登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
令和元年山の日の会津駒ケ岳【百名山】 会津駒ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

Damier さん
  • 日程

    2019年8月11日(日)

  • 利用した登山口

    滝沢登山口  

  • パーティ

    3人 (Damier さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:6:30頃田島出発。
    7:40頃滝沢登山口入口を曲がり、車で山道を登る
    道が狭く車一台やっと通れる箇所があるのですれ違い注意。
    7:50頃滝沢登山口最寄りに駐車。
    この時間すでに満車に近く路肩にも駐車がたくさん。奇跡的に一台停めれるスペースを発見して駐車。(登山道入口手前にグラウンド駐車場もあります)

  • 天候

    曇りときどき晴れ。山頂付近はもやがかかりがち
    [2019年08月11日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

滝沢登山口(08:20)・・・水場・・・駒ノ小屋(10:50)[休憩 70分]・・・会津駒ヶ岳(12:13)・・・中門岳(12:53)・・・会津駒ヶ岳(13:30)[休憩 5分]・・・駒ノ小屋(13:50)・・・水場・・・滝沢登山口(15:50)

総距離 約11.5km 累積標高差 上り:約1,254m
下り:約1,254m
コースタイム 標準:7時間15分
自己:6時間15分
コースタイム倍率 0.86
令和元年山の日、会津駒ヶ岳に家族と登ってきました。
標高2千超の山は今回が初めてでちょっと不安でしたが、登山開始地点が高いので標高差は1200m程。
それでも滝沢登山口から序盤の登山道は思ったより急登が続き結構しんどかった(笑)
そしてこの時間はすでに暑いです…(^o^;

でも、それ以上に厄介なのが常にブンブンまとわりついてくる尋常じゃない数のアブ‼何もしてないのに突然刺してくるヤツら(##゚Д゚)とにかく鬱陶しい‼蜂もいたような気がしたので結構ビビりながら登りました。虫よけスプレーより防虫ネット付きの帽子があればおススメです。

長かった樹林帯を抜けると一気に尾瀬らしい展望と雰囲気に(^o^)池塘や高山植物、稜線が確認できて、やっと登った甲斐が感じられるようになるので
ここまでの辛抱です。
但し木道は所々傷みや破損、植物の侵食があるので足元も要注意。

駒の池前のベンチで昼食を摂った後、会津駒ヶ岳山頂を経て中門岳まで足を延ばし、同一ルートで下山。昼頃はすでに中門岳方面は人がまばらでした。

今回は雲が多く青空はほとんど見れませんでしたが、それでも稜線や展望、中門池も美しいので時間を作って中門岳まで足を延ばすのがおススメ。
但し私自身は下山時にはもう足が棒でしたが(^-^;
下山後、麓の燧の湯で汗と疲れを流して帰宅しました。

※ちなみに今回人が多かったので駒の小屋内を覗かなかったのですが、様々な人気グッズなども販売されてる事を後から知り後悔しました…(´Д`)

登山中の画像
  • 樹林帯でみつけたクワガタ
  • 駒の池前のベンチでランチ
  • 駒の小屋前の置き物が独特センスでかわいい
  • ちょいちょいもやがかかり雲も多く、青空はたまに顔を出す程度
  • 駒の池前の祠。駒ヶ岳大明神が祀られ山そのものが神なのだそう
  • コバイケイソウという花が花盛りでしたが匂いが大分アレですよね…汗
  • このタイミングでは展望が悪く名だたる名峰がバックに見えず…
  • 中門岳山頂。付近一帯が山頂との事で、更にもう少し奥の道を進むとまたベンチがある
  • 中門大池は美しいけど、今回干上がった池塘が多く水量少な目?
  • 中門岳から会津駒ヶ岳にかけての稜線。これが歩きたかった!
  • 会津駒ヶ岳山頂から駒の池方面。右奥に双耳峰の燧ヶ岳
  • うーん、やっぱり青空が欲しかった…今回の山行からカメラ新しくしたのに…
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器、燃料、コッヘル
【その他】 シングルバーナー
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Damierさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 会津駒の小屋~会津駒ヶ岳
    会津駒の小屋
    登山道支障なし。小屋周辺などでオヤマリンドウ見頃。秋風吹き日没早まり、防寒具雨具は必携
    19年09月17日(火)
    原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    ナナカマドが日を追うごとに鮮やかな色合いになってきました。湿原はキンコウカの黄葉が広がっています
    19年09月17日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Damier さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。