登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
八ヶ岳縦走(硫黄岳→横岳→赤岳) リベンジ編 八ヶ岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

jepense さん

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸口(13:50)・・・美濃戸(14:30)・・・堰堤広場(15:10)・・・赤岳鉱泉(16:15)

【2日目】
赤岳鉱泉(06:32)・・・赤岩ノ頭(07:55)[休憩 10分]・・・硫黄岳(08:19)[休憩 12分]・・・大ダルミ(08:47)[休憩 10分]・・・横岳(09:35)[休憩 10分]・・・三叉峰(09:55)[休憩 15分]・・・赤岳天望荘(11:10)[休憩 10分]・・・赤岳(11:50)

【3日目】
赤岳(05:33)・・・赤岳(05:43)[休憩 5分]・・・行者小屋(07:13)[休憩 10分]・・・美濃戸(08:43)・・・美濃戸口(09:35)

総距離 約20.7km 累積標高差 上り:約2,024m
下り:約2,024m
コースタイム 標準:12時間20分
自己:10時間23分
コースタイム倍率 0.84
八ヶ岳縦走(硫黄岳→横岳→赤岳) リベンジ編 (9月9日~11日)

 今回は10日前、悪天候のため登頂に失敗した赤岳登頂のリベンジ編。ついでに硫黄岳と横岳も登頂し、結局、八ヶ岳を縦走することになった。ちなみに、「八ヶ岳」(日本百名山のひとつ)という山はなく、特定の一峰を指して呼ぶ名前であり、山梨・長野両県に跨る山々の総称をいう。赤岳は八ヶ岳連峰の最高峰(標高2,899 mの山)である。

〔1日目〕美濃戸口(13:50)・・・美濃戸(14:30)・・・堰堤広場(15:10)・・・赤岳鉱泉(16:15)

 台風の影響で中央線も中央本線(急行)もストップ。再開が送れ、登山口最寄り駅の茅野駅に着いたのは、13:00すぎ。ちょうどよいバスがなく、そこからタクシーで登山口の美濃戸口まで(5300円!)。13時50分、予定より3時間遅れで登山開始。天気はまずまず。美濃戸山荘のある美濃戸まではマイカーで行ける。舗装はされていないが、道幅は広い。登山靴では歩きづらく、40分かかった。美濃戸山荘を過ぎると、北沢と南沢の分岐となり、本格的な登山道となる。前回は南沢を行者小屋まで歩いたが、今回は北沢を赤岳鉱泉まで歩く。半分くらいは自動車の通れそうな道で全くおもしろくない。堰堤広場を過ぎると、沢沿いの苔むした参道となる。宿泊地の赤岳鉱泉には、16時過ぎに到着。
 赤岳鉱泉は温泉小屋でお風呂があるのがとてもよい。お湯の温度も熱めで、ゆったり入れる。夕食は名物のステーキだ。山小屋でこんな食事が食べられるところはそうはない。宿泊客が少なく、40名くらい寝れそうな大広間にたった7名。寝床のスペースがあるのは嬉しい。

〔2日目〕
赤岳鉱泉(06:32)・・・赤岩ノ頭(07:55)[休憩 10分]・・・硫黄岳(08:19)[休憩 12分]・・・大ダルミ(08:47)[休憩 10分]・・・横岳(09:35)[休憩 10分]・・・三叉峰(09:55)[休憩 15分]・・・赤岳天望荘(11:10)[休憩 10分]・・・赤岳(11:50)

