登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
八ヶ岳横断 赤岳~阿弥陀岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

はんぺいた さん

この登山記録の行程

羽衣池(06:07)・・・リフト山頂駅(06:38)・・・牛首山(07:33)・・・六合目・・・赤岳(10:22)・・・中岳のコル(11:30)・・・阿弥陀岳(12:01)・・・不動清水(13:53)・・・御小屋山(御柱山)(14:40)・・船山十字路登山口


総距離 約10.8km 累積標高差 上り:約1,649m
下り:約1,452m
食料:約1.5食 水:約3L 下山時刻の記録を忘れたので放置しておいたら、下山ルートも忘れてしまった。美濃戸からのルートと合流したらやたら混んでいたけど、そこまでは特に難しかった記憶はない。赤岳の頂上が混んでいたので、早々に阿弥陀岳へ向かう。前を登っていた人が落石に巻き込まれていた。さいわい目立ったケガは無かったみたい。そんながけのなのに、後ろの人が間を開けずについてくるので緊張。音を立てずに登り続ける。下るときは大変そうだと思った。頂上から見事な雲海眺める。しかし、ここでもひたすら暑い。はい松の影で頑張って涼む。しかし頭は日陰に入れないので暑いまま。船戸登山口へ向かって下山。やっと森林地帯まで下りてきて日陰に入れた。下っていると人が話している。聞いてみると女の人が道迷いで困っているとか。一緒に下山することになりました。彼女が話してくれた迷いのポイントまでくると確かに左に分岐した道にはピンクシールがある。しかし、明らかに踏み跡の強さから迷わず直進ですね。けれど、おかしいと感じてきちんと戻って来たのはgoodです。この後もやたら林業用のピンクマークの道が出てくる。方向と道の感じでチョイスしてサクサク進む。(先頭なので悩んだりする態度は出さないよ)さて、美濃戸と船戸の分岐に来ると分岐の先が木の枝でふさがれていた。・・?3人で悩んだ。結論。船戸の方へ一緒に下りましょう。数m進んで謎が解けた。なんと!もう一度美濃戸へ降りる分岐があった。こちらはが正解のようだが、一人で進むのが不安なようなので、やっぱり一緒に下山することになった。川の音を右に、やがて次は左手に。尾根すじ越えて、違う沢の音になったことに二人は気づいていない?考えていないことに少々驚く。無事下山。しかし、登山口のある谷に向かっていればそんなに細かく居場所を気にする必要はないのでは? 食料残り約0.3 水1L

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、スニーカー・サンダル、ザック、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、カメラ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

はんぺいたさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    寒さは少し和らぎました。この1週間で降雨や降雪はありませんが2300mから稜線にかけては真っ白です
    19年12月13日(金)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    晴れた日は気温も10℃前後まで上がり、ぽかぽか陽気に。小屋までの登山道は雪よりも氷の箇所が多いです
    19年12月11日(水)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    登山道は全体的に凍結。積雪量が少ないためアイゼンよりもチェーンスパイクのほうが歩きやすそう
    19年12月10日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

はんぺいた さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年12月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!