登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
赤岳(八ヶ岳最高峰) ~山頂目前で撤退~ 八ヶ岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

jepense さん

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸口(09:21)・・・美濃戸(10:10)[休憩 5分]・・・行者小屋(12:40)[休憩 35分]・・・赤岳天望荘(14:45)

【2日目】
赤岳天望荘(06:18)・・・行者小屋(07:08)[休憩 5分]・・・美濃戸(09:08)[休憩 5分]・・・美濃戸口(09:57)

総距離 約15.5km 累積標高差 上り:約1,461m
下り:約1,461m
コースタイム 標準:8時間
自己:8時間13分
コースタイム倍率 1.03
赤岳からの”名誉ある”撤退(2019/8/30~8/31)

 今回はタイトルの通り、悪天候のため、初めての登頂失敗記である。登頂をめざした赤岳は八ヶ岳連峰の最高峰(標高2,899 mの山)である、ちなみに、「八ヶ岳」という山はなく、特定の一峰を指して呼ぶ名前であり、山梨・長野両県に跨る山々の総称をいう。

〔1日目〕
 登山口最寄り駅の茅野駅までは電車で行き、そこからタクシーで美濃戸口まで(5200円!)。平日はバスの本数が少ない。9:20頃出発。天候は曇りだが、今にも降り出しそうだ。美濃戸まではマイカーで行ける。舗装はされていないが、道幅は広い。登山靴では歩きづらい。美濃戸山荘を過ぎると、北沢と南沢の分岐となり、本格的な登山道となる。美濃戸口から行者小屋までは沢を右に左へと橋を渡り、緩やかに高度を上げていく。苔むした参道はトトロの世界を思わせ、とても美しい。沢の音も心地いい。しかし、雨が少しづつ降り出した。行者小屋に着いたとき(12:40着)には、本降りになってしまった。しかたがないので、少し休むことにした。ここのラーメン(800円)はワンタンも入っていて、ボリュームがあり、おいしかった。雨はますます激しくなったが、前に進むしかない(13:20発)。道はしだいに傾斜がきつくなり、ごつごつした岩が多くなる。このルートを”地蔵尾根ルート”と呼ぶ。雨の中、石階段、鉄階段を慎重に登る。しばらく登るとお地蔵さんと出会う。強風の中、少しほっとする。右手に奇岩が林立している。長い年月、風雨に晒させ、こんな風になったのだろう。ここからがくさり場となる。思ったよりくさり場が長かった。風が強かったので、慎重に進む。登り切ると、お地蔵さんが迎えてくれる。そこが、”地蔵の頭”だ。ものすごい風が吹いていて、自撮りしようと思ったが、スマホが飛ばされそうなのでやめた。天気がよかったら、眺望もよかっただろう。そうそうに、宿に向かう。ここまで来れば、”赤岳展望荘”は目と鼻の先だ。
 赤岳展望荘(標高2722m)に14:45着。周りはガスで真っ白、何も見えない。受付を済まし、寝床へ。寝床は2段ベットでシュラフ。宿泊客は少なく、一人で3人分のスペースがあった。ごえもん風呂があるのは嬉しい。お湯は37度ほどでぬるめ。桶は思ったより大きく、5、6人は入れそうだ。
夕食はヴァイキング形式で、好きなおかずを好きなだけ食べられるのが嬉しい。おかずには、豚の角煮、鶏のトマト煮、山菜の天ぷら、フルーツや杏仁豆腐まである。味をよかった。おかわりした豚汁も身体が温まり、大満足の夕食だった。天候はどんどん悪くなる一方で、宿の壁に吹き付ける風の音がガタガタと響く。明日の天気が心配だ。就寝前に談話室で「ちこちゃん」をしばらく見てから就寝(21:00)

〔2日目〕
 余り眠れず、4時頃に目が覚める。外は・・・強風が吹きすさび、真っ白。これはだめだ。この中を赤岳まで行けないことはないだろうが、山頂からの眺めは望めないだろう。他の人たちも下山することを決めているようだ。5:30にヴァイキング形式の朝食をとり、荷物をまとめ、下山を開始する(6:18)。名残惜しいがしかたがない。下りは速い。行者小屋まで50分(7:08)。そこから美濃戸まで115分(9:08)。バス停のある美濃戸口には9:57に着いた。約3時間半で下山完了。急いで八ヶ岳山荘のお風呂に浸かり、10:20発のバスで茅根駅まで。
 今回、初めて山頂に登らず帰ってきた。後悔がないと言えば、噓になるが、登ったところで自慢にもならないだろう。今は、リベンジに燃えている。次回は、2泊して硫黄岳、横岳も登ってやろうと考えている。

登山中の画像
登山画像
赤岳山荘
登山画像
美濃戸山荘
登山画像
苔の森
登山画像
苔・苔・苔
登山画像
ダケカンバの森
登山画像
おじぞうさんルート
登山画像
目印のおじぞうさん
登山画像
奇岩
登山画像
くさり場
登山画像
地蔵の頭
登山画像
行者小屋のかもっしー
登山画像
赤岳天望荘
登山画像
天望荘の受付から食堂
登山画像
寝床
登山画像
ヴァイキング形式の夕食
登山画像
どれもおいそうそう。食べ過ぎないように注意!
登山画像
夕食。おいしいよ!
登山画像
気温
登山画像
ごえもん風呂
登山画像
談話室。こたつとテレビがある。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

jepenseさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    寒さは少し和らぎました。この1週間で降雨や降雪はありませんが2300mから稜線にかけては真っ白です
    19年12月13日(金)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    晴れた日は気温も10℃前後まで上がり、ぽかぽか陽気に。小屋までの登山道は雪よりも氷の箇所が多いです
    19年12月11日(水)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    登山道は全体的に凍結。積雪量が少ないためアイゼンよりもチェーンスパイクのほうが歩きやすそう
    19年12月10日(火)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    北八ヶ岳ロープウェイの点検運休が12/29まで延長。ヒュッテも12/27まで平日は休館、週末も宿泊者数を制限しての営業となります
    19年11月26日(火)

jepense さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年12月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!