登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
旭岳・トムラウシ縦走 大雪山・トムラウシ(北海道)
img

記録したユーザー

Yamakage さん
  • 日程

    2019年7月13日(土)~2019年7月16日(火)

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:羽田空港→旭川空港:飛行機、
    旭川空港→旭岳:路線バス、
    山麓駅→姿見駅:ロープウェイ
    トムラウシ温泉→新得駅:送迎バス
    新得駅→帯広駅:JR
    帯広駅→帯広空港:路線バス
    帯広空港→羽田空港:飛行機

  • 天候

    初日:曇り、2日目:曇り、3日目:曇り後晴れ、4日目:僅かに晴れ後曇り
    [2019年07月13日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

初日:姿見駅(12:10)・・・旭岳石室(12:30)・・・旭岳(14:40)・・・裏旭キャンプ指定地(15:35)
2日目:裏旭キャンプ指定地(5:10)・・・北海岳(6:40、6:55)・・・白雲岳分岐(8:00、8:10)・・・白雲岳避難小屋(8:40、8:50)・・・高根ヶ原分岐(10:10、10:30)・・・忠別沼(12:15、12:20)・・・忠別岳(13:20、13:30)・・・忠別岳避難小屋(14:40)
3日目:忠別岳避難小屋(5:35)・・・五色岳(6:40、6:50)・・・化雲岳分岐(8:15)・・・ヒサゴのコル(8:55、9:00)・・・天沼(10:00、10:20)・・・北沼分岐(12:40)・・・トムラウシ山頂(13:20、14:20)・・・南沼キャンプ場(14:50)
4日目:南沼キャンプ場(5:20)・・・トムラウシ山頂(5:45、6:20)・・・南沼キャンプ場(6:50、7:40)・・・前トム平(9:00、9:15)・・・コマドリ沢出合(10:00、10:10)・・・短縮コース分岐(12:55)・・・トムラウシ温泉(14:15)


総距離 約41.8km 累積標高差 上り:約2,494m
下り:約3,444m
北海道の山は、神奈川に住む私には、天気の状況を見ながら山行を決めることが多い北アルプスのようなわけにはいかない。
連休を利用する日程で仕事の調整をし、飛行機の予約をしてしまったら、変更はほとんど不可能で、よほどの悪天でない限り決行となる。永く行きたいと思っていた北海道の山だし。
週間天気予報に一喜一憂しながら出発の日を迎え、その時点の予報は、前半の2日は雨模様で後半の2日には少し晴れ間があるかもというもの。後半に期待で出発。

朝一番のフライトで旭川空港に着いたらしっかり雨が降っていた。まあ、予定通り。
空港到着時に何組か見た登山装備の人たちは、みなレンタカーで行ったようで、旭岳温泉への路線バスでは、登山装備は私だけだった。
ロープウェイの姿見駅にいた若い登山案内の人は、私の登山計画書の日程を見て納得したらしく、「あとは天気だけですね」と送り出してくれた。
冷たく強い風の吹く中を旭岳に向けて出発。
チングルマの群落を見ながら、ひたすら旭岳へ向かって登る。
すれ違う人も多くなくて、ガスの中を旭岳山頂に到着。
まったく遠望が利かない旭岳山頂を早々に後にして、お花畑の中を裏旭側に下る。
ほどなくして雪渓の下りとなり、これが結構長かった。
雪は固くなくてアイゼンは不要だったが、気温が低くて雪渓が凍結しているような時間帯だったら、アイゼンを着けたほうがいい。
雪渓のトレースは明瞭で、どんどん下って行って傾斜が緩くなったなと思ったら、トレースが見当たらない。ガスで見通しが利かないところを何度か見渡すと、ぼんやりと何張りかのテントらしい影が見えて、その方向に進むとテント場とそこまでの夏道が目の前に現れた。
もっとガスが深かったら、かなりてこずったかもしれない。
お花畑の中にあるといっていい裏旭のテント場は、私を含めてテントは8張程度。
よりどりの中からここというところを決めて、テントを張ろうとしたら両足に痙攣が出て、痙攣と闘いながらテントを張り終えるまで30分もかかってしまった。
痙攣は、ロープウェイで一気に高度を稼いで、そのあと旭岳のかなりの登りを急いだせいだろう、体力低下と普段のトレーニング不足が主因であることは明らかだが、今の自分の体力に見合ったペース配分も考えなければいけないなと。
夕刻に西の空に見えた明るさが、明日はもっと広がればと期待したが、夜の間もガスが晴れることはなかった。

