登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
風雨の南北八ヶ岳縦走2泊3日 八ヶ岳、編笠山、権現岳、赤岳、横岳、硫黄岳、箕冠山、根石岳、天狗岳、茶臼山、縞枯山、北横岳、蓼科山(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

カモネン さん
  • 日程

    2019年7月18日(木)~2019年7月20日(土)

  • 利用した登山口

    観音平   麦草峠   蓼科山登山口  

  • パーティ

    2人 (カモネン さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    タクシー
    その他:【入山】JR小淵沢駅から観音平までタクシー(3,400円)
    【下山】蓼科山登山口から茅野駅までバス(1,350円、茅野駅行きは15:40と16:50の2本しかない)

  • 天候

    初日:曇り時々雨 2日目:雨・濃霧及び強風 3日目;雨後曇り
    [2019年07月18日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
観音平(09:25)・・・雲海(09:55)[休憩 10分]・・・押手川(10:30)・・・編笠山(11:25)[休憩 20分]・・・青年小屋(12:00)[休憩 25分]・・・キレット小屋(14:45)

【2日目】
キレット小屋(05:05)・・・赤岳(06:20)[休憩 30分]・・・赤岳天望荘(07:05)・・・三叉峰(07:55)・・・横岳(08:05)・・・大ダルミ(08:30)[休憩 25分]・・・硫黄岳(09:10)・・・夏沢峠(09:45)[休憩 5分]・・・箕冠山(10:20)[休憩 15分]・・・根石岳(10:45)・・・東天狗(11:10)・・・中山峠(12:00)[休憩 15分]・・・にゅう分岐・・・中山・・・高見石(13:35)[休憩 15分]・・・白駒荘(14:15)[休憩 5分]・・・白駒池分岐・・・麦草峠(15:00)

【3日目】
麦草峠(06:10)・・・大石峠(06:25)・・・茶臼山(07:00)[休憩 5分]・・・縞枯山(07:35)・・・雨池峠(07:55)[休憩 10分]・・・縞枯山荘・・・北横岳ヒュッテ(08:45)[休憩 20分]・・・北横岳(09:20)・・・亀甲池(10:10)[休憩 15分]・・・亀甲池分岐・・・将軍平分岐(10:50)[休憩 5分]・・・蓼科山荘(12:05)[休憩 20分]・・・蓼科山(12:55)[休憩 20分]・・・標高2113m地点(14:10)[休憩 10分]・・・蓼科山登山口(15:10)

総距離 約33.6km 累積標高差 上り:約3,984m
下り:約3,830m
コースタイム 標準:27時間40分
自己:19時間45分
コースタイム倍率 0.71
梅雨がなかなか空けず、さらに台風5号の影響で完全に雨予報の中、前々から計画していた八ヶ岳縦走に友人Tさんと行ってきました。眺望は全く期待できないものの、休暇調整の都合もあり予定通り決行です。

【初日】
スタートは観音平。小淵沢駅からタクシーで3,400円。ちなみに、観音平駐車場は雨予報の平日ということもあってガラガラでした。
樹林帯を登り始めるとアブゾーンに突入。払っても払ってもアブが山ほどたかってくるので自ずと歩行ペースアップ。押手川分岐をだいぶ過ぎたあたりでようやくアブを振り切りました。登山道自体はテープをしっかり追えば問題なしです。が、編笠山まではかなり長い急登で消耗が激しく、縦走登山の場合は翌日以降の体力温存も留意すべきでしょう。
編笠山に着いた途端、予報通りの雨。慌ててレインウェアを着込んで出発。途中、青年小屋で「乙女の水」を給水。水量豊富で美味しい!おすすめの水場です。権現岳へは岩場の登り&トラバース。しかし、普通レベルの注意力・体力でOK。なお、権現岳では山頂の岩峰から反対側を覗き込んでみるとスッパリ切れ落ちた断崖絶壁。肝が冷えました。
さて、権現岳からキレット小屋に向かいます。名物の61段ハシゴを含む岩稜地帯のアップダウンは編笠山で酷使した脚にはかなりキツイ。小屋までえらく長いなーと感じつつ到着。小屋番さんによると、今日の客は我々2人だけ。「雨予報の日はいつもこんな感じ。今年は長梅雨で・・・」と嘆いておられました。

