登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
蓮華温泉から朝日・雪倉岳、鉱山道下山、1泊2日・2019年8月 雪倉岳 白馬岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

Masa さん
  • 日程

    2019年8月25日(日)~2019年8月26日(月)

  • 利用した登山口

    蓮華温泉  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大糸線平岩駅前から県道505号線を蓮華温泉に至る(21kmもある)。登山口の蓮華温泉ロッジ手前に、大きな無料Pとトイレがある。

  • 天候

    初日:晴れのち曇り、午後3時半頃より雨、強風 2日目:快晴後曇り
    [2019年08月25日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
蓮華温泉(09:20)・・・兵馬ノ平(09:56)・・・瀬戸川出合(10:30)・・・白高地沢出合(11:36)・・・花園三角点(13:06)・・・白高地・・・千代ノ吹上(16:15)・・・朝日岳(17:08)・・・朝日小屋(18:00)

【2日目】
朝日小屋(04:00)・・・水平道分岐(06:04)・・・雪倉岳(09:43)・・・雪倉岳避難小屋(10:31)・・・鉱山道分岐(12:02)・・・神ノ田圃(14:12)・・・瀬戸川(16:26)・・・蓮華温泉(17:46)

総距離 約28.8km 累積標高差 上り:約2,823m
下り:約2,823m
コースタイム 標準:17時間20分
自己:22時間26分
コースタイム倍率 1.29
栂海新道は、兵馬の平や花園三角点(五輪高原)など平地だけでなく斜面にも多種の花が咲いてきれいだった。木道がよく整備されていたが、滑らないように神経を使ったので疲れた。花園三角点(標高1754m)まではコースタイムより早めだった(△713m▽435m・6km所要3時間50分)が、その後は、車の半徹夜走行の疲れが出てき、更に雨も降り出したりでペースが遅くなった。ガスのなか、背景に小雪渓を持つ美しい平原を通ったが、標識はなく、分岐点に着いて時間を逆算し、白高地とわかった。尾根筋は風雨が強く、ザックカバーが吹き飛ばされた。ハイマツに引っかかって事なきを得たが、危なかった(しっかり縛っていなかったのが原因!注意しよう)。
 朝日岳山頂から朝日平までは下り305m(登り37m)だが、距離が1.5kmもあり、遠く感じた。雨もだんだん強くなったので着いたときはホッとした。テントの予定だったが、雨が降り続きそれどころではないので、宿泊を申し込んだが、予想に反して、小屋は満員で、「今時予約なしでは泊まれないよ」と説教されつつ、なんとか談話室に泊めてもらった(感謝)。夜8時に寝たが、激しい雨音がまだ続いていた。
 翌朝3時に起きて、満天の星空に天の川を見た。快晴!のなか、午前4時に出発。雪倉岳に登ったところで、雲もかなり出てきたので、”前日のように夕方から雨”と予想し、今日は白馬大池・テント泊の予定だったが、変更して鉱山道を使って本日中に降りることにした。
 鉱山道は、道ははっきりしていて迷うことはなかったが、標識がなかったので、今どの辺りにいるのか確認が難しかった(比丘尼飯場の立て札があっただけ、その辺りが神の田圃)。地図もヤマケイのルートはつづれ折りの道を省いたりして不正確であった(国土地理院地図のほうが正確)。途中、400mくらい続くゆるい登りがあり、それが終わったところが展望台、その始まりの辺りが鉱山事務所跡と思われる。展望台のあとは元トロッコ道と思われる、ヘアピンカーブのゆるい下りを2-3往復して”じれったく”高度を下げ、時には渓谷の中の下りとなり、最後に急な下りと続いて瀬戸川の大きな水音が近づいてきた。まさか渡渉しないといけないのか? 事前に調べてなかったので、出合いに仮設橋を発見したときはとても安堵した。鉱山道分岐からここまで4時間25分、長かった。あとはほぼフラットな道2.8kmを歩くだけだが、更に1時間20分かかった。全体で標高差1050mしかない下りだが、時間のかかる長い道のりだった。
 鉱山道は、谷沿いをへつるような道が多く長く続いていた。高度感のあるところも多く、ストックの先端ゴムを外し、踏み外さないよう、また滑らないよう集中して歩いた。距離が長く(8km)人も少ないので注意が肝心である。鉱山道では水場は随所にあり、水筒を軽くできる。この日は、△1344m▽2010m・17kmを歩き、17時45分に蓮華温泉に着いた。いつもは遅くとも16時には行動を終えており、今回は例外としたい。なお、車で林道を下山中、道路左側に鎮座している熊に遭遇。

