカデッキ(13:10-13:35)・・・雨ヶ岳(14:00)・・・端足峠(15:00)
・・・端足峠入口付近(遊歩道分岐)(15:40)・・・県道合流(遊歩道入口)(16:35)・・・本栖湖バス停(17:05)


総距離 約14.6km 累積標高差 上り:約1,390m
下り:約1,435m
タカデッキに行ってきた。なぜこんな洋風な名なのか気になっていた。(そして今も不明)
日照時間が長いこの時期でないと日帰りはきびしい・・・ということで必殺の高速バスと路線バスを駆使してのアクセスとなる。本当は毛無山まで縦走したかったが・・バスの時間の兼ね合いもあって、また今度とした。

端足峠から雨ヶ岳までまでは、なかなか急登であり疲れる。雨ヶ岳以降は比較的なだらかとなる。雨ヶ岳からタカデッキの道は主に樹間となるが、雨ヶ岳、タカデッキともに山頂付近では好展望。

最後に廻った本栖湖遊歩道は・・勝手に公園の遊歩道的な道を想像していたのだが、どっこいやや荒れた道だった。割とデカめの倒木がそのままになったりしており、乗り越えたり、くぐったりするのが・・・急登で疲れた体に”効く”。
なお、踏み跡ははっきりしており、車道もチラチラ見えるため、道迷いの不安はない。

そんな訳でなかなか楽しいタカデッキ&本栖湖だったが、遊歩道が効いたのか、帰りのバスで気持ち悪くなってしまい・・あわや口から土石流というところまで追い込まれた。
が、なんとか耐えた。自分を褒めたい。アンタ頑張った。


■アクセス方法詳細
・往路:富士山駅まで高速バス※1、富士山駅から路線バス(富士急バス)※2
※1:高速バスは定刻通りに富士山駅に到着。
※2:8:57発の富士山駅発新富士駅行の便です。
(富士急バスHPの時刻表には「7/23~9/23の間、土・日・祝日も運休。」と記載されており、これは「7/23~
9/23の間の土・日・祝日運休。」という意味のようです。
→表現がややこしく、悩みました。時期によっては本栖湖どまりです)

・復路:本栖湖より富士山駅行き路線バス(富士急バス)※3
※3:この日は、出発も到着もほぼ定刻通りでした。富士山駅方面は湖仙荘さんの横が乗り場となります。


■コース状況、その他
・登山ポストはありません。

・根原の貯水池から山に入ってすぐのところで、伐採作業中でした。

・端足峠から雨ヶ岳まで急登で疲れました。

・本栖湖遊歩道は倒木が多数あり、やや荒れ気味・・乗り越えたり、くぐったりが面倒です。が、踏み跡ははっきりしており、迷ったりするようなことは無いです。子供連れで歩くような遊歩道ではなく・・“遊歩感”はありません。軽修行道のおもむき。

・毛無山より下山し、道の駅朝霧高原19:03発の新富士駅行きバスに乗ることも考えました。が、道の駅の営業時間が17:30までということで、時間を潰せそうにないので止めました。

登山中の画像
  • 根原バス停よりスタート。バス停近くのこちらの路地に入り・・
  • 道なりに進むと、分岐ときれいなWCがありました。ここが貯水池のようです。
  • WC奥から登山道へ入ります。入ってすぐは伐採作業中でしたが、ほどなくして自然林に。
  • 割石峠方面への分岐を通過。このあたりではセミが結構鳴いていて・・・
  • カエルも多数。
  • 端足峠に到着。道標の東海自然歩道方面から登ってきて、雨ヶ岳方面へと向かいます。
  • 最初はこのように平らな道でしたが、次第に急登となります。
  • お、海が見えました。
  • 急登をクリアすると雨ヶ岳に到着です。
  • あっさり着いた感がありますが、結構疲れました~
  • 味な山頂標です。
  • さて、あっちの方へ向かいます。(←雑!)
  • 今までよりはなだらか登りとなります。
  • で、タカデッキに到着!
  • こちらもなかなか眺望がいい!
  • あちらが毛無山方面。
  • 緑もきれいです。
  • タカデッキからの富士。毛無山へと行きたいところですが、バスの時間とうまく接続しないんで折り返して・・・
  • 端足峠から本栖湖方面へ。
  • なぜかシダが群生している一帯を通過。
  • 935m付近の分岐。本栖湖畔方面へ。
  • 一時的に踏み跡が薄くなりますが、テープやケルンを目安に進みます。嫌な感じはありませんでした。
  • 湖畔の県道が見えましたが、こちらの分岐より本栖湖畔歩道を経由し、本栖湖バス停方面へ向かいます。
  • とりえあずこのような感じの道で、はじめは問題なかったのですが・・
  • だんだん倒木が増え始め、乗り越えたり、くぐったりを繰り返していくとだんだん効いてきます・・・
  • 微妙な尺の梯子。
  • 知ってる。なぜなら通ってきたから。
  • ついに県道に降りてきました~
  • なかなか本栖湖・・・いい感じだなぁ・・
  • ほのぼのレイク。
  • バス停に到着。河口湖駅・富士山駅方面はこちら側のバス停になります。お店の方に教えていただきました~
  • 帰りに河口湖駅から見た富士山が、一番はっきりしてました~
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

mura3さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

mura3 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年7月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 3人目のモニターは、雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...