登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
初めての北アルプス縦走 白馬乗鞍岳、子蓮華山、白馬岳、杓子岳、白馬鑓ケ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

土木作業員 さん
  • 日程

    2013年8月11日(日)~2013年8月14日(水)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:猿倉駐車場に車を止めてバスで八方に移動、ここで栂池行のバスに乗り換え栂池高原に向かう。ここからゴンドラ、ロープウエイを利用して栂池ヒュッテ。栂池ヒュッテからの登山開始です。

  • 天候

    全日程好天
    [2013年08月11日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

1日目
猿倉→八方→栂池→栂池ヒュッテ→白馬乗鞍岳→白馬大池 大池山荘泊

2日目
白馬大池→子蓮華山→白馬岳 白馬山荘泊

3日目
白馬山荘→杓子岳→鑓ケ岳→鑓温泉小屋 鑓温泉小屋泊

4日目
鑓温泉小屋→猿倉


総距離 約21.1km 累積標高差 上り:約1,948m
下り:約2,553m
 今回の山行は全日程好天に恵まれ最高の山旅になりました。また、滞在中ペルセウス流星群の最盛期で連日流星群の観望ができました。更に美しいご来光や夕日も見ることができたのと雷鳥にも会えました。また、山小屋や登山道での出会いも格別で人の人情にも触れることができました。このような成果の大きな山行は、一生のうち何度できるだろう?感動は褪めることはないでしょう。

◌栂池ヒュッテから白馬乗鞍岳 約3時間
 最初は樹林帯の中を登って行きます。徐々に傾斜は大きくなり膝高の段差や両手を使ってよじ登る場面も出ます。天狗原を過ぎて巨岩がごろごろした岩場を攻略し雪渓を横切ると山頂は真近です。
 山頂は登山道に山頂標識とケルンがあるだけといった感じです。只々広い岩の大地といった趣です。

◌白馬乗鞍岳から白馬大池山荘 約40分
 ガレた登山道を緩やかに下りながら進むと白馬大池と山荘の赤い屋根が見えてきます。更に進むと池の畔に着き約半周ほど池を周ると山荘に到着です。

◌白馬大池山荘から小蓮華山 約2時間
 砂礫の登山道を緩やかに登って行きます。約30分程度でご来光ポイントとなる船越ノ頭です。更に尾根を辿って小蓮華山に着きます。山頂には宝剣が祀ってあり山の安全を見守っています。
 この尾根は白馬大池から白馬岳まで続く小蓮華の尾根で適度な傾斜で登るのが楽しく爽快で天空に延びる道といった趣があります。

◌小蓮華山から白馬岳 約1時間30分
 気持ちの良い尾根歩きが続きます。三国境まで30分くらいです。ここで雪倉岳方面と分岐します。分岐点は開けた場所で昼食休憩に適しています。
 三国境を越えると傾斜はやや大きくなってきます。多少の岩場がありますがほぼ危険はないでしょう。初心者の私でも落ち着いて足場を確保すれば特に難しいことはありませんでした。山頂直下を西側に周り込むように岩場を過ぎると山頂の方位盤が見えるところまで出ます。あとは頂上を目指すだけです。

白馬岳から杓子岳 約1時間
 猿倉からの大雪渓を眼下に見ながら気持ちのいい尾根歩きになります。登山道の脇には高山植物が豊富です。時期は過ぎてしまいましたがウルップ草が大変多く見受けられました。
鞍部にとりつくと急斜面をジグザグに登ります。砂礫の道で滑るのと落石に注意が必要です。山頂からは立山連峰を間近に望み、更に白馬岳から小蓮華山への稜線が見渡せます。

◌杓子岳から白馬鑓ケ岳 約1時間
 杓子岳山頂の稜線を南に進み、一旦下ります。途中杓子岳のトラバースルートと合流し白馬鑓の鞍部に着くと砂礫交じりのガレ場をジグザグに登り西側を巻くように登ると山頂が見えてきます。山頂に着くと迫力の立山連峰、剣岳もよく見えます。そして杓子岳の背後に白馬岳更に小蓮華の尾根が見渡せ圧巻の眺めです。
 白馬鑓ヶ岳を三山縦走のゴールにしている方が多く皆さん大変いい顔で記念撮影をしています。一通り撮り終わると他の登山者のカメラのシャッターを自ら進んで押していました。またサービス精神も豊富でいろんなアングルを提案し複数枚撮影しあう光景が続いていました。

