登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
「妖精のランタン」を求めて八溝山をゆく 八溝山(関東)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2019年8月17日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:今回は福島県矢祭側からのアクセス。矢祭町茗荷(みょうが)を目指す。バス停「真菜畑」から茗荷林道を登っていく。約5km。最初2kmは舗装されているが、残りは未舗装。ゆっくり走れば軽自動車でも可能。林道奥がゲートで封鎖されている。手前に10台程度の駐車スペースあり。トイレ無し。

  • 天候

    晴れ
    [2019年08月17日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

林道突き当りの駐車場(07:53)・・・登山口・八溝山看板(08:50)・・・八溝山・展望台(09:56)(昼食~10:36)・・・登山口・八溝山看板・・・林道突き当りの駐車場(12:40)


総距離 約15.3km 累積標高差 上り:約1,202m
下り:約1,204m
春先から既にこの日は夏の花を求めて八溝山に行こうと決めていた。以前登った茨城県側のルートではなく、花が多いとされる福島県矢祭側からのアクセスで、場合によっては藪こぎしながら山頂を目指す計画(結果的に藪漕ぎはミスルートの一部のみ)。
今回のミッションは、珍しい夏の花を愛でること。とりわけどうしても見たい花があった。漢字で書くと「蓮華升麻」。蓮華のような花に、サラシナショウマのような葉を持つことから名付けられた1属1種の日本固有の花。レンゲショウマ。
森の貴婦人と言えばオオヤマレンゲ。緑の中にあって純白のその花はまさしく貴婦人にふさわしい。しかし、個人的に貴婦人をイメージする花が他に2つある。一つは山芍薬(ヤマシャクヤク)。そしてもう一つがこのレンゲショウマ。どれも凛と咲いていて、同時にたおやかさと清楚感をあわせ持っている。森で出会った時の感動は言葉に表せない。レンゲショウマを擬人化して貴婦人と呼んだが、一般的には「森の妖精」とか「妖精のランタン」と呼ばれている。自生している姿はまさに奇跡と言える。最近では、その貴重な花の盗掘が問題になっている。盗掘は言語道断。一人でも多くの人に楽しみつつその保護の大切さを理解してもらうために、鑑賞の際にも踏み荒らすことなく注意して欲しいいものだ。

バス停から林道に入り、5km程進むと突然、ゲートで道が封鎖されていた。手前に10台程度の空きスペースがあったので、一番端に車を停めて歩き出す。ドアを開けた瞬間から、「ぶわー」っととんでもない量のアブがまとわりついてくる。虫よけを持ってくれば良かったと後悔したが、時すでに遅し。
ゲートの向こう側には2手に分かれた林道が見えた。ゲートをくぐって左側へと進んでいく。林道の左側には沢が流れていて、涼やかなせせらぎを聞きながら進んでいく。まったく、アブさえいなければ最高なのに。普段、首筋が狙われることはあっても歩き動作を繰り返している間は刺されないとたかをくくっていたら、痛みを感じで気づいた時にはもう遅く、足や手の指までと体中あちこち刺されまくっていた(その夜、両手の指や足がハレ上がり大変なことになった)。
林道の突き当りに到着。八溝山の解説が書かれた大きな看板が立っていた。ここから先は立ち入る人が少ないのか、草も荒れ放題。その為、登りの時には全然気が付かなかったが、八溝山への登山口は、看板手前10m程の左手側に小さな橋が架かっていて、そこからがスタートとなる。周囲を注意深く確認しないと見つけることは困難なので、登られる方は要注意。
という事で、最初はその登山道を見つけることができず、てっきり看板の奥が登山道だと信じ込み、そのまま山の中へ入っていく。しかも、入ったところに石碑が建っていたので、そのまま登山道が延びていると疑うこともしなかった。しかし、数分で道らしい道はなくなってしまう。仕方がないので沢沿いにルートをとる。何度も渡渉を繰り返しながら、最後には、沢の石を踏み台にして沢を直接登っていく。かなりの距離を稼いだが、スビートが維持できず、アブの猛攻撃を受けた。見上げると左側の斜面に緩やかなところがあったので、木の枝を利用しながら登ってみる。すると緩やかに見えた斜面のところに登山道らしきものがあった。こんなに苦労したのに、すぐ脇に道があったとは、、、と、大きく脱力。その後は順調に高度を上げていく。
峰にたどり着くと、笹で覆われた素敵な縦走路が出現した。アップダウンは少なく、緑の絨毯を進んでいく爽快感。茨城側のコースはひたすら山頂を目指して登った記憶があるが、同じ山でも全く山容の異なる登山道があるなんて。八溝山の魅力を一つ知った気がした。ただ、山頂手前の一部で、笹が道を覆い隠している部分があった。腰より低い笹なので道を見失うことはないが、慣れない方には注意が必要だ。
登り切るとガードレールがあって、その隙間から舗装道路になだれ込む。折角登ってきたのに、なんだか味気ないゴール。八溝山の魅力を書いたばかりだが、八溝山は山頂まで車道が走っているのがたまにキズ。一般観光者にとっては便利だが、登山者にとってこれ以上ゲンナリするものはない。
山頂の方へ歩いていくと、見覚えのあるお城をイメージした展望台が見えてきた。これも趣味がいいとは言えないが、登るとかなり高く遠くまで見渡せて最高だ。心地よい風が吹いていたので、そのまま展望台の上で昼食とする。夏の暑い日は、バテないようカレーヌードルに限る。美味し。
たっぷり休憩をとって下山開始。再びアブ地獄を通って下山とする。
最後に、今回主役の花について少し紹介。来るまでは、正直、こんなに花に出会えるとは思っていなかった。最初に目に飛び込んできたのは、鮮やかなオレンジのキツネノカミソリ。地元では限られた山でしか自生していないというのに、ここではたんまり咲いていた。次に、ピエロの帽子と個人的に呼んでいるが、まさにそんな形をしているヤマジノホトトギス。喜んで写真を撮っていたが、これもあちこちに咲いていて、終いには「あっ、ここにもあった。」という感じ。こんなに群生しているのを見たのは初めてかも知れない。そして、ミッションの最大の目的、レンゲショウマ。小さな群生だったが、それぞれの株に2,3輪の小さな花がボーっと光るように咲いていた。レンゲショウマは下から見上げるアングルが一番綺麗だ。こうやって見るとまさに「妖精のランタン」そのもの。数が少ないだけに、みんなでこれから先も大事に見守っていきたいものだ。
おまけにもう一つ紹介。一条の茎に小さなピンクの花が鈴なりに咲いている可愛い花があった。ヌスビトハギだ。盗人とは変わった名前だが、本当に変わっているのはその植物の実。えだ豆のさやが2つ連なったように実をつける(もともとマメ科)。その形が盗人の足跡に似ているというところから名前がついたとか。この形を見て泥棒を発想した昔の人も凄い。
思わぬ花の多さに、楽しいひと時になった。帰ってからハレ上がったアブの刺し跡には、痒くて痛くてかなり苦しんだが。。。
下山後の温泉は、「ユーパル矢祭」を利用。700円。湯質から温泉ではないと思うが、休憩所が広々としていて、ノンビリできたので〇。

