登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
道が無い地蔵山 地蔵山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん

この登山記録の行程

09:05 宕陰バス停
12:26 地蔵山
12:57 合流
13:15 愛宕神社
13:54 水尾の分かれ
14:20 5合目
15:02 25丁
15:08 お助け水
15:27 清滝


総距離 約10.4km 累積標高差 上り:約1,111m
下り:約1,461m
地蔵山の東側の斜面を登って、三頭山を経由して日吉に抜けるルートを計画

JR八木駅から京阪京都バスで宕陰出張所前で下車、入り口を探すのに少しうろうろしたが、神社の裏に登り口を見つけた。
登っていくと、地元の人に、道は無くなっているよって言われたが、あまり心配はしていなかったので、GPSがあるから大丈夫と言って、登っていく。

ゲートを入って少し進むと、本当に道が無くなっており、そのまま進めなくなっている。仕方ないので、鹿除けの柵の中に入り、杉林を進むことにした。もちろん道は無く、20度程度の急斜面をゆっくり登っていくが、かなりしんどい。

関電の鉄塔までたどり着いて、その先は藪の中なので、藪をかき分けて、杉林に入って行く。
こちらは、更に斜度がきついが、しばらく進むと、とても登れない急斜面が立ち塞がっている。

道があればともかく、道がないので、諦めて、水平に移動して、地蔵山の稜線に出ることにしたが、歩きやすい杉林は、鹿除けが邪魔をし、入れないので、ほぼ藪の中の急斜面を手探りで登っていく。

ハエが汗に群がってくる。大きなアブにも再三襲われるので、長くじっとしていられない。

鹿除けの柵が切れたところまで登って、そこから水平に移動して、何とか地蔵山の稜線にたどり着く。
この時点で、ヘトヘト、もう先に進む気力を無くしてしまっていた。

もともと、急斜面なので、2時間を計画したが、3時間かかって到着。計画ルートのバスには間に合わないので、愛宕山から下ることにした。

地蔵山でカボスそうめんで早めの昼ご飯
のんびり昼食をと思ったが、大きなアブに襲われるので、ゆっくりしていられない。
40分程休憩して下山

登りで、右足の親指を痛めていたので、軽快に歩くことは出来ないので、延々階段を下るのはかなりしんどい。
途中お助け水で、ほてった体を冷やし、着替えて清滝に下山。

12半に出発して、15時20分に到着。
バスまで30分あるので、河原で痛めた足を冷やす。冷たくて気持ちいい!

10.4Km 6時間46分 散々な結果だった。

登山中の画像
  • 宕陰営業所前バス停 1日3本
  • 神社の裏に登山道がある
  • ゲートを入って行く
  • いきなり道がありません!
  • 杉林の急登をんぼっていく。 道はありません。
  • 斜度は20度を超えている。
  • 鉄塔へ到着
  • 更に進むと、もっと急登の斜面、この先で、も上れない急斜面に阻まれる。
  • 600mの藪を1時間かかって上ってきた。へとへとです。
  • 地蔵山山上
  • 昼ご飯 大きなアブの攻撃にさらされる
  • 三頭山へは道が険しいので、諦めて、愛宕山へ向かうことにした。
  • 竜ケ岳分岐
  • 少し涼しい中、景色が見えるので、ちょっと気持ちが良い
  • どっち行こうかな
  • 前は月輪時に降りたので、今回は愛宕神社経由で降りるか
  • 書かれている時間は嘘です。
  • 清滝へ ここからも80分と書かれているが、こちらは本当
  • まだまだ標高は高い
  • 25丁
  • お助け水。 たすかるなぁ。 ここでさっぱりして、着替えた
  • 清滝のバス停 今15;29 バスの時間は15:50 時間あるから、河原で水遊びしよう !!!バス停はこの先10分の文字を読んでいなかった!
  • 冷たくて、気持ちいい!!
  • 5分前、バスこないなあ? ここで10分先にバス停を見た 慌てて走ったら、バスが待っていてくれていた! ラッキ-!
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?