登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
白峰三山縦走(台風接近で撤退) 北岳、間ノ岳、農鳥岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

VAN さん
  • 日程

    2019年7月26日(金)~2019年7月27日(土)

  • 利用した登山口

    広河原  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往路:JR甲府駅より山梨交通バス広河原BS下車
    復路:広河原BSより山梨交通バス甲府駅BS下車

  • 天候

    1日目:晴れのち午後ガス、夕方より小雨、夜暴風雨。2日目:未明晴れのちガス時々雨
    [2019年07月26日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
広河原(04:09)・・・白根御池小屋(06:22)・・・小太郎尾根分岐(09:08)・・・北岳肩ノ小屋(09:41)[休憩 109分]・・・北岳(12:18)[休憩 42分]・・・北岳肩ノ小屋(13:45)

【2日目】
北岳肩ノ小屋(04:00)・・・小太郎尾根分岐(04:20)・・・白根御池小屋(05:42)・・・広河原(07:30)

総距離 約11.9km 累積標高差 上り:約1,946m
下り:約1,946m
コースタイム 標準:11時間34分
自己:10時間35分
コースタイム倍率 0.91
縦走の予定だったが、台風6号の接近により無念の撤退。
計らずも「北岳に来ただけ」になってしまった。

計画実行の最終決定は21日。この時はまだ台風発生の予報はなかった。出発前に天気予報を見たが、天候はなんとか保つのではないかと希望を持って出発。
広河原山荘テント場に前日泊。往路は大樺沢雪渓が見たかったので大樺沢二俣〜右俣コース。復路はスピード優先で草すべりコースを使った。

1日目の夕方、 肩の小屋より台風接近につき明日1100以降バスタクシーは通行止めとの連絡あり。再開の見込みは未定とのことで、翌日の下山が確定となる。
夜、小雨混じりの風強まる。テントはかなり煽られたが、張り綱をしっかり貼っておいたのでほぼ問題はなかった。

グランドシート、雨具など、晴天時には使わないものをフルに使用した。
荒天時のテント泊は初めてだったので、いい経験になった。
標高3000m付近で高山病になった。軽い頭痛。水分の摂り方が足りなかったかもしれない。


25年前に踏破したルートに再度挑戦してみたかったが、天候に阻まれた。また来ることを誓う。山は逃げない。(体力は逃げる)

登山中の画像
  • 新宿より高速バスで甲府まで。
  • 武田信玄がお出迎え。
  • バスの中から。北岳は雲に隠れて見えなかった。
  • 広河原到着。
  • 広河原山荘テント場に前日泊。1泊500円。
  • 山荘で昼食。ワインビーフ丼、1,400円。
  • テント場に野イチゴ。
  • シナノナデシコ?河原にたくさん咲いていた。
  • スマホで情報収集。台風は直撃コースに。
  • 夕食後に雨が降ってきた。
  • 0409時広河原出発。
  • 空は晴れている。
  • 森に朝日が当たり始める。
  • 陽が当たると前日の雨は水蒸気となって雲が湧きだす。
  • ギンリョウソウ。恥ずかしながら初見。
  • シロバナグンナイフウロ
  • ゴゼンタチバナ
  • 白根御池。次はここに泊まりたい。
  • 草すべりコースは使わず二俣へ。
  • グンナイフウロ 。
  • 大樺沢雪渓。雲間から北岳ピークが見える。
  • 二俣のトイレ。
  • ミヤマハナシノブ。
  • コバノコゴメグサ。
  • 気の早いマルバダケブキが花を付けていた。
  • ヨツバシオガマ。
  • ガスがかかって景色が見えない。
  • ルリビタキ(メス)。
  • 10〜20頭の鹿の群れに会う。食み跡もあった。食害が進んでいるようだ。
  • ハイマツ。
  • 草すべりとの合流地点。
  • 急にガスが切れて青空が。
  • 夢中でシャッターを切る。
  • 北岳ピークも近い。
  • キバナシャクナゲ。
  • 小太郎尾根分岐点。
  • イワウメ。
  • ハハコヨモギ。
  • タカネツメクサ。
  • オヤマノエンドウ
  • 肩の小屋までもう一息。
  • 到着。すぐにテント設営。
  • テント場。
  • 肩の小屋でラーメン。1,000円。醤油の塩分が疲れた体に染みる。
  • 小屋脇を抜けて山頂を目指す。
  • イワヒバリ。キミはどこにでもいるな。
  • チョウノスケソウ。
  • タカネシオガマ。
  • イワカガミ。
  • ミヤマオダマキ。何度見ても不思議な形だ。
  • ガレ場の尾根を登る。
  • ビバークにちょうどいい岩穴。
  • ガスに烟るピーク。
  • 山頂はガスで真っ白。
  • 山頂から間ノ岳方面に少し行ったところで、ライチョウ(オス)が一瞬だけ顔を出す。この後しばらく粘ったが出てくることはなかった。
  • イワベンケイ。
  • クモマナズナ。
  • ミヤマキンバイ。
  • 肩の小屋に戻って生ビール。美味い。高い。900円。
  • 小雨が降ってきたので、テントの中でダラダラする。
  • 「晴れたぞ!」の声に慌ててテントから顔を出すとガスの中から北岳が姿を現した。
  • 雲海に浮かぶ甲斐駒ヶ岳。
  • 仙丈ヶ岳。
  • クロユリ。
  • 夕食はレトルト親子丼と肩で担ぎ上げた缶ビール。
  • 0200時起床朝食。少しでも荷物を減らすため朝っぱらからカツカレー。カツは駄菓子のBIGカツ。
  • 0400時下山開始。ほとんど写真を撮らずに広河原まで。
  • 0730時、広河原到着。0800時発甲府行きのバスで帰路につく。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

VANさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    臨時休業4/3~12(小屋宿泊、テントとも利用不可)。感染症対策として北杜市からの要請です
    20年04月03日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

VAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月8日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。