登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
太古の自然を感じる屋久島。 宮之浦岳、ウィルソン株、縄文杉(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

macwell さん
  • 日程

    2019年9月7日(土)~2019年9月8日(日)

  • 利用した登山口

    荒川登山口  

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:ガイドさんの車で送迎。

  • 天候

    初日、晴れのち曇りときどき雨、二日目晴のち曇り

この登山記録の行程

【1日目】
荒川登山口(07:00)・・・小杉谷橋(08:00)[休憩 10分]・・・楠川分れ(09:10)・・・大株歩道入口(10:30)[休憩 10分]・・・ウィルソン株(11:00)[休憩 40分]・・・縄文杉(13:30)[休憩 25分]・・・高塚小屋・・・新高塚小屋(15:20)

【2日目】
新高塚小屋(05:40)・・・第2展望台(06:20)[休憩 10分]・・・平石展望台(07:25)[休憩 10分]・・・焼野三差路(08:20)・・・宮之浦岳(08:55)[休憩 20分]・・・投石平・・・黒味分れ(10:40)[休憩 60分]・・・花之江河(12:00)[休憩 20分]・・・淀川小屋(14:25)[休憩 10分]・・・淀川登山口(15:35)

総距離 約21.0km 累積標高差 上り:約2,339m
下り:約1,573m
コースタイム 標準:14時間20分
自己:14時間40分
コースタイム倍率 1.02
モンベルのツアーで参加。パーティーはガイドさん+5名。それぞれが一人での参加。標高1300mからの初日登頂~翌日森歩きを予定していましたが、2日間の天気予報を見ると初日は雨と風、二日目が晴の為、ガイドさんのアドバイスにより、体力的には厳しいが、標高850mからの森歩き、翌日稜線&登頂に変更。どしゃぶりの雨が降る早朝、ガイドさんがホテルに迎えに来ていただき、白谷雲水峡から入山する予定が、現場を朝一確認したところ、増水で困難の為、急遽荒川登山口に変更。このあたりはガイドさんがいると安心です。荒川登山口は車規制の為、バス停まで送迎してもらう途中、何とエンジントラブルで車が停止!代替の車両が来てなんとか朝6時の最終便に間に合った!これも旅の良い思い出です。
バスで登山口に到着後、待合室のベンチで朝食。ここにはトイレあり。この時点では雨はほとんど降らず。スタートからいきなりトロッコ道をひたすら歩く。スタートしてすぐ最初で最後のトンネルを通過。途中、サルが我々の前を歩くシーンも。途中見どころや、歴史、草や花などの解説、写真スポットなど、ガイドさんがいるとものすごく楽しめます。どこを見ても歴史を感じる大自然!いつもはガイドさんと帯同することは全くありませんでしたが、今回の「山岳太郎」さんの、太郎さんは楽しく最高のガイドさんだと思います。ウィルソン株では撮影角度によってハート形に見える方法、縄文杉の歴史など、非常に楽しく飽きさせません。途中、レインウェアを着たり脱いだりの天候でしたが、超汗っかきの私は一切着用しませんでした。新高塚小屋まで、結構距離がありましたが、途中トイレがところどころあります。翌日ルートにはトイレが無いとのことで、事前に携帯トイレの用意などもアドバイス頂きました。新高塚小屋には水もトイレもあります。お湯は全てガイドさんが湧かしてくれ、一緒にお酒を飲んで楽しく過ごしました。
翌朝も誰よりも早く起きてお湯の準備をしてくれ、それぞれ持参したドライフーズなどで食事をとった後、出発。夜中降っていた雨も晴れて、宮之浦岳からその先まで快晴で最高の登頂となりました。
が! 登山道が笹で覆われて、まるで藪漕ぎ。濡れた笹が全身を濡らし、昨日は濡れなかった靴の中までぐちょぐちょ!途中休憩時に靴を脱いでさかさまにすると水が滴るほど。スパッツや、レインウェアを着ていた数名は免れたようですw
初日、二日目と、全体的に木道や木の階段を歩くことが多く、ソールが減っていた私の靴は非常に滑り、2度ほどスリップダウン。逆に屋久島の岩、石は全くと言ったほど滑りません。雨の多い屋久島、ソールの減りには気を付けないとだめですね。
ちなみに翌日はカヌーを楽しんで、昼過ぎにフライト、帰宅しました。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、健康保険証、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、シュラフ、マット(個人用)
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

macwellさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

macwell さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...