登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
たまには親子で尾瀬ヶ原 尾瀬ヶ原(関東)
img

記録したユーザー

あし0316 さん
  • 日程

    2019年8月3日(土)~2019年8月4日(日)

  • 利用した登山口

    御池   沼山峠  

  • パーティ

    2人 (あし0316 さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:船橋IC→外環経由→東北道那須塩原IC→国道400号→御池駐車場
    ★1回1000円→指定の小屋泊で無料サービスの特典利用
    復路 沼山峠BS 10時45分発→尾瀬御池 バス代大人/590円(下車時に現金精算)

  • 天候

    初日 晴れ午後急な雨のち晴れ  2日晴天
    [2019年08月03日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
御池(07:15)・・・上田代(08:10)[休憩 5分]・・・天神田代(08:50)・・・兎田代分岐(09:45)・・・兎田代(09:50)・・・三条ノ滝分岐(10:00)・・・赤田代(10:50)[休憩 30分]・・・東電小屋分岐(11:45)・・・東電小屋(12:05)・・・ヨッピ橋(12:17)・・・竜宮十字路(12:40)[休憩 5分]・・・見晴(下田代十字路)(13:15)

【2日目】
見晴(下田代十字路)(07:11)・・・燧ヶ岳分岐(07:26)・・・白砂峠(08:05)・・・沼尻平(08:30)[休憩 35分]・・・浅湖湿原(09:20)・・・大江湿原(09:35)・・・沼山峠(10:18)

総距離 約23.5km 累積標高差 上り:約952m
下り:約755m
コースタイム 標準:9時間35分
自己:7時間52分
コースタイム倍率 0.82
2年振りの尾瀬。千葉から6時間かけて娘と運転交代。深夜2:40到着。御池駐車場で車中泊。まぁ、そこそこ停車している。5時30分に目が覚めて、トイレを行ったり来たり。(山に入る前に大を済ませたい一心。)便秘症の人は特に切実なんだよね。で、のらりくらりして7時15分に出発。 燧ケ岳には登らず、燧裏林道経由で見晴・燧小屋泊。実は尾瀬ヶ原をまともに歩いたことがない。私の尾瀬=登山なんで。真夏の尾瀬、暑い~。花はキンコウカが主役だった。無理強いして誘った娘には登山なし・木陰を歩くきつくないルートをチョイス。池塘の花を見ながらゆったり歩くのもいいな(^^♪
 三条の滝は通過して赤田代の温泉小屋でグリーンカレーランチ。グレープフルーツジュースが乾いた喉を潤してくれた。丁度東電小屋へ出かける間際に歩荷さんが到着。娘よ、下界と違って簡単に食材が手に入るエリアではないんだよ。木道は快適。東電小屋は大勢の人で賑わっていた。ヨッピ橋から竜宮小屋へ向かう。尾瀬ヶ原は直射日光で暑い。そして空には怪しい雲が・・。2013年。尾瀬で最初に食らった洗礼はお天気雨と低体温症。この地で痛い目にあって、早出早着と天候のことを意識するようになった。燧小屋には13時半まえに到着。相部屋かと思いきや、個室。おまけに桧枝岐村のイベントで1000円クーポン券付きはお得でした。暑かったのと仮眠時間が短かったので風の通る快適なお部屋で寝落ち。30分くらいで回復したかな。で、やっぱりお天気雨。びしょびしょになりながら歩いている人の姿が昔の自分と重ね合う。雨はさっと止み、16時に一番風呂。風呂上りに生ビールを飲んだ後は、娘とテン場や見晴の小屋を見て歩く。見晴ではポケモン狩りができたとゲーム好きの娘の報告。夕食後には星空散歩。湿原ではホタル狩りですって。視力の悪い親子には全く見つけられなかった・・。燧小屋の若い主の子供たちは随分と大きくなった。お母さんの手料理はどれも美味しかった。山小屋では普通にWI-FIが使える世の中。尾瀬も進化しているな~。
 翌朝もトイレ事情で7時15分発。尾瀬沼を見ながら沼山峠まで。湿原の花達も目立つ花は無く、寂しい印象。バスは12時台だったから、のんびり歩くつもりだったが娘の足の速いこと。体力年齢24歳を自負していたが、やはり実年齢50歳の婆さん。20歳についていくのがやっと。尾瀬沼を近くでじっくり見るのは初めて。沼尻で大休憩。赤田代から尾瀬ヶ原界隈はトイレが充実。そしてどこも綺麗に管理されている。南岸経由を考えたが暑さを考えると浅湖湿原を見ながら回ることにした。日焼けを嫌う娘の顔がむくれたのもある。結構いいペースで歩いたのでいちかばちか、10時台のバスに乗車をもくろんだ。大江湿原はニッコウキスゲが花盛り。平野家の墓所へ向かう小道はヤナギランが咲いていた。木道をひたすら登ってやがて下っていくと、『山の駅沼山峠』の青い屋根が見えた。バスは10時45分発。桧枝岐での昼食と温泉を楽しみに下山。クーポン券は入浴代と食事代の一部として有効に利用できた(^^♪
 燧小屋に忘れ物してきた(また水筒・・。)9月に取りに行ってきます。(;^_^A 

追記:お馴染み桧枝岐村の『燧の湯』に立ち寄り湯。アブの発生で露天風呂には入らず。浴室にも2匹くらいいてゆっくりお湯を楽しむどころではなかった。裁ちそばっていったら、丸屋さん。有名店は夏休み満員御礼。アルザの方へ移動。一角に道の駅なんて出来てたが、トイレと観光案内所みたいなものだった。道路を挟んだスキー場敷地には雪。真夏にヒップソリやフリスビードッグのイベント開催中。雪になる前に財源確保!頑張れ、桧枝岐村。

登山中の画像
登山画像
朝日の中のノアザミ
登山画像
セッコク
登山画像
ウバユリ
登山画像
アルビノのギボシは珍しい。
登山画像
ジャコウソウ
登山画像
クガイソウ
登山画像
ミヤマトウバナ?
登山画像
浅湖湿原のコオニユリ
登山画像
平野家の墓所へと続く道に咲くヤナギラン
登山画像
ジョウシュウオニアザミはすぐわかる。
登山画像
夏だ~。暑くなりそう。
登山画像
池塘の色って大好き。
登山画像
もくもくと積乱雲。
登山画像
ヨッピ橋(^^♪
登山画像
夏の燧ケ岳。いい山です。
登山画像
正面の山が景鶴山だって~。200名山。残雪期…
登山画像
白い虹のように見える夏の空。
登山画像
夕暮れ時の空模様。
登山画像
燧小屋。見晴の奥まったところにある。今年は梅…
登山画像
池塘の色って神秘的
登山画像
尾瀬沼。
登山画像
平野家のお墓。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

あし0316さんの登山記録についてコメントする

あし0316 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 何度も登っている山に、いつもと同じ荷物を「ズール30」にパッキングして登った「つとくん」さん。その感想は?
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