登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
富士山(須走口~お鉢巡り) 富士山(関東)
img

記録したユーザー

はお さん
  • 日程

    2019年8月4日(日)~2019年8月5日(月)

  • 利用した登山口

    須走口五合目  

  • パーティ

    4人 (はお さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:御殿場駅より須走口行きバス

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

【1日目】
須走口五合目(10:47)・・・六合目(12:19)[休憩 21分]・・・本六合目(13:15)[休憩 10分]・・・七合目(14:25)[休憩 21分]・・・本七合目(15:29)[休憩 14分]・・・八合目(下山道分岐)(16:13)

【2日目】
八合目(下山道分岐)(01:55)・・・本八合目(02:12)[休憩 3分]・・・九合目(03:39)・・・須走口・吉田口頂上(04:23)[休憩 60分]・・・御殿場口頂上(05:57)・・・富士宮口頂上(06:00)[休憩 29分]・・・剣ヶ峰(06:43)[休憩 12分]・・・須走口・吉田口頂上(07:25)[休憩 33分]・・・八合目(下山道分岐)(08:31)[休憩 1分]・・・本七合目(08:49)[休憩 15分]・・・七合目(09:23)[休憩 9分]・・・砂払五合目(10:39)[休憩 42分]・・・須走口五合目(12:07)

総距離 約14.7km 累積標高差 上り:約1,987m
下り:約1,987m
コースタイム 標準:11時間56分
自己:11時間8分
コースタイム倍率 0.93
 梅雨明けの好天に恵まれすっきりと晴れました。
 御殿場では最高気温34℃とのことで大変暑く、初日は7合目ぐらいからやっと涼しく感じるもTシャツ1枚で8合目まで対応できました。1時間程度早い昼食をとったりなどして5合目で過ごし出発。保全協力金を支払う所にいらっしゃった係りの方から6合目まではとにかくゆっくり登るというアドバイスを頂戴し、とにかくゆっくりゆっくりと心がけて登るようにしました。ところどころついつい早くなってしまい、花などを観察するなど楽しみを入れれば良かったと反省。水分が足りなくなると高山病になりやすいということを聞いていたので、スポーツドリンクをちょっとずつ頻繁に口に含みながら進みました。特に混雑することもなく、8合目の下江戸屋さんで一泊。

 混雑度合いにもよってご来光めがけた出発時間の設定が難しかったのですが、土曜ほどは混んでいないとのお話を山小屋で伺い2時前に出発したものの、吉田口からの登山道と合流する本8合目からやはり渋滞。もう20分程度早ければ気持ちはゆったりしたかもしれないと思いました。渋滞はしていたものの少しづつ流れはしていたので、大混雑ではなかったのかもしれません。また、空気が薄いので、むしろこのぐらいの渋滞で制約があったほうが、自分にとっては無理な早さにならず良かったのかもしれません。

 なんとか日の出に間に合ったので頂上でご来光を拝めました。この日は江ノ島までも見ることができ、大山や金時山など先日練習で登ってきた山々も見え、最高の景色に出会うことができました。高山病にもどうやらならなかったようで良かったのですが、急激な動きをするとちょっとクラクラしたりなど、やはり酸素がすくないのだなぁということ感じました。

体力的に余裕がありそうな気がしたので、お鉢巡りにも挑戦しました。登山前に調べていたWebなどでは右回りが良いということで右回り(時計回り)で向かいました。剣ヶ峰に向かう馬の背は、大変滑りやすく、ストックをついても滑って足が持っていかれそうな感覚で大変怖かったです。できるだけ3点支持を考えながらそぉ〜っと登りました。右回りで登る方向にしていて良かったと思います。逆回りで降りて来る方もおられるのですが、滑ってしまい止まらなくなってしまった方と同行のメンバーが衝突しそうになったりしたので、自分の足元だけでなく、上の方にどのくらい人がいてどういう風に来るかなどを想像しながらコース取りを考える必要がありそうです。

剣ヶ峰の測候所跡にある石碑に行こうと思いましたが、たくさん並ばれていて1時間はかかりそうだったのと、風も強くなってきた感じがしたので(高いだけでビビりな私は少しの風でも完全にビビってました)、ここまでこれたから十分、行ったことにしようとして、諦めました。

無事お鉢巡りを終え、下山。前半飛ばしすぎてしまい、後半にももの筋肉が悲鳴をあげてしまいました。簡単に言えば下手くそというか基本がなってない・・なんですが、ももの外側の筋肉がパンパンに。。で、やっぱり下山は難しいと痛感。もっと楽しく下山できる力をつけたいと切に思いました。

途中で追い打ちをかけたのが、ストックの折損。左足の靴が岩と岩の間にぴったりと挟まってしまい抜けなくなって、もがいているうちに挟まっていた靴が抜けた瞬間、バランスを崩して右手に持っていたストックごと右側に転んでしまいました。体が完全にストックに乗り上げる形で倒れため、ストックが曲がりながら頑張ってくれ、私はゆっくりと着地。おかげで無傷だったのですが、冷静に考えると大変危ない状況だったと思います。こういう時は、まず座ってから動きをとるべきでした。。

数々の学びと反省の多い富士登山でしたが、無事下山できたことはとても良かったです。

登山中の画像
登山画像
5合目と6合目の間から山頂を望む
登山画像
7合目から。天気が良くて良かったです。
登山画像
8合目。空中散歩のような絶景。
登山画像
8合目。影富士が見えました。
登山画像
山頂でのご来光。
登山画像
江ノ島も見えました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール
【その他】 ウェットティッシュ、ゴミ袋、モバイルバッテリー、使い捨てマスク
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

はお さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。