登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
聖岳から椹島 (南アルプス)
img

記録したユーザー

ヤジ さん
  • 日程

    2019年8月9日(金)~2019年8月12日(月)

  • 利用した登山口

    椹島ロッヂ   聖岳登山口  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:畑薙臨時駐車場までくねくね細い道 対向車が来ると待避所でどちらか待つ必要ありな道が50キロくらい続く
    バスは並ぶ人が多いと早めに開始や臨時便増発などあるが多すぎると待ち時間発生するので注意

  • 天候

    前3日晴天炎天下夕立あり、4日目朝は曇り

この登山記録の行程

【1日目】
椹島ロッヂ(08:00)・・・聖岳登山口(08:40)・・・聖沢吊橋(09:20)・・・滝見台(11:40)[休憩 30分]・・・聖平小屋(14:45)

【2日目】
聖平小屋(03:00)・・・薊畑分岐(03:20)・・・小聖岳(04:25)・・・聖岳(05:42)・・・奥聖岳(06:00)・・・聖岳(06:25)・・・兎岳避難小屋(08:30)・・・小兎岳(09:00)・・・中盛丸山(10:30)[休憩 60分]・・・大沢岳・・・百間洞山の家(12:40)

【3日目】
百間洞山の家(02:00)・・・百間平(03:00)・・・赤石岳(04:30)[休憩 80分]・・・赤石小屋分岐(06:10)・・・小赤石岳(06:15)・・・大聖寺平(06:40)・・・荒川小屋(07:10)[休憩 45分]・・・前岳(09:00)・・・中岳(09:30)・・・悪沢岳(東岳)(10:40)[休憩 30分]・・・丸山(11:25)・・・千枚岳(12:00)[休憩 20分]・・・千枚小屋(12:50)

【4日目】
千枚小屋(03:00)・・・駒鳥池(03:10)・・・見晴岩(03:50)・・・蕨段(04:00)・・・清水平(04:15)・・・小石下(04:40)・・・吊橋(06:35)・・・滝見橋(06:45)・・・椹島ロッヂ(07:00)

総距離 約42.6km 累積標高差 上り:約5,497m
下り:約5,497m
コースタイム 標準:29時間25分
自己:26時間50分
コースタイム倍率 0.91
登り始めと下りは道が結構崩れており歩きにくく、荷物を背負うとスローダウンすると感じる。
稜線は昼間は日差しを遮るものがないので十分な水分と体温を下げる工夫が必要。熱射病に非常になりやすい。また高温のため夕立が発生しやすく雷も多かった。早朝移動で回避できたが、道迷いや足の踏み外しなども起きやすいのでGPSやヘッドライトは強めな物で長時間使えるようにや暗闇での行動馴れなど準備が必要(野生動物への注意も必要)。
 お花畑の花の種類が多く色とりどりの花々が楽しめた。今回はタカネビランジを楽しみに登ったが、それ以外にも多くの花を楽しむことが出来た。これまでの山行と比べても特別花畑に感激することになった。
 宿泊送迎のバスのため時間が限られることもあるが、全泊などすればある程度余裕をもって工程を計画出来る。ただし、それぞれの山が大きくアップダウンが激しいため体力づくりは絶対的に必要な山だと感じた。

 今回通ったテント場はすべて地面が土で北アルプスと比べればペグが使いやすく水が豊富な場所が多かった。設営馴れした人なら強雨と蒸れと虫に対応できればツェルトでも睡眠をとることは出来そうだと感じた。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、コッヘル、カトラリー・武器
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 椹島ロッヂ~南アルプス南部
    椹島ロッヂ
    2021年の営業については決定していないため、例年3月1日から開始している宿泊の予約の受け付けは、詳細が決まるまで見合わせます
    21年02月22日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤジ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年3月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。