登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
201909日向山 日向山(南アルプス)
img

記録したユーザー

かえる隊長 さん
  • 日程

    2019年9月14日(土)

  • パーティ

    3人 (かえる隊長 さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    タクシー
    その他:往復とも小淵沢駅より尾白川渓谷駐車場までタクシー利用。往路¥3790/帰路¥4420 前日に朝9:00に迎車希望予約の電話を入れたところ、すでに満車で9:40に変更。3連休初日でかなりの人が入山している様子だった。

  • 天候

    晴れ
    [2019年09月14日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

尾白川渓谷駐車場10:05-矢立石駐車場11:10-日向山山頂12:52
-(休憩)13:30-矢立石駐車場14:35-尾白川駐車場15:25

 3連休初日、当初15日の予定を前倒して日向山へ。今日は隊員1号さんとこれまでの最高峰670mの小仏城山というビギナー山女子さんと一緒に、一気に標高1000m近く高い天空のビーチへ向かう。
 尾白川渓谷駐車場で身支度を整えていると、ニホンカモシカに出会ったという女性登山客が。不動滝の手前で遭遇したらしい。今日は渓谷にはいかないがもしかしたら近くに来てるかも?と少し期待をしつつ登山口へ。登山口で登山届を出していると駐車場の係員さんが「甲斐駒ですか?」と。「いいえ日向山です」「日向山はここから尾根道のピストンになります。絶対に錦滝方面へ降りないでください」と注意。錦滝方面は通行止めになっているが滑落者でも出たのだろうか。
 キャンプ場まで直進、分岐を日向山ハイキングコースの標識通りに右折して登山道へ。森の中、急斜面に張り付けられたような登山道をひたすら登っていく。ここから矢立石まで我々以外の登山客に会うことがなく、最高の天気なのに山は空いていた。3連休だから皆もっと遠出しているのだろう。いったん林道へ出て2~300mほど林道を進むと再び森の中へ。林道には矢立石駐車場に停めきれなかったらしい車が数台停められていた。ここから上は結構人が入ってるのかな。
 矢立石からは少し傾斜が緩やかなハイキングコースへと変わる。日向山山頂まで1/10ずつ標識が出てくる。木陰の中を進むものの風がなくじわっと汗をかく。山女子さんの様子をうかがいながら標識2~3ごとに少しずつ休憩しながら標高をあげてゆく。雨量計を過ぎると笹薮の中を通るなだらかな道となり、少し行くと本当の山頂(三角点)との分岐が。せっかく来たのだから山頂を踏んでい行くことに。三角点はささやぶの中にひっそりと鎮座していた。証拠写真を撮影後に再び登山道まで戻り、山頂のビーチまでやや急な道を登ってゆく。
 森を抜けてついに日向山の山頂へ。右前方には八ヶ岳がくっきり。左の甲斐駒方面は残念なから雲が沸いてしまったが、青い空と白い砂・奇岩とのコントラストが鮮やか~。山女子さんはもちろん、日向山を初めて訪れる隊員1号さんも、森の中からいきなり広がる白砂の大地に飛び出て大興奮。南アルプスや八ヶ岳の展望に大満足な様子。これだけ喜んでもらえると隊長としてもつれてきた甲斐があるというもの。写真撮影の後、木陰で短めの昼食。
 スタートが遅れたせいもあり、かなり時間が押してしまっていたのでスピードで下山。雨量計まで戻る途中でホコリタケを見つけたが今回はスルー。ぐんぐん標高を下げてゆく。
 矢立石で隊員1号さんと山女子さんと別れ、先に駐車場へ下山してタクシーを呼ぶことに。時間は14時半を少し回ったところ。1時間あれば下山できると予測してタクシーは15:40に呼ぶこととした。再び登山道を駆け降りるように下山。登山道が空いててよかった!
 尾白川駐車場へは15:05頃到着。タクシーの予約を入れたのちトイレや着替えを済ませて隊員達の到着を待っていたら隊員1号さんから電話が。「何かあったのかな・汗!」一瞬ドキッとしたのだが、登山道の確認の電話だった、、、(よかった)15:25隊員達と駐車場で合流、無事下山。天候に恵まれ、山も空いていてとても良いコンディションだったが、標高差800mと5時間の行動時間は山女子さんには少しきつかったな?もう少しトレーニングして隊員2号へ昇格する日を待ってます♪

登山中の画像
  • 電車の車窓から。超いい天気!
  • 八ヶ岳もくっきり。
  • 八ヶ岳をバックにスイカ割
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    11/22黒戸尾根は「仮復旧」予定。小屋も仮営業開始(要予約)。積雪は五合目から雪山装備必要
    19年11月20日(水)
    白根御池小屋~北岳
    白根御池小屋
    白根御池小屋は営業を終了いたしました。冬期期間は2階を無料で開放しています
    19年11月05日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

かえる隊長 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年11月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 『山と溪谷』単独行に関するアンケート
『山と溪谷』単独行に関するアンケート 『山と溪谷』2020年2月号の企画のための読者アンケート調査です。単独行経験がある方はぜひご協力ください
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW 実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す
実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!