登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
尾瀬縦走(会津駒ヶ岳~燧ヶ岳~至仏山) (関東)
img

記録したユーザー

toshi0622 さん

この登山記録の行程

【1日目】
駒ヶ岳登山口(11:11)・・・滝沢登山口(11:33)・・・水場(12:54)[休憩 20分]・・・駒ノ小屋(14:27)[休憩 36分]・・・会津駒ヶ岳(15:16)[休憩 10分]・・・駒ノ小屋(15:40)

【2日目】
駒ノ小屋(05:04)・・・中門岳(05:39)・・・駒ノ小屋(06:17)[休憩 60分]・・・大津岐峠(08:10)[休憩 16分]・・・巡視小屋(09:19)[休憩 14分]・・・御池(11:12)

【3日目】
御池(06:43)・・・広沢田代(07:30)・・・熊沢田代(08:13)[休憩 8分]・・・俎嵓(09:20)[休憩 11分]・・・柴安嵓(09:51)[休憩 14分]・・・俎嵓(10:22)・・・ナデッ窪道分岐・・・浅湖湿原(11:45)・・・沼尻平(12:09)[休憩 32分]・・・白砂峠(12:55)・・・燧ヶ岳分岐(13:33)・・・見晴(下田代十字路)(13:45)[休憩 15分]・・・竜宮十字路(14:23)・・・牛首分岐(尾瀬ヶ原三又)(14:46)・・・牛首・・・山ノ鼻(15:11)

【4日目】
山ノ鼻(06:56)・・・至仏山(09:15)[休憩 3分]・・・小至仏山(09:58)・・・オヤマ沢田代(10:19)・・・鳩待峠(11:10)

総距離 約49.2km 累積標高差 上り:約3,966m
下り:約3,298m
コースタイム 標準:26時間11分
自己:19時間20分
コースタイム倍率 0.74
13日 公共交通機関の利用で登山開始が11時。既に日は高くて風は無くそして暑い。スタートからなかなかの急登でこまめに休憩しながら無理せず登る。水場までは日射しがキツかったが、水場を越えると雲が出てきて勾配も緩くなってきたので大分楽になった。小屋に着いて小休止してから山頂へ。中門岳は無理せず翌日へ。

14日 強風とガスが酷かったが日が昇れば晴れると信じて中門岳へ出発。道中は一時的に晴れ間はあったがガスは抜けず眺望は無し。小屋に戻って朝食後御池へ向け下山開始。尾根道を下っていく。日は出てきたが駒ヶ岳山頂はガスの中。大津岐峠超えてしばらくすると下山道は藪の中へ。大杉岳山頂まで断続的に続く。大杉岳山頂から御池までは40分程で到着。

15日 出発前は晴れ間もあったが燧ヶ岳はガスの中へ封印されている。道中も風が強かったが、山頂は更に強烈で立ってカメラを構えられないほど。俎グラで写真を撮っていただいたがカメラを構える姿は台風中継を見ているようだった。
下山コースは山の鼻まで行くので当初計画では見晴新道を予定していたが朝の出発時に見晴新道を下る予定と話をしたら、道中の状態と午後から雨の予報を考えたら30分くらい時間が掛かっても長英新道で下った方が良いと強く勧められた。山頂では時々明るくなって晴れそうな気配もしていたので10分程悩んだ末、時間もあるので長英新道で下ることにした。どちらが正解だったかはわからないが勾配が緩やかだったのでハイペースで下ることができ、雨が降る前に下り切ることができた。ただ、長英新道分岐から山の鼻までの移動はとても長かった。

16日 晩から降り続いている雨は止まず風も強い。滑りやすいという至仏山の登山道の洗礼を受けることになった。滑らないように歩幅を小さく一歩一歩慎重に進めるがそれでも滑る。さらには登山道に水が集まってきて川のように流れてくる。森林限界を超えると強風が加わる。雨が小降りになっているのがせめてもの救い。
高天ヶ原を過ぎると強風の強度が増すも、強風に抗いながらようやく登頂。感傷に浸る間もなく即下山開始。と同時に大転倒。一瞬の油断。不幸中の幸いで下り始めの転倒のおかげでその後の行動は転倒することなく下山できた。

登山中の画像
登山画像
バス停前の登山口の案内標柱
登山画像
滝沢登山口
登山画像
ハクサンコザクラ
登山画像
山小屋付近のコバイケイソウ
登山画像
会津駒ヶ岳山頂
登山画像
ニッコウキスゲ
登山画像
中門岳の池塘
登山画像
駒の小屋
登山画像
富士見林道
登山画像
ツリガネニンジン
登山画像
大津岐峠
登山画像
燧ヶ岳
登山画像
御池登山口
登山画像
広沢田代のキンコウカ
登山画像
広沢田代
登山画像
俎嵓
登山画像
芝安嵓
登山画像
ミノブチ岳から燧ヶ岳
登山画像
ミノブチ岳から尾瀬沼
登山画像
尾瀬沼湖畔から燧ヶ岳
登山画像
ヒツジグサ
登山画像
至仏山登山道入口
登山画像
登山道が川のような状態に
登山画像
振り返って尾瀬ヶ原
登山画像
至仏山山頂
登山画像
鳩待側至仏山登山口
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

toshi0622さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

toshi0622 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...