登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
残暑厳しい奥高尾 高尾山、城山、景信山(関東)
img

記録したユーザー

釣り好き さん

この登山記録の行程

高尾山口駅(07:08)・・・6号路登山口(07:19)・・・琵琶滝(07:31)・・・大山橋(07:54)・・・稲荷山尾根(08:19)・・・稲荷山尾根階段下(08:54)・・・高尾山山頂(08:59)・・・もみじ台下6差路(09:15)・・・富士見台(09:35)・・・一丁平展望台(10:29)・・・城山(11:10/11:40)・・・小仏峠(11:59)・・・景信山(12:40/13:02)・・・小下沢分岐(13:18)・・・舗装路に合流(13:47)・・・小仏BS(14:01)・・・日影BS(14:18/14:25)===高尾駅北口(14:38)


総距離 約12.3km 累積標高差 上り:約1,072m
下り:約1,033m
 台風一過、やっと天気が良くなったので土曜日だけれど出掛けた。今日も比較的涼しい6号路からスタート、途中から稲荷山尾根に移って山頂を目指す。稲荷山尾根にはあこがれのサネカズラが咲いているはずだ。でも6号路は人気のコースなので人が多い、のんびり歩いていると次々に追い抜かれる。邪魔にならないように脇に避けたりして気を遣う。沢歩きの手前から稲荷山尾根に移ると若干人が減ったようだ。前から目をつけていたサネカズラがあったので葉陰を覗き込んで花を探す、ツボミばかりだ。まだ早過ぎたかと思いながら次の木を探す。あった、雄花が咲いていた。夢中で写真を撮っていると通りすがりの方が「何か珍しい花?」と聞いてきたので「サネカズラが咲き始めたところです」と教えてあげたが「サネカズラ?」と薄いリアクションで興味なさそうに行ってしまった(色んな人がいます)。
 最後の階段を一気に登って高尾山頂へ、さすがに人が多く混雑している。富士山はうっすら見えるが遠くの景色は霞んでいる。もみじ台はまいて富士見台を経由、このルートもサネカズラが何本かあるのだ。あった、また雄花。この辺りで赤い実が生っているのを見たことがあるので雌花もあるはず(雌雄異株と言われている)だが見つからない。まあツボミはたくさんあるので次回に期待。
 一丁平へは日陰のまき道を行く。ゲンノショウコが咲いていたが小仏峠でも見られるだろうと、写真を撮らなかった(失敗)。展望台のあずま屋で小休止、ワレモコウ(吾亦紅)を探そうと思っていたのにカノコユリに気を取られて忘れてしまった(また失敗)。城山に着いた、お茶屋さんも開業中。早速かき氷の列に並ぶ。かき氷で冷え過ぎると腹具合が悪くなることがあるが今日は大丈夫、元気を回復したので景信山まで行くことにした。
 小仏峠からの登り返しは厳しいが日陰なので我慢できる。本当にキツいのは最後の200m、直射日光に焼かれて急登。以前、足が攣って座り込んだことがある。何とか登頂して昼食、今日も冷そうめん。日陰で休んでいるとクーラーのような風が吹き抜けて天国。もう下山したくないがそうもいかないので気合を入れて下山開始。麓が近づいてくるに従ってムシムシと暑くなってくる。
 小仏BSまで50mというところ、てっきり14:10発だと思っていたバスが出て行ってしまった。土曜日ダイヤで14時発だった。日向で待っていたくもないので日影まで歩くことにした。途中にサネカズラの生垣があるのだ(保険で目を付けておいた)。期待に違わず咲き始めていた花を眺めて日影BSに到着。

登山中の画像
登山画像
0708 高尾山口駅
登山画像
0712 清滝駅前
登山画像
0719 6号路登山口
登山画像
0729 琵琶滝分岐
登山画像
0731 琵琶滝
登山画像
0740 マツカゼソウ(松風草)が咲き始めました
登山画像
0741 
登山画像
0754 大山橋
登山画像
0802 ハダカホオズキ(裸酸漿)の花がたくさん
登山画像
0802 秋には真っ赤な実が目立ちますが・・
登山画像
0802 花は地味です
登山画像
0816 6号路から離れて稲荷山尾根(左)へ
登山画像
0819 稲荷山尾根に合流
登山画像
0820 右が今登ってきた道、左は高尾林道に降り…
登山画像
0832 ヤマホトトギス(山杜鵑草)があちこちで…
登山画像
0836 サネカズラ(実蔓)のツボミ。別名ビナン…
登山画像
0837 初めて見るサネカズラの雄花です
登山画像
0854 稲荷山コース最後の階段、5号路と交差して…
登山画像
0859 大見晴園地からの眺め
登山画像
0859 富士山がボンヤリ
登山画像
0915 もみじ台下6差路を富士見台(左)へ
登山画像
0924 また見つけました
登山画像
0925 イチゴみたいです
登山画像
0925 
登山画像
0930 オナガアゲハと思われますがどうでしょう?
登山画像
0935 富士見台のあずま屋
登山画像
0948 ヤマホトトギス
登山画像
0956 オオバウマノスズクサ(大葉馬の鈴草)の実
登山画像
1002 何度見ても撮ってしまいます
登山画像
1008 メイン縦走路に合流
登山画像
1026 一丁平
登山画像
1029 一丁平展望台
登山画像
1039 カノコユリ(鹿の子百合)
登山画像
1039 
登山画像
1043 コウヤホソハナカミキリと思われます
登山画像
1045 クサギ(臭木)
登山画像
1046 秋には可愛らしい実が生ります
登山画像
1047
登山画像
1048 シシウド(猪独活)にはキアゲハの幼虫が…
登山画像
1124 イチゴミルクで元気回復
登山画像
1134 人気です
登山画像
1136 コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓)
登山画像
1136 
登山画像
1137 先週より花がたくさんありました
登山画像
1141 景信山に向かって出発
登山画像
1159 小仏峠
登山画像
1235 景信山頂まで200m
登山画像
1240 景信山から相模湖
登山画像
1258 高尾山方面の眺め
登山画像
1300 オミナエシ(女郎花)
登山画像
1300 鮮やかな黄色です
登山画像
1301
登山画像
1302 北高尾山稜を眼下に眺めてから出発
登山画像
1318 小下沢分岐、小仏BSは右へ行きます
登山画像
1347 舗装路に出ました
登山画像
1349 センニンソウ(仙人草)。やや黄色っぽい…
登山画像
1350 ハッキリ言って花だけではボタンヅルと区…
登山画像
1357 キツネノカミソリ(狐の剃刀)
登山画像
1357
登山画像
1358
登山画像
1401 バスは行ってしまった
登山画像
1401 今日は土曜日だった
登山画像
1413 民家の生垣にサネカズラが植えられています
登山画像
1414
登山画像
1415 日影林道入口
登山画像
1418 日影BSに着きました
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、傘、タオル、帽子、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

釣り好きさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

釣り好き さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月8日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。