登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
菅平牧場登山口より根子岳・四阿山登山 時計回り 根子岳・四阿山(上信越)
img

記録したユーザー

谷の料理長 さん
  • 日程

    2019年9月3日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:千葉から関越自動車道→上信越自動車道(上田菅平IC)
    約220km 2h30位(¥5490)
    上田菅平IC から菅平牧場駐車場迄 22km40分
    駐車場は一人¥200でした。 帰りにゲートにて支払い

  • 天候

    曇り(山頂部はガスで強風でした)
    [2019年09月03日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

菅平牧場登山口(05:05)・・・根子岳(06:43)[休憩 10分]・・・分岐(07:57)・・・四阿山(08:11)[休憩 22分]・・・分岐(08:42)[休憩 2分]・・・中四阿(09:16)[休憩 5分]・・・菅平牧場登山口(10:38)

総距離 約9.3km 累積標高差 上り:約1,017m
下り:約1,017m
コースタイム 標準:5時間5分
自己:4時間54分
コースタイム倍率 0.96
台風の影響などで全国的に雨予報テンクラで可能な山を探しました。午前中ならA指数だった四阿山に決定!千葉からなので深夜に出発 日の出前の5時頃に菅平牧場の駐車場に到着しました。どんより曇り空の中から太陽が少し覗きかけましたが・・・。根子岳を見ると山頂部は雲に覆われ残念ながら山頂到着時も四阿山でも終始ガスガスで真っ白。更に強風で体感も寒く最後まで山頂部は悪天候登山でした。

唯一良かったのは高山植物を多く楽しむことが出来た事かな。
主にはマツムシソウ、アキノキリンソウ、ヤマハハコが四阿山、根子岳の両山で楽しむことが出来ました。特にマツムシソウがこれ程あちこちで咲いているのは初めてでした。

登山道は険しい道も無く大変整備されていて登り易いです。今回は菅平牧場から時計回りに根子岳→四阿山を回るルートにしました。
イメージ的には早朝日の出時に展望台から北アルプスを眺めて根子岳へ・・・。というつもりでしたが、残念ながらガスで全く見る事は出来ませんでした。
根子岳山頂までは90分位で到着!常に視界のどこかにマツムシソウがある感じでした。
山頂部は広くて晴れていれば休憩やお弁当なども広げてのんびりしやすい所だと思います。
杓子山にもあるような鐘があります。

そして四阿山へ。最初は緩やかで見晴らしのいい笹道を下り鞍部に差し掛かると一面笹野原って感じ。天気が良ければ気持ちが良いでしょうね。
ここから四阿山への登り返しが急登でした。最初は肩位まで伸びた笹道で足元が全く見えず朝露でレインウエアもパンツもずぶ濡れに成る程でした。笹道を抜けると今回一の急登で四阿山へ登り返します。 

急登を登り終えると分岐に出て木道が100m位進むとまずは長野側の奥宮(信濃社)そして山頂部に群馬側奥宮(上毛社)と二つあります。
根子岳を出発して1時間位で四阿山頂に到着しました。

三角点は更に5分程下ったところに北峰がありそちらに三角点があります。
浅間山、八ヶ岳方面が開けているので天気が良ければ素晴らしい眺めなのでしょうね。
本当に残念です。山頂部は根子岳よりはかなり狭いですが20人位は休憩できるようなスペースがありました。

下山は分岐から菅平牧場へ90分位のコースタイムで緩やかで上り下りしやすいと思います。
根子岳と同じようにマツムシソウ等の高山植物が多く見られました。上田市方面の眺めながらなのでしょうが本日は・・・。
牧場迄下りてくると登山道が川のようになっていて登山靴がドロドロに汚れてちょっとテンション下がりました。ここの場所だけで言うと最後より最初にクリアしておいた方が良かったなと思いました。

後、途中すれ違った登山者から聞いた情報で前日に四阿山直下の木道の階段に熊が座っていたみたいです(><;)結構出没するみたいなのでクマよけ対策は必要かと。

登山中の画像
  • 5:00 菅平牧場登山口 右方向は四阿山 真っ直ぐは根子岳方面
  • トイレあります
  • アザミ
  • マツヨイグサ
  • ヤナギラン
  • 菅平牧場
  • ワレモコウ
  • ウスユキソウ
  • 牛が近づいてきました
  • マツムシソウ
  • 展望台 ここから北アルプスを眺めたかった
  • 樹林帯へ
  • 笹と綺麗なシラカバ、ダテカンバ帯
  • 歩きやすいこんな道です
  • ツリガネニンジン? ハクサンシャジンかも
  • 根子岳迄0.8km
  • アキノキリンソウを眺めながら
  • 八合目石碑
  • マツムシソウも
  • ウメバチソウ
  • マルバダケブキ
  • 根子岳迄0.5km
  • ハクサンフウロ
  • 方位盤
  • 6:43 2207m根子岳 山頂はこんな所です 鐘に祠があります
  • 祠(根子岳神社)
  • 四阿山へ
  • ウメバチソウ
  • 稜線歩きではありますが眺めは無し
  • 深い笹道になります
  • 途中岩を巻くように 強風を遮ってくれました
  • 晴れてれば眺めが良いはず
  • オヤマリンドウ
  • 広い笹平原になっています
  • 四阿山迄1.5km 登り返し
  • また深い笹道をかき分けて
  • 結構急登でした
  • 7:57 分岐に到着
  • 木道
  • 鳥居峠7.2kmへの分岐
  • 長野側奥宮(信濃社)
  • 群馬側奥宮(上毛社) 2018年に新しくなったみたいです
  • 8:11 2354m四阿山山頂
  • 5分程進んだところの三角点へ
  • 2333m北峰にある三角点
  • 眺めはご覧の通り(><;)
  • 下山します 木道の階段 前日熊がここで座っていたようです(怖)
  • シラタマノキが色付いていました
  • こんなガレ道
  • シラビソが綺麗です
  • シラビソの実
  • ヤマハハコ
  • オヤマリンドウ
  • 9:16 (中四阿) タボス牧場迄2.9km
  • ジャコウソウかな
  • たまに見晴の良い所に出ます。 真っ白ですけど
  • マツムシソウがいっぱい
  • 牧場まで2.5km
  • クロマメノキ
  • ダテカンバ帯
  • 振り返って四阿山方面 ずっと雲に覆われていました
  • 9:49 (小四阿) 牧場まで1.8km
  • こんな広場です
  • 上田市方面 ススキと♪
  • 牧場迄1.2km
  • もうシラカバかな
  • 熊に出会いそう(^^;)
  • 平坦な道をトラバースすると
  • 沢に差し掛かれば・・・。
  • 牧場にでました
  • 柵に沿って
  • 道は川のように水が・・・。 ドロドロで足場は悪いです
  • 着きました
  • 牧場後ろは根子岳(雲に覆われていますが)
  • 登山口に帰ってきました
  • 10:38 駐車場 帰りにゲートで一人¥200支払いました
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、登山計画書(控え)、ファーストエイド・医療品、行動食、GPS機器
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

谷の料理長さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

谷の料理長 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年2月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中
黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中 山麓の街、長野県小諸市内の歴史と食を楽しみ、翌日は浅間山の絶景が見える黒斑山へ。街と山を満喫した2日間のモニターレポート
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?