【2日目】
5時過ぎに出発。ほどなくして赤岳への急登の始まり。雨と強風の中、岩石帯の急斜面を四つん這いに近い状態で登ります。マーキングを見失わないよう、石を落とさないよう、風でバランスを崩さないよう、いろいろ大変でしたが1時間ほどの格闘の末、ようやく赤岳山頂。あまりの疲労感で山頂小屋で30分ほど休ませてもらいました。
でもまだ先は長い。今日のゴールは麦草峠。赤岳からガレ道を下った後、横岳への登り返し。鎖場とハシゴの連続する岩場です。本来は高度感を楽しめるルートですが、今日はガスガスなのでただ足元のみに集中。
強風に体を持っていかれそうになりながらも、大ダルミの硫黄岳山荘に到着してホッと一息。単なる雨宿りで、何も購入しない我々でもスタッフの皆さんは温かく迎え入れてくれました。この小屋に限らず、赤岳山頂小屋、根石岳山荘、高見石小屋でも同様。感謝です。ただ、縞枯山荘は「休憩のみの利用は不可」とのこと。ま、それも1つのポリシーですな。
硫黄岳山荘を出発。ガスと強風の中、ケルンを目印に硫黄岳に登ります。硫黄岳から夏沢峠へはガレ場の下り。さらに箕冠山へのダラダラ登り、根石岳・天狗岳の岩場アップダウン。割と地味~な区間ですが中山峠に着く頃には疲労困憊。追い討ちをかけるように中山から高見石までは濡れた岩ゴロゴロの歩きにくい下り道。脚も限界近くになっていて相当に時間を食いました。高見石小屋から白駒池も同じような岩ゴロゴロ。また、白駒池から麦草峠の道は雨で小川のようになった水没箇所も。クタクタになって麦草ヒュッテに到着しましたが、明るく親切なスタッフと熱いお風呂で生き返りました。

【最終日】
今日で3日目。重い体で6時過ぎに出発すると、朝っぱらから茶臼山は急登。縞枯山のアップダウンにもやられて、雨池峠でようやく一息。雨が断続的に降る中、北横岳に向かう坪庭に突入。坪庭はまるで浅間山の鬼押し出しのような風景・・・、と思われるものの、ガスって全貌はわからずじまい。
北横岳ヒュッテを経由して北横岳に到着しましたが山頂は吹きさらし。ガスと強風で何も見えませんでした。亀甲池までの長くて急な下りの後、いよいよ天祥寺平から蓼科山へ。時刻は10:50。帰りのバス(15:40)を逃すと次は16:50なので残り僅かな体力をフル投入です。
天祥寺平からも急登。樹林帯を登るとまず岩涸れの大きな沢を横断。さらにその先で沢底の岩石地帯を数十m進み、緑ロープと赤テープを目印に左側の細い道に突入します。このあたりはテープがちょっと疎らで迷いやすい箇所なので要注意です。
突入した道は直登・急登・岩ゴロの3拍子揃った長い長い地獄道。コースタイム80分はちょっとキツイ・・・。途中、何度も悲鳴を上げながらようやく蓼科山荘で一息。そしていよいよ蓼科山頂上へ。大岩の急登と30分格闘の末、この縦走のラスボス山頂に到着。岩石地帯が火口いっぱいに拡がっていてその中央には蓼科神社。すごい光景です。さらに、晴れ間はないものの、雨は上がってガスも消え、八ヶ岳連峰、南・北・中央アルプス、御嶽山、白山連峰が一望。最後の最後でようやく良い気分で締めくくれました。
と思うのはまだ早い。バス停までの下りが残ってます。頂上直下の岩石地帯トラバースを抜けた後の下りは急降下。しかも長い。疲れた脚にはキツイ。ようやく急降下が終わった後の平坦な笹原下りも長い。いったいいつになったら着くんだろうと思いつつ、15:10に蓼科山登山口バス停に到着。蓼科山山頂から120分近く要しました。登山口の女乃神茶屋(この日は休業中)でバスを待っていた人に話を聞くとなんと所要時間は210分!休憩時間抜きとはいえコースタイム130分はちょっとキツイかもです。

