登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
無理やり大室山を周回コースにして後悔 大室山(関東)
img

記録したユーザー

はんぺいた さん
  • 日程

    2019年9月29日(日)

  • 利用した登山口

    道志の湯  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:国道413号(道志街道)を進む。「道志の湯」まで〇㎞の標識を過ぎるとそのうち道が直線になってすぐ左手に川を渡る橋とその先、道沿いに駐車場とトイレがある。橋を渡る前にここでトイレに寄ろう。登山口の駐車場にトイレは無い。お向かいに商店がある。橋を渡って道なりに、「道志の湯」を過ぎてから道が分かれる。左にあがるとすぐに右側に駐車場が2か所(合計30台くらい)、左側に1台分ある。

  • 天候

    曇りのち晴れ
    [2019年09月29日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

道志の湯(06:10)・・・あずまや(06:34)・・・道志温泉分岐(07:32)・・・加入道山(07:38)・・・前大室(馬場峠)(08:12)・・・西の肩・・・大室山(09:07)・・・西の肩(09:16)・・・犬越路(10:06)・・・用木沢出合(11:03)・・・林道終点・・・滝展望地(12:04)・・・白石峠(12:44)・・・道志温泉分岐(12:53)・・・あずまや(13:40)・・・道志の湯(14:15) 休憩等すべて含む

総距離 約16.9km 累積標高差 上り:約2,091m
下り:約2,091m
コースタイム 標準:10時間30分
自己:8時間5分
コースタイム倍率 0.77
食料:1食弱 水約2L 駐車場に一番乗り。これって止めるのに悩む。さて、クマ注意の看板を見ながら登山道へ。小さな沢を渡ると道が二つに・・。右手、左になだらかに消えている道と、木で階段状に登っている直進の道。合流してるとふんで直進、道が少々荒れているが先ほどの道と合流。今度は直進と左に道が分かれている。これは合流しない雰囲気・・どっちが正解?方向的にはどちらもだけど。直進を選択(決め手は、ここが植樹の森で、左手には保護された植樹がたくさん植わっていたこと)で正解。鹿の侵入を防ぐ柵にある扉を2枚通過。しかし柵はそんなに続いてない・・意味はあるのか?歩いていたら上の斜面を走って行く鹿が数頭(この後もちょくちょく鹿を見る)。あずまやを通過してさらなる登りが続く。富士山に似た山があるな~っと見ていたら富士山だった。白石峠の分岐まであと一息?というあたりで小さな板がある。現在地と加入道山の登山道を書いてあるけど、めちゃ急な道と書いてある登山道の出口は頂上では見かけなかった。私はコースどうりに霧の中を登る。分岐からはすぐに頂上。だが、霧で湿気っているし、風吹くし、寒いし、というわけで避難小屋へ。きれいでした。とにかく座って休めるのがうれしい。体が冷え切る前に出発。体の温まらない平坦な道と下りが続くので少し走ってみたりして。前室山の登りで体温まる。上に上がると平らで眺めが良い。帰りに通れば富士山を眺めながらまったりと歩けるのだろうな~。村内放送が聞こえてくる。キャンプ場から行方不明になった子供の捜索援助についてだった。こんな上まで来ていないだろうと思う。大室山の頂上は地味でした。道中の景色ほど記憶に残っていません。さてさて、分岐まで戻ったらいよいよ反対側に下山です。こちらも途中まではなだらかで眺めよい。犬越路峠で靴下を絞ったり、靴を日に当てたりしつつ一休み。靴乾いてほしい・・。どんどん下山。石がゴロゴロしてるし急だし、足元悪いです。(下りに使うのは避けるべきか?)下りきると川沿いにブラブラ歩く感じだけど、広くて道があいまいになっていたり、石伝いに川を渡ったり、油断は出来ないが、川沿いの道は気持ちよい。この後もう一度登るのでなければ・・。用木沢出会いからいよいよ登りです。川を何度か渡ったり(橋が斜めにかしいでいる所があったけど、ぐらついてはいないので渡れる)しながら高度を上げて行きます。川を離れると登りがますます急になる。途中道が荒れている場所がありました(どちらが下るときにましか悩むけど、こっちかな)。足場の悪い場所で、後ろの方でいきなり鳴き声、ビックリして向くと目の前の茂みから鹿が走りだして行く。向こうも驚いたのか、こっちもビックリだ、つかまるところがなかったら滑っていたぞ。しばらく鹿は鳴いていた。やっと朝通った分岐まで戻ってきました。後は下るだけ。下る途中人に数人会いました(大室山まで行くには少々遅くない?)。今日登った限りでは、こっちから登るのが登りやすいと感じました。 残り 食料:少し 水:約1L

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、スニーカー・サンダル、ザック、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、カメラ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

はんぺいたさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 蛭ヶ岳山荘 ~丹沢
    蛭ヶ岳山荘
    今週前半は寒い日が続き、山頂は初霜。北斜面の日陰では霜柱大きく成長。冬近い実感します
    19年11月19日(火)
    西丹沢ビジターセンター~西丹沢
    西丹沢ビジターセンター
    ビジターセンター周辺は紅葉のピークを迎えました。西丹沢周辺は登山道崩壊箇所に引き続き注意して計画を
    19年11月16日(土)
  • 秦野ビジターセンター~表丹沢・塔ノ岳
    秦野ビジターセンター
    日陰で足を止めると冷えてくるようになりました。台風の影響で登山道や林道にいくつか通行止め箇所があります
    19年11月12日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

はんぺいた さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選