登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
高尾山 高尾山(関東)
img

記録したユーザー

釣り好き さん

この登山記録の行程

高尾山口駅(06:40)・・・清滝駅前(06:43/06:50)・・・6号路入口(06:57)・・・琵琶滝(07:09)・・・大山橋(07:35)・・・稲荷山尾根(07:54)・・・高尾林道出会い(08:01)・・・ふれあい館分岐(08:43)・・・学習の歩道分岐(09:10)・・・防火帯の道分岐(09:18)・・・一丁平展望台(09:48)・・・富士見台あずま屋(10:36/11:00)・・・高尾山山頂(11:20)・・・薬王院(11:38)・・・野草園、サル園(12:08/12:38)・・・霞台(12:40)・・・高尾山駅展望台(12:44)・・・高尾山口駅(13:30)


総距離 約13.0km 累積標高差 上り:約1,156m
下り:約1,155m
 もう真夏本番のような暑さなのにまだ梅雨は明けてないのだろうか。天気予報では今日も午後から豪雨と雷に注意という。それで遠くには行かずに高尾山周辺をウロウロ。今日の目標はイワタバコとレンゲショウマ。
 まずは琵琶滝、予想通り(1週間前に見ているので当たり前か)イワタバコが咲き始めている。紫の花弁にオレンジの花芯、大きな葉っぱも雨に洗われて輝いている。
 沢歩きの手前から稲荷山尾根に登って高尾林道へ。アップダウンが緩やかで他に人もいないのでのんびりできる。山の南側なので日向が多いがところどころ日陰もあって気持ち良い。ヤマユリがあちこちで咲いている。防火帯の道を登って一丁平展望台に到着。富士山は雲で見えないが南東方向はクッキリ遠くまで見渡せる。
 富士見台のあずま屋で休憩、まだ早いけれど誰もいなくて静かなのでここで昼食。アリがいたのでアリ地獄で遊ぶ。アリにとってはとんでもない迷惑だけれどパッパッと砂を飛ばして出てくるのが面白い。
 高尾山頂を経由して薬王院へ、レンゲショウマが咲き始めていた。上品で清楚な雰囲気、まさに森の妖精。ツボミもたくさんあるのでこれからしばらく楽しめそう。例年一緒に咲いているフシグロセンノウは見当たらない。コジュケイの家族が砂浴びをしていた。数メートルの距離から写真を撮っていたら段々人が集まってきてしまった。クシャミをする人がいたりして驚かせないか心配だったが、全然気にする様子もなく砂浴びを続けていた。
 まだ早いし天気も良いので野草園に寄り道、いつも持ち歩いている「高尾山トクトクブック」を入場券売り場で見せると100円引き(420円→320円)にしてくれる。入口のところでイワタバコが満開。殆どの花は高尾山を歩いていれば見られるものだけど短時間で効率的に見ることができるのがメリット。ブラブラしていると、後から来たオジさんが植物園はどこですか?と尋ねてきた。まさかここがそうだとは分からなかった様子。確かに植物園と思って入園するとイメージと違うかもしれない。「花は少ないけどここがそうなんですよ、ほら名前の立札があるでしょ」と教えてあげたが、何だか申し訳ないような気分になってしまって、あっちの方にレンゲショウマが咲いていますよと余計なお世話。本当に花が少ないのでサルを見物、こちらはガラス越し。2ヵ月前に大分の高崎山を観光、あちらは仕切られていないのでまさにサルの群れの中。3週間前に小下沢でみたサルは敏捷に動き回って生き生きしていた。それらに比べるとイマイチ迫力不足。
 1号路を前後になりつつ山下りしていたワンコが暑さに耐え兼ねたのか小川に入って腹ばいになり「気持ちイイ~」と言うように飼い主さんを見上げていた。飼い主さんは「しょうがないなー」と言う感じで気長に待ってあげている、なごむ光景。天気は良いままだったがだいぶ早目に高尾山口駅に到着。

