登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
鴻応山と、道なき道を湯谷ケ岳 鴻応山、湯谷ケ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん

この登山記録の行程

08:12 牧バス停
08:30 鴻応山登山口
09:08 鴻応山
09:26 寺田分岐
09:47 寺田
10:10 湯谷ケ岳登山口
10:42 ローズタウン
10:56 湯谷ケ岳登山口
12:10 湯谷ケ岳
12:35 ローズタウン
13:08 大円バス停


総距離 約10.1km 累積標高差 上り:約780m
下り:約728m
10.1Km 4時間51分 ほとんど道標もなく、道なき道をGPS片手に強行突破。全体に斜度はきつくない

阪急池田から牧行きバスの終点で下車

鴻応山までは、10度ぐらいの斜度なので、のんびり登って行くが、だんだん道が怪しくなってくる。それでも斜度がゆるいので、何となくある踏み跡を辿って稜線に取り付いて、鴻応山へ進む。

稜線の登りは少し斜度がきつくなるので、ゆっくり登って行く。
鴻応山では、景色がないので、5分程休憩して下山した。

途中寺田と、牧登山口との分岐を寺田方面へ下るが、倒木が多く、真っ直ぐ進めない。
途中前方は藪で行き止まり、よく見ると、、小さなテーピングを藪に見つけたので、入って行くと、あまり人が歩いていない道が現れた。

何とか車道に出て、次の湯谷ケ岳登山道入り口を目指す。

入り口には何も標識はないが、わだちがあるので、入って見ると、道が見えなくなった。ここは地形図では湯谷ケ岳へ通じる道がないので、方向を確認しながら、道の様な所を進んでいく。

最後には道がなくなったので、稜線目指して真っ直ぐ登っていくと
稜線には道はなかった、低木の杉の木の小枝が邪魔で。かなり進み難い稜線を何とか進んで、住居裏に出た。

車道を進んで、湯谷ケ岳の取り付きを探したが、なかなか見つからない。地形図の道より50m程戻ると、入り口らしい踏み跡の道があったので、入っていく。

ここからも道らしい道はなく、何カ所も倒木が行く手を塞いでいるので、乗り越えるのが、かなりしんどい、
道に迷う事はないが、30分ほどかかって、湯谷ケ岳に到着
山頂は、杉の倒木と、ひっそりと、私設標識があるだけ
ここで昼ご飯
バスの時間まで、十分時間があるのて、のんびり1時間ほど休憩して下山開始
地形図にはまっすぐ湯谷へ降りる道があるはずだったが、見つからなかったので、再び倒木越えの道をローズタウンまで戻った。

ローズタウンからは、車道を20分程歩いて、大円バス停へ到着

登山中の画像
  • 牧バス停
  • 前方左が鴻応山
  • 左には行っていく
  • 少し進むと、道標はないが登山道がある。左には行っていく。なんか怪しい道だ
  • やっぱり、荒れた道だ
  • 道なき道を進んで、稜線に出たところで振り向く。斜度が緩くて助かった。
  • 稜線を進むと、道標が落ちていたが、これを見るとほっとするなぁ
  • 鴻応山到着。景色はありません。
  • こっちは道は見えないが、柚原へ通じる道があるようだ
  • 牧登山口と寺田への分岐を寺田へ下る。
  • 倒木だらけ
  • うっかりまっすぐ行くところだったが、まっすぐ進んで木の枝で通せんぼに気がついたので、GPS確認 して左に進む
  • 左は、藪で行き止まり 参ったなぁ、と思いよく見ると、小さな赤いテーピングが・・・恐る恐る入って行くと、道があったが、あまり人が通っていないよう小枝をかき分けて進んでいく。
  • 車道出合 左を降りてきた
  • 湯谷ケ岳登山口 道標はない、写真の右端から入っていく
  • いきなり道がなくなったが、進めるので、GPS片手に進んでいく
  • これは上の道かな? これが道ならね
  • なんとなく、踏み跡があるので、進んでいく どこかで、ローズタウンへの稜線の道に乗り換えないといけないんだが
  • ここも、上の道かな?
  • 上の道を進むと、道がなくなった
  • ここは稜線目指して、強行突破 斜度が緩くて助かった
  • 稜線に道はありません。
  • 杉の木の枝が邪魔で、かき分けながらGPS片手に進んでいくと、ローズタウンの民家の裏に出た
  • ここが、地形図の道の入り口だが、道はなかった
  • こっちから攻めてみたが、難攻不落
  • 50m程戻ると、入って行けそうな隙間を見つけた
  • 入って行くと、道はないが進める
  • いきなり大きな倒木
  • 倒木をかき分けて進むと、祠があった。 まっすぐ進まないで、右側にテーピングがあるので、そこを進むと、少し倒木を避けて進める。
  • ここから先も倒木だらけ
  • 湯谷ケ岳到着
  • 山頂は杉林になっている
  • 1時間ほどのんびり休憩して出発 地形図には湯谷へのショートカット道があるが、見つからなかったので、ローズタウンへ戻ることにした。
  • 祠まで戻る、祠の門があったので、調べてみたが、参道はなかった
  • ローズタウンから、車道を下る。 そよ風が気持ちよかった
  • 大円バス停到着
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年7月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?