登山中の画像
  • 登山口の立派なトイレ:標高約1465m。出発時間が9:20と遅くなってしまった。車の燃料切れの恐れから、糸魚川まで往復44km戻ってガソリンを補充し、1時間余りのロスをしたからだ。
  • 兵馬の平湿原:トリカブトが目立ったが、いろんな種類の花がきれい。
  • 瀬戸川出合いの橋:標高約1160m この橋まで下りが続いたが、ここらあたりから緩やかな登りが始まった。
  • 花園三角点の標識と木道 を過ぎると、次の写真のような、花園が出現した。
  • 花園三角点を見返す位置からお花畑を撮る。空は晴れ。
  • イブキトラノオ
  • ニッコウキスゲ(これはあまりなかった)とコバイケイソウの斜面
  • 斜面が崩壊したところ、注意して通過した。
  • 3時半頃から雨が降ってきて、ガスも伴い写真なし。特に、尾根筋は強風で横殴りの雨。山頂では、小降りになったタイミングに何とか自撮り。もう17時8分、急いで朝日平への下りにかかる。下り約50分で朝日平小屋に至った。
  • 5時間以上続いた昨夜の強雨とはうって変わって快晴のなか、午前4時出発。水平道を1時間歩いたところで、朝日平小屋を振り返る。
  • 朝日岳登山道との分岐:朝日平小屋からここまで2時間強かかった。
  • 分岐から20分で小桜ヶ原に達し、振り返って朝日岳を望む。
  • 朝日岳の手前に重なる山の左すその岩稜がツバメ岩。その下を通って少し上ってきたところから、朝日岳を振り返る。
  • 雪渓
  • まもなく雪倉岳頂上で振り返ると雲がわき始めていた。9時18分。
  • 雪倉岳頂上。9時45分
  • 避難小屋への降下中、ガスが薄くなったところで、白馬岳方面の稜線を撮影。鞍部に避難小屋が見える。
  • トウヤクリンドウの白い花
  • トウヤクリンドウの群落、最近では珍しい
  • チングルマ
  • シナノキンバイ(黄色)とダイモンジソウに似た花
  • ウサギギク(黄)とクルマユリ
  • ガスの晴れ間に、白馬岳を望む。手前の緩やかな尾根を上がると,鉱山道分岐がある。ここまでかなり、登り返してきた。
  • 白馬岳
  • 鉱山道分岐(標高2502m?)から、白馬への主稜線を撮る。
  • 白馬岳ともこれでお別れ
  • 連続した滝のような急流を見て、急坂を下る。この急坂の手前が、塩谷製錬所跡と思われる(標識表示なし)。
  • 急坂を降りて、渡渉して、撮影。
  • 比丘尼飯場跡の表示。この辺りが神の田圃と推測(次の写真より)
  • 右の小さな沢の雪渓の上の道を進んで、すこし上ってここまできた。地形から、このすこし手前が神の田圃だろう。
  • 瀬戸川出合いにかかる仮設の橋 ひとりずつ渡るように指示があったが、比較的丈夫だった。
  • 栂海(つがみ)新道と合流。 のこり20分は昨日歩いたルート。ながい一日ももうすぐ終わりだ。ここまで13時間半かかった。もう1日山に滞在の予定を変更し、急遽下山してきたが、あんまり無理してはだめと反省する次第。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、シュラフ、シュラフカバー、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
【その他】 軽登山靴を使用し、ザレ場対策として軽アイゼンを持参
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Masaさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Masa さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月7日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?