 6時に朝食を食べ、出発。天気は良好。赤岩の頭までは、樹林帯の中をジグザグ登降。緩やかな上りで楽に登れる。ここは、見晴らしがよく、360度の展望。これから登る横岳や赤岳が見渡せ、とても気持ちがよい風が吹いていた。ここから硫黄岳までは広い岩くずの尾根を登る。硫黄岳山頂(2760m)は平らでスペースが広く、オーレン小屋のある夏沢の方面もよく見える。火口をのぞき込むと吸い込まれそうで怖い。硫黄岳山荘のある大ダルミまでは7つのケルンを経由する緩やかな下りとなる。横岳まではクサリ場の多く、”カニの横ばい”と呼ばれる狭い岩稜地帯もあり、気が抜けない。横岳山頂(2829m)も視界を遮るものがなく、非常に眺めがよかった。山頂からしばらくは広い稜線となるが、三叉峰を過ぎるとまたクサリ場続く。石尊峰、鉾岳、日ノ岳、二十三夜峰と上り下りを繰り返すが、今回のコースでもっとも危険な難所である。とくに、日ノ岳のルンセ状の一枚岩のクサリ場はスリルがある。難所を抜けれると、地蔵尾根との合流点の地蔵の頭だ。お地蔵さんの旅の安全を願い、前回泊まった赤岳展望荘へ。しだいにガスが出てきて眺めが悪くなってしまったが、目の前の赤岳はしっかりと構えていて、威圧感すらあった。序盤は緩やかな傾斜だが、中腹あたりからクサリ場となる急登で、休み休み登る。最後の登りはきつかったが、赤岳山頂(2899m)は周囲の山々が一望に見渡せ、すごく気持ちよかった。
 2泊目の宿は山頂にある赤岳山頂荘。まだ昼をまわったばかりなので、とりあえずそこの辛口カレーを食べる。夕食は17時なので、暇をもてあそんでしまった。その間に、宿泊客が続々と到着し、相部屋の大広間は十数名となった。2段ベットの上は全部空いていたので空いている方だ。その頃、急に雷雨となり、外は嵐のようだった。ここは消灯も速く20時!(大半の山小屋は21時)。絶対眠れないが、明日のことを考え、横になる。  

【3日目】
赤岳(05:33)・・・赤岳(05:43)[休憩 5分]・・・行者小屋(07:13)[休憩 10分]・・・美濃戸(08:43)・・・美濃戸口(09:35)

 最終日は、下山がてら阿弥陀岳による予定だったが、朝から濃いガスのため下界がまるで見えないので、予定変更。赤岳を文三郎尾根づたいに下る。この尾根の半分は階段だ。階段は降りづらい。躓いたり、滑りやすく、意外と危ない。階段に限らず、実際、事故の大半は下山途中である。疲れて、安心感からか集中力に欠けるからだ。行者小屋から南沢に入り、私も木の根に躓き、転倒して左太ももを横たわる木に打ち付けてしまった。痛みは残ったが、たいしたことは無く、スタート地点の美濃戸口に戻ることが出来た。ここには500円で入浴できる八ヶ岳山荘がある。ゆっくりお風呂につかり、前回のリベンジを果たしたことに満足し、感慨にふけった。やり残した阿弥陀岳登頂は、また機会を見て成功させるつもりである。

登山中の画像
登山画像
スタート地点の八ヶ岳山荘下山後のお風呂が最高!
登山画像
参道の入り口
登山画像
熊注意!!
登山画像
美濃戸山口
登山画像
赤岳山荘
登山画像
プロテイン!!
登山画像
北沢と南沢の分岐点
登山画像
分岐点の表示
登山画像
北沢の参道
登山画像
堰堤
登山画像
木製の橋
登山画像
木製階段
登山画像
参道
登山画像
赤岳鉱泉
登山画像
赤岳鉱泉の名物ステーキ
登山画像
赤岳鉱泉の朝食
登山画像
食堂
登山画像
本が充実してる
登山画像
赤岳鉱泉のメニュー
登山画像
赤岳鉱泉の標示物
登山画像
赤岳鉱泉の標示物
登山画像
山岳地図
登山画像
木々の合間から見える山並み
登山画像
赤岩の頭の下で撮影
登山画像
硫黄岳に向かう道
登山画像
硫黄岳山頂
登山画像
7つのケルンへ導かれ下る
登山画像
硫黄岳山荘
登山画像
クサリ場
登山画像
クサリ場
登山画像
クサリ場
登山画像
横岳
登山画像
尾根からの山並み
登山画像
横岳山頂
登山画像
横岳山頂と歩いてきた尾根
登山画像
岩稜帯
登山画像
急登
登山画像
急登のクサリ場
登山画像
地蔵の頭のお地蔵さん
登山画像
赤岳天望荘と赤岳
登山画像
ホシガラス
登山画像
赤岳中腹から見た赤岳天望荘と横岳
登山画像
赤岳頂上山荘
登山画像
赤岳頂上山荘
登山画像
赤岳頂上山荘の辛口カレー
登山画像
赤岳頂上山荘の夕食
登山画像
赤岳頂上山荘の朝食
登山画像
赤岳頂上付近から見た横岳方面
登山画像
赤岳頂上山荘のまで撮影
登山画像
赤岳の頂上
登山画像
赤岳の頂上
登山画像
赤岳の頂上
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、登山計画書(控え)、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

jepenseさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

jepense さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年10月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!