登山中の画像
登山画像
林道のゲート前。ここから左側の林道を進みます。
登山画像
とにかくタマアジサイがいっぱい咲いていました…
登山画像
玉がぱかーんと割れて花が咲いたところ。
登山画像
フシクロセンノウ(節黒仙翁)。
登山画像
これはなんだ???
登山画像
ヤマホトトギスとヤマジノホトトギスの違いが難…
登山画像
うぉーーーツルニンジンだ。初めて見た。かな。…
登山画像
お寺の鐘のよう。下方アップ。
登山画像
とにかく。
登山画像
思っていた以上に花が多い。
登山画像
こんな涼しげな縦走コースが八溝山にあったなん…
登山画像
道がなくなった。。。。でも、頭上を越すような…
登山画像
山頂に到着。
登山画像
石碑。
登山画像
なんと表現してよいか微妙。でも展望はよい。
登山画像
山頂とその奥にアンテナ?。
登山画像
今日のご飯。あなた(森の妖精)に会えてよかっ…
登山画像
山頂です。
登山画像
ピンクのツリフネソウ。ここ最近は黄色ばっかり…
登山画像
ヌスビトハギ。
登山画像
これが足跡。じーっと見るとなるほど。
登山画像
生まれたばかりのタマアジサイ。
登山画像
開花したばかりかな。輪郭があわく光っているよ…
登山画像
まさに妖精のランプ。
登山画像
個人的には森の三大貴婦人。オオヤマレンゲにヤ…
登山画像
あなたにも会えたね。キツネノカミソリ。もんじ…
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    希少な花はラン科に多いのでしょうか?それにしても妖艶と儚さを併せ持っているような妖精ですね。

  • Yamakaeru さん
    擬人化すれば、夏の少女はナツエビネかな。どうでしょう。いろんな花があって楽しいですね。覚えられないけど。笑。

  • kuroneko さん
    白い花はいいですね
    正に貴婦人です
    オオヤマレンゲもまだ見たこと無いので見てみたい花の一つですが
    花の時期は待ったなしなので見に行く時期が難しいです

    これはなんだ???
    はコバノギボウシかも

  • Yamakaeru さん
    コバノギボウシですか。さすがkuronekoさんですね。

  • kuroneko さん
    最近教えてもらったばかりです

  • Yamakaeru さん
    現在、関東に住んでいますが、北陸と比べると、少し花の種類も違っていて新鮮です。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年9月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。