登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
2019年8月3日 夏の花を見に甘利山と千頭星山へ 千頭星山(南アルプス)
img

記録したユーザー

含鉄 さん
  • 日程

    2019年8月3日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:マイカーで甘利山グリーンロッジ近くの駐車場まで行った。
    公共交通機関は、路線バスが麓の甘利山入口まで運行しているようだが、麓から歩くと相当な標高差と距離になるので注意。
    ガイド本などでは、椹池から山頂を目指すコースがよく紹介されている。
    夏期は甘利山グリーンロッジまでマイカーで移動出来るので、甘利山山頂近くまで車で移動出来る。
    駐車場も広く臨時駐車場も設けられているが、6月のレンゲツツジの夏期には混雑するので注意。

  • 天候

    晴れて日差しが強かったが、雲も多かった。
    [2019年08月03日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

甘利山グリーンロッジ(06:07)…甘利山(06:30)…奥甘利山(07:02)…大西峰(07:50)…千頭星山(08:12)…大西峰(08:30)…甘利山(09:25)…東屋(09:41)…甘利山グリーンロッジ(09:47)

天気は良かったが、駐車場に着いた時はハイカーの姿はそれほど多くはなかった。
甘利山グリーンロッジから千頭星山までのコースなら、それほど所要時間が掛からないため早朝からスタートする人は少ないのかもしれない。
レンゲツツジの時期なら、早くから撮影している人がいるため駐車場がごった返している。

気温は25度~27度くらいで、ハイキングをするには汗を掻く暑い陽気だったが、平地より湿度は低いようで風が爽やかでそれが気持ち良かった。
グリーンロッジ近くの登山口から甘利山山頂までは、レンゲツツジの花の時期にはハイカー以外の観光客が大勢来るため良く整備されている。
甘利山山頂までは、レンゲツツジの低木が多いため高木が少なく高山帯のような雰囲気になっているので開放感がある。
途中に夏の花も多く咲いていて目を楽しませてくれる。
それほど苦も無く甘利山山頂に着いた後は、千頭星山まで本格的なハイキングコースを歩いて行く事になる。
雨上がりで濡れているクマザサがズボンを少しずつ濡らしていくが、温暖だしどうせすぐ乾くので気にしない。
約30mほど下り甘利山と奥甘利山の鞍部に着く。
ここからすぐに約130mの登り返しが始まり、真夏の日差しであっという間に汗が大量に出てくる。
異様に存在感のあるマルバダケブキの群生を見ながら通過すると、奥甘利山への分岐が見えてくる。
奥甘利山は、分岐からすぐに山頂なので数分も掛からずに山頂に着く事が出来る。
富士山が見える場所らしいが、残念ながら富士山は雲の中なので再びコースに戻り千頭星山を目指す。

奥甘利山から千頭星山までは、約30m下った後に約300mほどの登りになる。
自然林の中を歩き自然を満喫出来るが勾配はきつくなかなかハードだった。
また、蜘蛛の巣が足元に多く張っており、頻繁に飛び回っているブユだかアブの存在が気になって仕方なかった。
虫除けスプレーを塗っているので被害には遭わなかったが、やはり纏わりつかれるのは嫌なもの。
急勾配を抜けて大西峰という場所に着くと、御所山や青木鉱泉への分岐が見える。
鳳凰三山に登山する方にとっては縁のある地名だと思われるが、自分は千頭星山が目的なので今回は縁の無い場所。
千頭星山が近くなると木々が途切れ草原になっている場所があり、その中を歩くのはとても気分が良い。
最後の勾配を登ると千頭星山の山頂に着き一安心。
ここから鳳凰三山へ登るコースへ向かう事も出来るが、今回のハイキングはここまで。
木々の間で眺望も無いのですぐに引き返し、今回は同じコースを往復するので元の道を戻っていく。
大西峰を過ぎて奥甘利山との鞍部へ下さる頃から複数のハイカーとすれ違うようになった。
復路のほうが下りの頻度が多いので、往路よりも早いペースで駐車場まで戻ってきてハイキング終了。

登山中の画像
登山画像
甘利山グリーンロッジ近くの駐車場。レンゲツツ…
登山画像
駐車場近くにある甘利山登山口と山小屋つつじ苑…
登山画像
甘利山山頂へは良く整備されたハイキングコース…
登山画像
この辺りはレンゲツツジの低木が多いので、非常…
登山画像
広い甘利山の山頂。看板が新しくなっていた。
登山画像
コースの途中にある奥甘利山への分岐。分岐にな…
登山画像
奥甘利山山頂。眺望は富士山を望むのに良いよう…
登山画像
奥甘利山を後にして千頭星山を目指す。青空が広…
登山画像
草原が多く気持ちいいが、蜘蛛の巣に頻繁に引っ…
登山画像
大西峰と呼ばれる辺りには、千頭星山方面、甘利…
登山画像
千頭星山が近くなると開けた草原が見えてくる。…
登山画像
千頭星山山頂。樹林に囲まれて展望は無い。
登山画像
千頭星山からの帰り。気温は27度辺りを指してい…
登山画像
千頭星山からの帰り。奥甘利山を下り、これから…
登山画像
甘利山山頂。千頭星山方面は雲が出てきて覆い始…
登山画像
甘利山の三角点は、山頂とはかなり離れた場所に…
登山画像
三角点の近くにある東屋。駐車場まで戻るにはあ…
登山画像
甘利山グリーンロッジの駐車場まで戻ってきて、…
登山画像
ハクサンフウロ。高山植物。
登山画像
チダケサシ。
登山画像
ヨツバヒヨドリ。
登山画像
ヤマハハコ。
登山画像
マルバダケブキ。
登山画像
カワラナデシコ。
登山画像
ウツボグサ。
登山画像
シロバナニガナ。
登山画像
シモツケソウ。
登山画像
キンバイソウ。
登山画像
シモツケ。
登山画像
ノハラアザミ。
登山画像
ホタルブクロ?ヤマホタルブクロ?
登山画像
ヤマオダマキ。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、ライター、コッヘル
【その他】 ハイドレーション
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

含鉄さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    臨時休業を5/6まで延長(小屋泊、テント、売店、トイレ、水場利用不可)。今は予約一旦停止
    20年04月10日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

含鉄 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?