登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
金山&天狗原山BCスキー2019 金山、天狗原山(上信越)
img

記録したユーザー

100ski さん

この登山記録の行程

7/6
6:25雨飾温泉駐車場-7:37金山登山口7:50-(30分休憩)-13:02天狗原山-14:30金山

7/7
6:56金山-8:04天狗原山-(20分休憩)-11:56金山登山口12:20-13:30雨飾温泉駐車場


総距離 約17.9km 累積標高差 上り:約1,599m
下り:約1,599m
今回は、頸城山塊の金山と天狗原山で山スキーしてきた。
この土日は、晴天の予報の鳥海山に行こうと思っていたが、行く直前になって雨飾エリアが晴天の予報となったので、鳥海山をもう少し時期を遅らせて、雨飾エリアにある金山と天狗原山に行くことにした。

1日目、この時期は金山登山口まで車で入れないので、冬季ゲートがある雨飾温泉駐車場からスタートした。
山の上の方を見上げると、雲がかかっていて、あまり気が進まなかったが、これから晴れるだろうと思い、前に進むことにした。
林道を進むとすぐに崖崩れ箇所があったが、そこを過ぎると金山登山口まで綺麗な状態だった。
金山登山口で朝食を食べた。
登山道に入ると、林道開通前のせいか、通路にも草や笹の芽がたくさん生えていて、草などに付着している露で登山靴、ズボンがベトベトになった。
標高1800mを超えてくると、残雪が出てきた。
残雪の近くには、水芭蕉がたくさん生えていた。
雪解けが遅いせいか、時季外れのイワカガミの花も咲いていた。
さらに登ると、濃い霧の中に入ったが、霧がなくなりそうな場面があった。
標高2000mを超えてくると、まとまった雪渓が出てきた。
今回は、重いスキー板と兼用靴に加えてテント泊セットを担いでいたせいか、踏み抜きが多く、進みがよくなかった。
天狗原山頂上に着いた時は、霧はさらに濃くなった。
さらに進むと、雪渓の上を歩くことが多くなり、雪渓の表面にできたスプーンカットの凹みをステップにして進んだ。
少し急な雪渓の登りは、ウィペットを使って四つん這いで登った。
金山頂上に着くと、霧がさらに濃くなり、霧が薄くなるのを待ったが、逆に濃くなり、予定していた裏金山沢の滑走をキャンセルすることにした。
だんだん雨が降りそうな雰囲気になってきたので、金山頂上で急いでテントを組立て、泊まる準備をした。
外に出ていても、霧で服が湿ってしまうので、テントの中に入り、そのまま就寝した。

2日目、朝まで雨は降らなかったものの、テントを片付けているときから雨が降り始めた。
急いでテントを片付けた。
金山頂上の直下から稜線に続く雪渓を滑走し、濃い霧と雨の中、登山道から外れないように、GPSを確認しながら進んだ。
沢の下の方まで続いていそうな太い雪渓を横目に、下山を急いだ。
天狗原山頂上を通過し、標高2000m付近で滑走を終了した。
スキーブーツから登山靴に履き替え、下山を急いだ。
標高1700mより低くなると霧の下に出て、見通しがよくなった。
さらに下ると雨が止み、金山登山口で、ベトベトになった登山靴、登山着からビーチサンダル、短パン、Tシャツに着替えた。
林道は舗装されているので、ビーチサンダルでも歩きやすいが、濡れたザックに濡れた登山靴、登山着等を含めると半端なく重かった。
林道を1時間少々歩いて、雨飾温泉駐車場に下山した。
下山後、駐車場のすぐそばにある雨飾高原露天風呂で入浴した。
その後、家に帰った。

登山中の画像
登山画像
雨飾温泉駐車場前
登山画像
林道
登山画像
金山登山口
登山画像
登山道。水芭蕉
登山画像
登山道。なめこ
登山画像
登山道。水芭蕉
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道。イワカガミ
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
天狗原山頂上
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
金山頂上。テント泊
登山画像
金山頂上三角点
登山画像
2日目。金山頂上。ミストから雨
登山画像
金山滑走
登山画像
金山滑走
登山画像
金山滑走
登山画像
金山滑走
登山画像
金山滑走
登山画像
登山道
登山画像
金山滑走
登山画像
金山滑走
登山画像
金山滑走
登山画像
金山滑走
登山画像
天狗原山頂上
登山画像
天狗原山滑走
登山画像
天狗原山滑走
登山画像
天狗原山滑走
登山画像
天狗原山滑走
登山画像
天狗原山滑走
登山画像
天狗原山滑走終了
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
登山道
登山画像
金山登山口
登山画像
林道
登山画像
林道
登山画像
雨飾温泉駐車場前ゲート
登山画像
下山後、雨飾高原露天風呂で入浴
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、腕時計、カメラ、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、GPS機器、テント、シュラフ、テントマット、アイゼン、ヘルメット
【その他】 スキー 兼用靴 ウィペット
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

100skiさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

100ski さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。