2日目もガスの中を出発。
赤い土と石の路を行くと、間宮岳の手前あたりから周りは一面のお花畑に。白雲岳分岐あたりまで延々と続くお花畑は、天気が良かったならどんなに素晴らしいだろうと。
もちろんガスの中の花々も素敵で、涙を流すコマクサの群落は北アルプスのそれにも負けない。
これ以上の天気は望めないと白雲岳避難小屋から引き返してきたグループ、白雲岳避難小屋で1日停滞したという関西から来た女性グループとすれ違って言葉を交わし、それでも計画通りにひたすら南へ。
一時姿が見えた白雲岳も白雲分岐についたときはガスの中で、山頂には寄らずに先に進む。
白雲岳避難小屋で、小屋の人からヒサゴ沼避難小屋が使用可能なことを聞く。改装工事とのことで計画から外していたが、万一の時は逃げ込めると思うと心強い。
東側に切れ落ちたアップダウンの少ない高根ヶ原のお花畑の路をさらに南下して、かなり強い風が吹く忠別岳山頂に到着。
わずかに現れた西隣の稜線を眺めてから、2日目の宿の忠別岳避難小屋へ。建てられてからけっこう経つと思われる小屋だが、まだまだしっかりしていて、雨風に対する安心感はテントの比ではない。
今夜の小屋泊りは、奈良から来た若い人と私の二人だけ。

3日目は、曇り空だが昨日までより明るい。天気が回復方向であることを願いつつ、トムラウシに向かって出発。
小屋から間もなくの五色岳山頂からは、雲海の上に東大雪らしいピークが見えた。さらに化雲岳に向かって進むと、前方に初めてトムラウシが姿を現わした!
そこからヒサゴのコル手前までは、トムラウシを眺めながらチングルマのお花畑の中を歩く至福の路で、いやぁ素晴らしい、来てよかったと何度も独り言を。
ヒサゴのコルを過ぎてから延々と続くガラガラの岩場歩きにうんざりしながら、10年前のこの地・この時期の大量遭難を考える。
ロックガーデンの終わりに近くなっって待ちに待った青空が見え始め、北沼分岐についたときは大きく広がった。
その日射しの強さにそれまで不要だった日焼け止めを慌てて取り出した。
大きな岩々の上を跳び、捩り、這い上がって、ようやくトムラウシの山頂に。
雲海が広がるばかりで、遠望があるわけではないものの、だからと言って感激が薄まるわけでもない。
あとは今夜の幕営地の南沼へ下るだけなので、山頂でゆっくり過ごす。同じルートを来て明日は十勝岳へ向かうという奈良の若者、トムラウシが100名山の98座目というトムラウシ温泉から日帰りできた同年代の人、同じくトムラウシ温泉から登って十勝岳へ行くという人との、山頂での会話が楽しい。
南沼キャンプ場は、お花畑の真ん中にあって、水量豊富な水場が真ん中を流れる素晴らしいテント場だった。
その広いテント場でこれはという場所にテントを張ってのんびりしていると、私と世代の近い7人のパーティがやってきて、私の隣にテントを設営した。
今ではめったに目にしない8人用テントを張ったお隣は、東京の「品川 山の会 さんかくてん」の人たちだという。
テント設営後の歓談に私も入れていただき、ビールまで御馳走になった。
雪解け水で冷やしたビールの美味しかったこと!!