ほとんど眺望を楽しめず、雨と風に翻弄された3日間でしたが、行程自体は非常に面白く、南北の八ヶ岳連峰を一気に制覇できて充実感たっぷりの山行となりました。今回ダメだった眺望は「赤岳日帰り」「北八ヶ岳周回」などでリベンジしたいと思います。

登山中の画像
登山画像
観音平駐車場。雨予報の平日のため閑散。手前は…
登山画像
観音平登山口。「熊注意」の掲示あり。
登山画像
雲海はちょっとした広場。
登山画像
編笠山山頂直下の急登。
登山画像
岩だらけの編笠山山頂。
登山画像
編笠山から青年小屋に下る。
登山画像
青年小屋から徒歩3分(キャンプ場の奥)の「乙…
登山画像
権現岳に向かう岩場のトラバース。
登山画像
権現岳(右)とギボシ(左)。
登山画像
権現岳山頂。剣がある。
登山画像
権現岳から赤岳に向かう途中の長い長いハシゴ。
登山画像
赤岳、阿弥陀岳などの遠望。
登山画像
キレット小屋。簡素ながら中はきれい。トイレは…
登山画像
赤岳への急登。ルンゼ地帯は落石注意。
登山画像
マーキングを追えば迷うことはない。
登山画像
鎖場・ハシゴが連続する。しかし、普通の注意力…
登山画像
風雨に煙る赤岳山頂。
登山画像
赤岳山頂小屋の内部。
登山画像
地蔵の頭。
登山画像
横岳に向かう鎖場の急登。
登山画像
見た目ほど危険ではない。ホールドは沢山ある。
登山画像
大ダルミから硫黄岳へはケルンを目で追えば濃霧…
登山画像
強風で吹き飛ばされそうな硫黄岳山頂。
登山画像
夏沢峠手前の迂回路。元の道のすぐそばなのでほ…
登山画像
長梅雨のせいで(?)夏沢峠のヒュッテ夏沢と山…
登山画像
天狗岳山頂。ガスって何にも見えない。
登山画像
中山峠。
登山画像
にゅう分岐付近は水没箇所が多く、木道になって…
登山画像
中山から高見石への下り道。濡れた岩だらけの単…
登山画像
高見石小屋。別荘のようなオシャレ感。
登山画像
白駒池。
登山画像
麦草ヒュッテ。スタッフはとてもフレンドリー。…
登山画像
雨池峠。
登山画像
縞枯山荘付近の木道。
登山画像
坪庭の入口。ここを登って北横岳へ。
登山画像
坪庭。まるで浅間山の鬼押し出しのよう。
登山画像
北横岳(北峰)。ガスガス。
登山画像
亀甲池。
登山画像
亀甲池から天祥寺原への穏やかな道。
登山画像
天祥寺平(将軍平分岐)。ここから蓼科山に登っ…
登山画像
蓼科山荘。
登山画像
将軍平(蓼科山荘)からの急登。鎖場あり。
登山画像
蓼科山山頂。
登山画像
蓼科神社。
登山画像
蓼科神社は頂上(火口)の真ん中に位置している。
登山画像
蓼科山山頂から蓼科山登山口へ向かう場合、最初…
登山画像
蛙石。
登山画像
蓼科山登山口にある女乃神茶屋。この日は休業。
登山画像
蓼科山登山口の駐車場にある公衆トイレ。
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、修理用具、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カモネンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カモネン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!