登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
20190811 大霧山 大霧山(関東)
img

記録したユーザー

mc22161 さん

この登山記録の行程

橋場バス停(08:42)・・・粥仁田峠分岐(09:47)[休憩 8分]・・・大霧山(10:25)[休憩 1分]・・・旧定峰峠(10:55)・・・定峰峠(11:34)[休憩 6分]・・・白石峠(13:26)・・・白石車庫バス停(14:06)

総距離 約11.7km 累積標高差 上り:約1,193m
下り:約1,035m
コースタイム 標準:4時間
自己:5時間9分
コースタイム倍率 1.29
コース定数:23

大霧山~堂平山~笠山と比企三山を回る予定で出発したが、暑さのせいか体がもたず、結局途中で下山した。

<橋場バス停~粥仁田峠>
小川町駅からのバスからは自分以外に1組2人の登山客が橋場バス停に降り立った。バス停の横には公衆トイレもある。道標に従って舗装車道を西に登っていく。10分ほど上って道が西に曲がる個所で内側に登山道が分岐する。ここからはしばらく登山道を行く。踏み跡ははっきりしているが、木の枝が張り出している箇所が結構あり、何より蜘蛛の巣が何ヵ所も張っていて歩きにくい。10分程度再び車道に合流する。車道を5分ほど行くと今度は左側に分岐する登山道らしき道がある。分岐部には大霧山と書かれた古い標識があったためここが分岐だろうと左に入る。が、ここは先ほど以上に蜘蛛の巣がひどく、最近だれも歩いてなさそう。すぐに舗装道路に出たのだが、これは明らかに間違い。果樹園?の中の道を歩いて本来のルートに復帰する。本来のルートは昔車道であったろう幅の道で一部舗装もされている。面白味はないが樹林帯の快適な道ではある。南からの舗装車道、さらに北からの別の舗装車道と合流すると間もなく粥仁田峠(かゆにたとうげ)である。粥仁田峠には東屋がありここで数分休憩を取る。

<粥仁田峠~大霧山~旧定峰峠~定峰峠>
粥仁田峠からは登山道である。良く踏まれており、特別急な勾配もない歩きやすい道である。要所には道標もあり歩きやすい。特に苦労することもなく大霧山山頂に到着。山頂は西側~北側に視界が開けているが、もやがかっていて残念ながら遠くの山は見えず。大霧山を過ぎると左手に視界が開けこれから行く予定の笠山・堂平山が良く見える。地図では標高約700mのピークで道が左右に分岐するように描かれているが、道標には旧定峰峠方面の案内しかなく、秩父盆地方面の踏み跡はなさそうに見えた。旧定峰峠は岩を削った小さな切通のあるいかにも歴史ある峠という風情でなかなか好ましい。701m峰への上り下りをこなすと定峰峠である。定峰峠は埼玉県道11号が通っており、峠には「峠の茶屋」がある。ライダーやサイクリストが休憩していた。ここで飲み物を買い、トイレにも行って先に向かう。

<定峰峠~白石峠>
定峰峠からは828m峰に向け登っていく。だが、登っていくうちに暑さのせいかだんだん脚が進まなくなってくる。前回奥多摩に行った時
 https://www.yamakei-online.com/cl_record/my_detail.php?id=168770
のようにだらだらと進んで下山が遅くなるのは避けたかったので、早々と白石峠から下山することを決めた。これで時間に余裕ができたので、好きなだけだらだらする。828m峰の先にあるベンチでは大休憩し、食事をとり時々森を通り抜けるそよ風を楽しんだ。歩くには歩い気候だが、森の中でじっと座っている分には気持ちいい。しばらく休んで体力が回復したのか、その後は比較的普通のスピードで874m峰に向かっていく。874m峰の手前で分岐があり、明らかに片方は頂上へ向かう踏み跡、片方は巻き道だが、複数ある標識はいずれも巻き道を指していて、頂上へ向かう踏み跡は無視されている。頂上を指す標識があれば多分そちらに行ったと思うが、ここは標識を尊重して巻き道を進む。この分岐付近の標高は地図読みで840m程度で、今回歩いた区間では最高標高と思われる。頂上経由の道と巻き道が合流した後、崩壊しかけた木の階段を下って白石峠に着く。白石峠でもライダーが休憩していた。またトラックの荷台で飲み物やアイスクリームを売る店が出ていた。自分は十分休み、飲み物もまだたっぷりあるのでそのまま進む。

<白石峠~白石車庫バス停>
白石峠からは古道のようで、無理のない角度で九十九折を繰り返しながら下っていく。やがて道は槻川の上流部に沿うようになる。途中支流の沢が合流する地点で道の上に水が流れている箇所があったが、今日は数量が少なく特に問題はなかった。それ以外極めて快適な下りでやがて舗装道路に合流する。途中には沢水が道路の道端に引き込まれタワシなどが用意され靴が洗えるようになっていた。白石の集落に入るとほどなく白石車庫のバス停である。車庫といってもバスの回転場があるだけで、谷奥にあるバス停である。ここにも東屋とトイレがある。バスの時間まで1時間以上待つこととなったが、川の音を聞きながらボヤっとしていると意外と時間は早く過ぎた。

当初予定したルートは歩けなかったが、なかなか充実した山行であった。途中にトイレ・東屋・売店などがある点でも歩きやすいコースだった。

登山中の画像
登山画像
橋場バス停(写真枠外右側)のトイレ
登山画像
登山道入口
登山画像
登山道、蜘蛛の巣が多い
登山画像
登山道出口
登山画像
赤道(左手)の入口、この道を通ってもいけるが…
登山画像
登山道?かつては車道だったものと思われる
登山画像
登山道?かつては車道だったものと思われる、崖…
登山画像
南からの舗装道が合流
登山画像
北からの舗装道が合流、ここからは関東ふれあい…
登山画像
粥仁田峠
登山画像
粥仁田峠
登山画像
登山道
登山画像
大霧山頂上
登山画像
大霧山頂上
登山画像
旧定峰峠
登山画像
伐採された個所から見えた笠山~堂平山付近
登山画像
(振り返って)定峰峠へ降りてきた登山道
登山画像
定峰峠から再び登山道へ
登山画像
登山道、金属手摺付きの急な登り
登山画像
白石峠への階段下り、一部崩壊していて歩きにくい
登山画像
(振り返って)白石峠へ降りてきた登山道
登山画像
白石峠から再び登山道へ、左下が白石車庫バス停…
登山画像
登山道、支沢の水が流れ込んでいるが、この日は…
登山画像
白石車庫バス停、車庫といっても回転場があるだけ
登山画像
白石車庫バス停、今回のルートはおおむね関東ふ…
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

mc22161さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

mc22161 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました