登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
20190812 サクッとイブニングハイク~立花山の夕日 立花山(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

ぼっけもん さん
  • 日程

    2019年8月12日(月)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:[往路]名香野~下原
    << [西鉄バス]23[大濠公園~下原]>>
    ①17:13発 名香野 - 17:30着 下原
    [復路]下原~福岡市内
    << [西鉄バス]23B系統(大濠公園行)>>
    ①19:28発 下原 - 19:38着 西鉄香椎駅前
    ②19:46発 香椎 鹿児島本線(荒尾行) - 福岡市内

  • 天候

    晴れ!
    [2019年08月12日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

下原バス停17:36 - 17:54立花山 下原登山口 - 18:24立花山18:46 - 19:12立花山 下原登山口 - 19:26下原バス停

我が家から玄関をでたら、真っ先に目に飛び込んでくる立花山。立花山は、福岡市と新宮町にまたがる標高367mの里山で、私にとっては昨年8月に福岡住民になって初めて登った記念すべきお山となっています。我が家からはちょっと頑張れば歩いていける距離。自分で言うのもなんですが、思い立ってサクッて行ける山があるっていいですね(笑)、恵まれた環境に感謝です~m(__)m。
 さて、立花山は、地元では山頂付近に天然記念物に指定されているクスノキが自生している山でも知られていますが、実は「夜景のスポット」としても有名なお山なんです。「夜景を見てみたい・・・」、でも、「我が家からの最短ルートはどこ?、登山道はどんな感じなんだろう?」などなど、すぐ近くのお山ながら、まだまだ知らないことばかり。
 皆さんのレコなどを拝見すると、夜景のナイトハイクでは福岡市のお隣の新宮町からの立花口を使ったケースが多く、福岡市側からのケースはあまりなく、そこで我が家から最短かつ最速で登れるであろう下原(しもばる)ルートをチョイス。しかしながら、初めてのルートでいきなりのナイトハイクは「いくらなんでもね~」ということで、薄暮のイブニングハイクにトライ。登山道の様子など、詳しくは写真レコをご覧頂くとして、結論から言えばナイトハイクに使えそうということで、それなりの収穫がありました。

登山中の画像
  • こんにちは!今日のスタートはこの下原(しもばる)バス停からです。我が家からバス一本、10分ほど。安近短っていいですね~。
  • 間もなく午後6時になろうとしていますが、九州はまだこの明るさ。
  • バス停から歩いて10分ほどで登山道入口に到着します。左にいくと立花山のマニアックコースの一つとして知られる「大権現道ルート」です。さすがに「マニアック」と言われると、ナイトハイクに使うにはちょっと難しいかなと思い、福岡市側からの最もポピュラーな下原ルート(右)をチョイスした次第です。
  • 登山口の近くにあった「山の神」に無事のイブニングハイクを祈念して出発です。
  • いい感じの竹林がありました。
  • 竹萌え~♪
  • 6時をすぎると、さすがにこんな感じです。石段で滑らないように足を進めます。
  • 早くも三日月山に続く尾根道が見えてきました。薄暗ささにちょっとビビってしまい、小走りなってしまったせいかもしれませんが(^-^;。
  • 尾根道はまだ明るいですね。でも、この先でテンのような小動物が横切った時にはドキリとしました(^_^;)。
  • 立花山へ。
  • 急登・・(^-^;、山頂めがけて一気に行きましょう!
  • オオクスの間を抜けていきます。山頂近くで、スズメバチのようなハチ(?)がまとわりついてきた時には、立花山ではスズメバチ注意の情報があったこともあり、すがにドキリ。でも、夕方にはあまり活動しないとの情報もあり安心しきっていたのですが・・、本当にスズメバチだったのかどうかもわからず、背を低くして足早に立ち去りました。
  • 登山口から30分ほど、山頂に到着です~♪ここまで誰にも会わなかったのですが、山頂で親子連れに出会ってホッとしています(笑)。
  • 立花山ゲット~♪
  • 夕日が拝めるかなと期待していたのですが、残念ながら雲の中・・。
  • 折角来たのでちょっと待っていると
  • 雲の中から夕日がでてきました~!
  • 雲の中に沈んでいく夕日ですが
  • これはこれでいい感じです(^^)v。
  • 夜景にはもうちょっと時間がありますが、こちらは福岡市内。日が落ちると綺麗でしょうね。
  • 夕日をあとに下山します。
  • 久しぶりにヘッデンを装着しての下り。真っ暗でなかったこともありスムーズに降りることができましたが、山頂近くでは木の根や岩場があり、転倒防止にストックがればよかったかなと。次回への反省です。月に見送られながら、帰路につきます。短いイブニングハイクでしたが、夕日も拝め、ナイトハイクに向けての予行もでき、それなりに楽しむことができました。おやっとさぁでした。
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、健康保険証、行動食、GPS機器
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ぼっけもんさんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    ぼっけもんさん、こんにちは!

    いよいよナイトハイクの新境地ですか!、どんなレコになるか楽しみにお待ちしていますが、、、アップする写真には悩みそうですね。(笑)

  • ぼっけもん さん
    ガバオさん 、こんにちは!

    連コメ、ありがとうございます。ご指摘の点をふまえると、やはり決行は月夜の晩の一択でしょうか(笑)。

       ぼっけもん拝

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぼっけもん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2020年1月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?