夜、満月と星々が煌々と輝き明日の天気を期待させたが、朝はやはりガスの中だった。
4日目はトムラウシ温泉に下山するだけで時間があるので、晴れ間を期待してもう一度トムラウシ山頂へ。
先行した「さんかくてん」の人たちと一緒に、ブロッケンやつかの間の晴れ間と山頂からの景色を楽しんでから、南沼に戻ってテントを撤収。
トムラウシ温泉までの長い下山路のほとんどを、「さんかくてん」パーティに着かず離れずでずっと一緒に。年代が近いからか、私にとってもちょうどいいペースだったので。
それにしても「さんかくてん」のパーティの、緩やかに統率のとれた行動が印象的だった。20:00時の消灯後のおしゃべりが全くないこと、テントの見事な撤収ぶり、歩行中のおしゃべりのなさ、かといって硬さのようなものは微塵もなく和気あいあいで、いい雰囲気に感じられた。

直前の予報とどんぴしゃりで、絶好といえる天気ではなかったものの、お花畑、トムラウシでの景色、南沼と下山路の時間と、大変楽しく満足の縦走だった。
大雪・トムラウシの山々と、「さんかくてん」の皆さん他、途中で行き会ったすべての方々に感謝。

(写真に付した花の名前は、厳密な検証をしたものではないので、誤りがあったらご指摘いただきたく)

登山中の画像
登山画像
旭岳ロープウェイ土曜日の昼頃なのに、悪天候の…
登山画像
姿見駅から旭岳に向けて登山開始。風が強かった。
登山画像
7合目辺りから西側の眺め。晴れていたら素晴らし…
登山画像
旭岳山頂。ガスで何も見えず。
登山画像
山頂から裏旭側のキバナシャクナゲのお花畑。
登山画像
裏旭キャンプ場西の空のわずかな明るさに明日の天気…
登山画像
ガスの中、砂礫の路を行く。
登山画像
イワウメ
登山画像
エゾイワツメクサ
登山画像
タカネスミレ
登山画像
北海岳山頂
登山画像
キバナシャクナゲ
登山画像
ミヤマキンポウゲ
登山画像
コマクサ 北アルプスにも勝る群生が。
登山画像
キバナシオガマ
登山画像
白雲岳を右前方に見ながら進む。
登山画像
エゾツガザクラ
登山画像
エゾノハクサンイチゲ
登山画像
メアカンキンバイ
登山画像
白雲岳避難小屋テント場
登山画像
イワブクロ
登山画像
チシマキンレイカ
登山画像
三笠新道経由大雪高原温泉をエスケープルートの…
登山画像
あの辺りにヒグマがいっぱいらしい...
登山画像
エゾコザクラ
登山画像
忠別沼が見えてきた。
登山画像
忠別岳山頂 西側の尾根がガスに透けて見える。
登山画像
忠別岳避難小屋
登山画像
五色岳山頂 向こうに見えるピークは音更山と石…
登山画像
化雲岳に向かうところで初めてトムラウシが見え…
登山画像
トムラウシへ向けてお花畑の中を行く。
登山画像
ロックガーデンに入るところの大岩。何に見える?
登山画像
岩とチングルマの中を行く。
登山画像
岩だらけのコースがしばらく続く。
登山画像
北沼分岐。晴れ間が嬉しい。
登山画像
トムラウシ山頂からのパノラマ。
登山画像
雲海の下にわずかに十勝連峰の斜面が。
登山画像
隣の溶岩ドームの向こうに見えるピークはニペソ…
登山画像
南沼キャンプ場はお花畑の真っただ中。
登山画像
翌朝のトムラウシ山頂。
登山画像
ガスが晴れて南沼方面の視界が開けたが、まもな…
登山画像
延々と下ってようやくコマドリ沢分岐へ。このあ…
登山画像
トムラウシ温泉登山口に到着。
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakageさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakage さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年3月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...