登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
谷川岳 霧と花 1.7.14  谷川岳 (関東)
img

記録したユーザー

サンシマ さん
  • 日程

    2019年7月14日(日)

  • パーティ

    2人 (サンシマ さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:マイカーで自宅を早朝に出発し、土合口の屋内駐車場へ8時過ぎに到着
    ロープウェイを使用して天神平駅から登山

  • 天候

    曇り(ガス)、風は頂上の他は、ほぼ無し。
    [2019年07月14日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

天神平(09:07)・・・分岐(09:16)・・・熊穴沢避難小屋(09:44)[休憩 8分]・・・谷川岳肩ノ小屋(11:00)[休憩 15分]・・・トマの耳(11:24)[休憩 2分]・・・オキの耳(11:42)[休憩 5分]・・・トマの耳・・・谷川岳肩ノ小屋(12:07)[休憩 53分]・・・熊穴沢避難小屋(13:48)[休憩 7分]・・・分岐(14:12)・・・天神平(14:26)

総距離 約6.4km 累積標高差 上り:約871m
下り:約871m
コースタイム 標準:4時間30分
自己:3時間49分
コースタイム倍率 0.85
梅雨前線と低気圧の影響で、東京や埼玉は昨夜から雨が続いて、登山に行くかどうするか迷っていましたが、新潟県境の山は雨は少ないと予想し、雨降りの朝、マイカーで出発しました。

群馬方面に進むに従い、雨と風は弱くなり、谷川岳の登山中はガスはあるものの雨と風はほとんど無く、展望を除けば登山には良いコンディションとなりました。
一般的には天候不良なので、登山者は少なく、スムーズな登山と霧(ガス)中の花を楽しみました。

登りでの登山道は、道の汚れを雨が流したのか綺麗な道でした。(下りの道は泥で汚れてました。)

避難小屋から先の岩場の登りは、道が広くまた足場がいっぱいあるので問題ありませんでした。
また下りも、岩場が階段状になっているので雨でも問題なく下りられました。

すれ違い時に挨拶した登山者(若い人、2グループ)は、「西黒尾根から登り、キツカッタ」とのことでした。私も登山開始から雨具を着用しているため、汗を多くかき、普段とは違って体力を消耗した感じです。

下山後は、谷川温泉にあるペンション「セルバン」さんへ宿泊しました。
自家源泉、天然然温泉100%かけ流しの湯で登山の汗を流し、美味しい食事を頂きました。
元は民間の保養施設だったということですが、居心地の良い宿です。

また今年の山開き前に富士山に登る等、山にハマっているというご主人、冬場にブルトーザーを運転する奥様から、それぞれ面白い話を伺い、楽しいひと時を過ごしました。

登山中の画像
  • 熊注意報あり(田尻尾根)  西黒尾根下山は、事故多発等・・・
  • 快適ロープウェイです。
  • 去年歩いた田尻尾根は、あっという間に過ぎます。
  • 到着
  • ニッコウキスゲがお出迎え。 今年は遅いようです。
  • 登山開始
  • 雨は上がってます。
  • 木道は歩きやすく補修済
  • 田尻尾根の分岐
  • タニウツギは終わりです。
  • ギンリョウソウ
  • 鎖場
  • 避難小屋着 (去年は、田尻尾根から登ってここで引き返しました。)
  • 一息ついて出発です。
  • ギボウジ
  • 登りが始まりました。
  • 写真では急坂に見えますが、それほど急でもなく、 足場が十分あるので安心して登られます。
  • ヤマブキショウマ
  • (調べ中・・・?)
  • 天狗の留まり場
  • ガスってなければ展望が良さそうな場所。(怖そうな場所?)
  • ハクサンシャクナゲ
  • ベニサラサドウダン
  • ミヤマウイキョウ?
  • 黙々と登ります。
  • (調べ中)
  • イワカガミ
  • キンポウゲ
  • 肩の小屋到着
  • 先客は10人くらいです。
  • 天気が良い日は大行列とか。
  • アカモノ
  • 分岐
  • ガスで展望は無いですが、風が弱いので頂上で楽しみます。(10人くらい)
  • トマの耳
  • オキの耳に進みます。
  • ハクサンチドリが咲いてました。
  • ウスユキソウ
  • ハクサンフウロ
  • ゴゼンタチバナ
  • 少し渋滞
  • オキの耳に到着
  • 肩の小屋へ戻ります。
  • 売店で購入のラーメン¥400 これは美味しい!
  • 先月に楽しめた花
  • 下山開始
  • ザンゲ岩
  • 天狗の留まり場
  • イブキジャコウソウ (登山道外でアップは無理でした。)
  • ここの岩場は、細道なので渋滞です。
  • 避難小屋着 水分補給のジュースが美味しい!
  • 分岐
  • テント泊のお二人、雨でテントが濡れ、 ザックが重いとのこと・・・。
  • 霧の中無事下山です。
  • ロープウェイ乗り場横で靴とスパッツを洗ってスッキリです。
  • 間引き運転中のロープウェイがタイミング良く到着です。
  • 貸切状態なので、ゴンドラの中で着替えです。
  • 乾杯!コーヒーとアイスクリームが美味しい。
  • 一路、本日の宿がある谷川温泉へ。
  • ペンション「セルバン」さんに到着 (谷川温泉の一番奥にあります。)
  • 暖炉があり、広くて落ち着いたロビーがいいです。
  • 天然温泉は、内風呂と露天風呂があり、自家源泉でかけ流し!!最高です。
  • 露天風呂は、屋根がないので夜は星が楽しめそうです!
  • 谷川岳付近の模型が飾ってありました。ご主人製作、素晴らしいです。
  • 朝食、美味しかったです。
  • 宿を後にして帰宅です。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

サンシマさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 谷川岳登山指導センター ~谷川岳
    谷川岳登山指導センター
    濃霧による道迷い、山頂付近の気温、夕立と落雷に注意。登山前だけではなく登山中も天気予報や雲の動きをチェックしましょう
    20年07月14日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

サンシマ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年7月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!