◌白馬鑓ケ岳から白馬鑓温泉小屋 約3時間
 天狗の分岐を経由してガレ場の大下りになります。辛い下りになりますが天狗の分岐より下は見事なお花畑があっちこっちにあって目を楽しませてくれます。開けた場所も何カ所かあるので無理せず休み休み進みます。
 2時間ほど下ると鎖場の看板が出てきます。大分疲れが出てくる頃なのでしっかり休憩をとって鎖場に向かいます。この鎖場は毎年滑落者を出しているポイントで、主な原因は疲労から体が動かなくなることと言われています。自分が通過した時は岩場、鎖ともに濡れていて滑りやすい状態でした。難易度的には特に難しい印象はなく、落ち着いて足場を確保すれば問題なく通過できます。
 鎖場を過ぎれば鑓温泉小屋はもうすぐです。

◌白馬鑓温泉小屋から猿倉 約4時間30分
 テント場の脇を抜け雪渓を下ります。時期によってルートが変わりますので事前確認をしてください。ある程度下ると90度方向転換して雪渓を横切るように進みます。雪渓通過時は頭上の落石に注意が必要です。また、なるべく短時間で通過するようにしましょう。
 雪渓を通過すると崩沢、落石沢、大崩とちょっと恐ろしい場所になります。名前のとおり落石や山崩れの多いポイントで、ここも長居は無用です。この後は、ただひたすら下ります。登山道はガレ場やギャップ、根っこなどよく言えばバリエーションに富んだルート。時折開けた場所からは小蓮華の尾根が見渡せて唯一モチベーションを保つネタになっています。
 小日向のコルを登り返せば2時間弱で猿倉に到着です。

◌山小屋情報 
白馬大池山荘 2食付 9000円 夕食はカツカレー
 ※夕食は時間指定の入れ替え制でした。 モンベル会員で割引あり。

白馬山荘 2食付9000円 夕食はハンバーグ定食
 ※夕食時先着順でテーブルにつくのでタイミングが悪いと待たされることになります。
  モンベル会員割引あり

白馬鑓温泉小屋 2食付9000円 夕食はエビフライ定食
 ※夕食は時間指定入れ替え制 露天風呂からはご来光が見れます。

登山中の画像
登山画像
栂池ロープウエイ
登山画像
白馬乗鞍岳直下のガレ場
登山画像
白馬乗鞍岳山頂のレリーフ
登山画像
白馬乗鞍岳山頂
登山画像
白馬乗鞍岳から大池に向かう
登山画像
大池に向かう道のお花畑
登山画像
夕暮れの白馬大池
登山画像
船越の頭から小蓮華山への稜線
登山画像
船越の頭から白馬岳を望む
登山画像
小蓮華山稜線より、雲海の景色
登山画像
小蓮華山より白馬岳にむかう稜線
登山画像
小蓮華山より白馬岳を望む
登山画像
小蓮華山山頂の宝剣
登山画像
稜線より朝日岳方面
登山画像
白馬岳直下
登山画像
白馬岳山頂方位盤
登山画像
白馬岳山頂の日没
登山画像
影白馬岳
登山画像
杓子岳から鑓ケ岳方向の稜線
登山画像
白馬岳山頂付近の稜線より ご来光
登山画像
白馬岳から杓子岳と白馬鑓ケ岳を望む
登山画像
杓子岳山頂
登山画像
白馬鑓ヶ岳山頂からの剣岳
登山画像
白馬鑓ケ岳
登山画像
白馬鑓ケ岳直下
登山画像
白馬鑓ケ岳山頂 稜線の先に白馬岳、更に小蓮華…
登山画像
鑓温泉小屋露天風呂からご来光
登山画像
白馬鑓温泉小屋下の雪渓
登山画像
崩沢看板
登山画像
崩沢
登山画像
崩沢状況
登山画像
落石沢状況
登山画像
落石沢
登山画像
下山道からの眺め 小蓮華尾根
登山画像
下山道の眺め 小蓮華尾根
登山画像
下山道からの眺め 小蓮華尾根と白馬岳
登山画像
猿倉荘
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

土木作業員さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

土木作業員 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年12月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!