登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
丹沢20190817_表丹沢周回(雨山峠~ユーシンロッジ~塔ノ岳~鍋割山) 塔ノ岳、雨山峠、鍋割山、栗ノ木洞(関東)
img

記録したユーザー

やまやま@ さん

この登山記録の行程

寄(07:20)・・・林道分岐(07:45)・・・やどりき大橋(07:50)・・・雨山峠(09:20)[休憩 5分]・・・雨山橋(09:45)・・・ゲート(09:55)[休憩 20分]・・・熊木沢出合(10:30)・・・尊仏ノ土平(10:55)[休憩 10分]・・・不動の清水(12:05)・・・塔ノ岳(12:15)[休憩 15分]・・・金冷シ(12:40)・・・二俣分岐(12:55)・・・鍋割山(13:15)・・・後沢乗越(13:55)・・・栗ノ木洞(14:10)・・・櫟山(14:20)・・・林道(14:45)・・・寄(15:35)

総距離 約22.0km 累積標高差 上り:約2,542m
下り:約2,542m
コースタイム 標準:11時間30分
自己:7時間25分
コースタイム倍率 0.64
寄からユーシンロッジを経由して表丹沢を周回してきました。
地図で見るとキノコ形になります。
塔ノ岳~鍋割山 を除くと、殆ど人に遭遇しない、静かな山行になりました。
特に、雨山峠~塔ノ岳ではだれ一人も見かけることがなかったです。

①寄~雨山峠
前日、にわか雨がふったようで沢は少し増水気味。
前半戦(~釜場平)は道迷い、後半戦(~雨山峠)は崩壊路との格闘になりました。このルートは標識が多いのですが、それでも草に道が隠れていたり、沢の出合いが広く次の標識がわかりにくかったり、道迷いしそうな箇所が散見されます。
渡渉は、2回ほど川に足を投入。夏で天気が良かったので気持よかったです。
路面崩壊は相変わらずでしたが、クサリがきれいになっていたりとメンテナンスはされているので大変ありがたいです。難路ではありましたが、一方で、花崗岩の川床が木漏れ日に照らされて、流水とあいまってきれいな風景が堪能できました。
②雨山峠~雨山橋
こちらも路面崩壊箇所がありますが、全般的に爽快な渓谷トレッキングです。
③雨山橋~ユーシンロッジ~尊仏ノ土平
玄倉林道が荒れており、特に熊木沢出合い以降、山崩れの上を巻いていく箇所もあります。落石箇所もいくつかあります。木陰を歩くので、夏でも直射日光に悩まされることは少ないです。
④尊仏ノ土平~塔ノ岳
鍋割沢からとりついてしばらくは、踏跡不明瞭箇所があります。以降はひたすら登り。”バカ尾根”大倉よりもスタートの標高があるのですが、ここに来るまでに雨山峠を越えて、玄倉林道を歩いてきている分、やはりそれなりに辛いです。木の階段も山頂直下にはしっかりあります。不動の清水は冷たくて美味しかったです。
⑤塔ノ岳~鍋割山
ここまでの山行に比べると、非常に軽快でした。天気が良く、塔ノ岳の眺望がすばらしかったです。
⑥鍋割山~寄
大倉尾根と同様、後沢乗越までは下りが延々と続きます。後沢乗越~栗ノ木洞は少し急登が出ます。

今回、林道からちょっと先にいったところで、作業用の道に入ってしまいました。
しばらくいったところで行き止まりとなったので、脇に入り尾根のピークに向かって上り返したのですが、これが裏目に。結局、道が見つからずまた作業路に下り、もとに戻りました。何のことは無くて、地図をもう一度よくみると、正しいルートはピークを巻いていました。ここに至るまでに時間を浪費。しかも、ヒルに3か所を吸血されるというおまけつき。(脇道に入ったときに、杉林の草の中で捕捉されたようです)

最後は寄のバスにギリギリ間に合って駆け込み。今回の山行を終えました。

※ 8/18 タイトルに雨山「峠」、ユーシン「ロッジ」が抜けてたので修正

登山中の画像
登山画像
寄バス停を出て大橋へ向かいます
登山画像
ゲートを越えて少し歩くと登山道入り口に
登山画像
いきなり渡渉
登山画像
別の渡渉箇所
登山画像
ガレ斜面に注意
登山画像
釜場平
登山画像
道崩壊
登山画像
谷底を歩きます
登山画像
名物浮き道標
登山画像
軽い沢のぼり
登山画像
花崗岩の川床です
登山画像
木漏れ日が気持ちいいです
登山画像
雨山峠
登山画像
少し荒廃気味です
登山画像
倒木が斜面を遮っています
登山画像
雨山沢
登山画像
桟道の残骸?
登山画像
前日含め増水予兆には注意しないといけないです
登山画像
ようやく下りました
登山画像
ユーシンブルーは未だ到達できず
登山画像
林道陥没してます
登山画像
ここからちょっと寄り道してユーシンロッジへ
登山画像
西丹沢ユーシンの森、とのこと
登山画像
ロッジ入り口です
登山画像
入り口
登山画像
ホール
登山画像
裏手の避難部屋です
登山画像
開けるとこんな感じで右の小部屋が4畳半の避難部…
登山画像
ユーシンロッジから戻り手彫り隧道
登山画像
熊木沢出合いから先は荒廃が顕著です
登山画像
山崩れてます
登山画像
なんとか通り過ぎました
登山画像
熊木沢方面
登山画像
ようやく鍋割沢へ下ります
登山画像
対岸へ
登山画像
尊仏ノ土平です
登山画像
ここから取りつきます
登山画像
取り付き箇所から対岸を振り返り
登山画像
残り2.0kmを少し過ぎてベンチ発見、昼食をとります
登山画像
塔ノ岳名物の階段
登山画像
最後のふんばりです
登山画像
不動の清水
登山画像
塔ノ岳山頂です
登山画像
景色をしばし堪能
登山画像
蛭ヶ岳方面
登山画像
鍋割沢を望みます
登山画像
金冷やしから鍋割山へ向かいます
登山画像
快適な道です
登山画像
大倉尾根の花立茶屋が見えます
登山画像
もう一度鍋割沢方面を望みます
登山画像
鍋割山
登山画像
ひたすら下ります
登山画像
後沢乗越からはまた少し上り返し
登山画像
栗ノ木洞
登山画像
草にまみれた椚山
登山画像
林道に出ます
登山画像
ここで手前の道(下り)に入ってしまいました
登山画像
林道行き止まり、ここから尾根を上りヒルにつか…
登山画像
色々ありながらもようやく寄の
登山画像
シマヘビがいました
登山画像
茶畑の脇を抜けて一路寄バス停へ
登山画像
なんとかバスに滑り込み
登山画像
本数が少ないのでラッキーですお疲れさまでした
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
【その他】 カロリーメイト4箱
ロールパン8個
スポーツドリンク3.4L
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

やまやま@さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

やまやま@ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?