登山中の画像
登山画像
0639 高尾山口駅前
登山画像
0643 清滝駅前の木陰で朝食
登山画像
0650 朝から太陽ギラギラで完全に夏空です
登山画像
0652 ヤブミョウガ(薮茗荷)が咲き始めました
登山画像
0652 ヒラタアブが蜜を吸いにきました
登山画像
0656 ウバユリ(姥百合)のツボミがたくさん立…
登山画像
0657 6号路入口(左)
登山画像
0658 ヤマホトトギス(山杜鵑草)もあちこちで…
登山画像
0703 イワタバコ(岩煙草)が開花していました
登山画像
0703 一年ぶりのご対面です
登山画像
0708 琵琶滝分岐、右に行くと急坂を登って2号路…
登山画像
0709 琵琶滝
登山画像
0711 イワタバコ
登山画像
0711 
登山画像
0711 キレイですね
登山画像
0735 大山橋
登山画像
0751 ここから左の稲荷山尾根へ
登山画像
0754 すぐに稲荷山尾根に着きます
登山画像
0758 南側の階段を降りて高尾林道へ
登山画像
0801 高尾林道に出ました
登山画像
0814 小さな滝がありました
登山画像
0819 ヤマユリ(山百合)がそこかしこで咲いて…
登山画像
0820 茎の細さに不釣り合いな花
登山画像
0826 なぜか所々舗装されています。崩落防止で…
登山画像
0843 分岐、左はふれあい館(トイレも使わせて…
登山画像
0910 学習の歩道への分岐
登山画像
0916 オトギリソウ(弟切草)。名前の由来は、…
登山画像
0917 ツボミや葉に付いている黒点は返り血とも…
登山画像
0918 防火帯の道を登って一丁平へ
登山画像
0924 2匹のアリが少し大きめのアリを捕まえて引…
登山画像
0924 応援が現れて3匹になりました
登山画像
0938 トラフシジミ(夏型)のようですがどうで…
登山画像
0940 アキノタムラソウ(秋の田村草)。まだ7…
登山画像
0944 背の高いシシウド(猪独活)が咲き始めま…
登山画像
0948 一丁平のあずま屋
登山画像
0948 オオバギボウシ(大葉擬宝珠)の群生
登山画像
0949
登山画像
0949 一丁平展望台
登山画像
0950 遠くに相模湾も見えます
登山画像
0950 もちろん江ノ島も
登山画像
1012 キキョウ(桔梗)
登山画像
1012
登山画像
1016 アカハナカミキリ
登山画像
1017 もみじ台は巻いて右の富士見台へ
登山画像
1023 死んだミミズに群がっているようです
登山画像
1026 ヤイトバナ(灸花)
登山画像
1026 夏の花です
登山画像
1028 タマアジサイ(玉紫陽花)
登山画像
1028 苞が割れてツボミが顔を出しました
登山画像
1028 咲き始めです
登山画像
1028
登山画像
1036 富士見台のあずま屋、静かなのでここで昼食
登山画像
1051 アリ地獄にアリを入れて見ました。瞬時に…
登山画像
1110 高尾山西側階段下の6差路に出ました
登山画像
1110 石段を登って高尾山頂へ
登山画像
1117 
登山画像
1120 高尾山頂標識
登山画像
1121 遠くまでクッキリ見えます
登山画像
1121 横浜の街、海の向こうは房総半島
登山画像
1138 薬王院
登山画像
1145 レンゲショウマ(蓮華升麻)が咲き始めま…
登山画像
1146
登山画像
1146 ツボミもたくさん
登山画像
1146 うっとりと眺めます
登山画像
1147 コジュケイの家族が砂浴び
登山画像
1147 気持ちよさそうですね
登山画像
1148 人を気にせず一心不乱・・
登山画像
1209 ここから野草園、サル園
登山画像
1209 イワタバコが咲いていました
登山画像
1209 見事ですね
登山画像
1211 サネカズラ(実蔓)はまだツボミ
登山画像
1224 フシグロセンノウ(節黒仙翁)が咲いてい…
登山画像
1225 薬王院では見つからなかったのでラッキー
登山画像
1230 高尾山に野生のものは無いと思います。も…
登山画像
1230 咲いているのを見たかったけれどツボミば…
登山画像
1235 暑いのかジッとしています
登山画像
1240 霞台からの展望
登山画像
1240 横浜の街がクッキリ眺められます
登山画像
1244 ケーブルカー高尾山駅前の展望台
登山画像
1244 東京スカイツリーもクッキリ
登山画像
1244 こちらは東京タワー
登山画像
1303 枝が邪魔してこんな写真になってしまいま…
登山画像
1309 第一ヘアピンカーブ
登山画像
1314 ハグロソウ(葉黒草)を見つけました
登山画像
1322 石畳になればもうすぐゴール
登山画像
1332 高尾山口駅に着きました、今日は早目に帰…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、傘、タオル、帽子、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

釣り好きさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

釣り好き さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年9月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...