登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
斜里岳 清岳荘登山口より旧道登り新道下山 斜里岳(北海道)
img

記録したユーザー

ちっさん さん

この登山記録の行程

清岳荘登山口(06:06)・・・上二股(09:24)休憩10分・・・馬の背(10:16)・・・斜里岳山頂(10:40)休憩15分・・・上二股(11:39)休憩10分・・・熊見峠(12:35)休憩5分・・・下二股(13:36)休憩10分・・清岳荘登山口(14:48)


総距離 約9.7km 累積標高差 上り:約1,094m
下り:約1,092m
ツアーでの登山、第二弾。旧道の登りは結構大変でした。雨のため水量が多めということもありましたが、渡渉が下二股まで十回くらいあり、靴の中への浸水は免れたもののぎりぎりの危うい感じでした。下二股から上二股の間は渡渉もありますが、次々現れる滝の横を登っていく感じ。ロープがあるところもありましたが、基本的には自分の技術で行くしかありません。アルプスの縦走路ならもっと簡単な所にもロープや鎖があると思いますが、さすが北海道の山、人工物は最小限です。「山と高原地図」にもこのコースはテクニック度が中級以上の分類となっていますが、もっと手ごわいと考えてもいいと思います。山頂は霧で見通しがなく残念でした。下りは上二股から熊見峠を経て下二股までは新道コース。ここは何の問題もありません。そして下二股から再び渡渉を繰り返して登山口に戻りました。科帰りの方が若干水量が増えていたような感じで、結局くるぶしまで水につかってしまい、靴の中がびしょ濡れの状態で下山しました。登りに濡れなくてよかった。

登山中の画像
登山画像
ここから山道となります
登山画像
このような渡渉を十回以上繰り返す
登山画像
滝の横を行くことも
登山画像
やっと稜線(馬の背)に到着
登山画像
山頂は霧
登山画像
新道を下山
登山画像
登山口に到着 お疲れ様
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ちっさんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ちっさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?